2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「阿含の星まつり」初体験 | トップページ | 「サントリー山崎蒸留所」と「アサヒビール大山崎山荘美術館」 »

2008年2月27日 (水)

映画『スウィーニー・トッド —フリート街の悪魔の理髪師—』

 午前中に休日出勤して、せっかく外にでたので、レディースディでもあったし、帰りがけに『スウィーニー・トッド —フリート街の悪魔の理髪師—』を観てきた。
 ティム・バートン監督、ジョニー・ディップ主演で話題の映画で、今さら説明もいらないとは思うが、う〜ん、これって観た人バラバラな感想が出そうと思ってしまった。
 まず、これR−15指定で、けっこう血みどろ。で、もとがミュージカルなので、映画も歌が続くミュージカルなのだ。前売りの頃から映画館でも大きな看板があって、ずいぶん積極的に宣伝していたが、なんていうか、世間の人がフツウに観るフツウの映画じゃないのに、一般人をダマしちゃいけないなあ、なんて漠然と思ってしまった。これって、創る側のことではなく興業する側の問題だと思うが。前の『チョコレート工場の秘密』がいやにメジャーなつくりになっていたのだが、どっちかいうとほとんど同時に劇場にかかっていた『コープス・ブライド』あたりのティム・バートンをイメージしていたらそれほどギャップはないだろう。それとも、ティム・バートンのシュミに凝りまくる凝り性は、ひろく一般に支持されるようになったのかなあ。
 しかし、ジョニー・ディップは、とことん役にハマる人なんだなあと感じてしまった。おまけに年齢不詳。昔、『シザーハンズ』を観たときは名前を知らなかったが、それから20年はたってるはず。でも、ウィリー・ウォンカはおじさんに見えない。そして、知らない人がみたら、ウォンカとトッドは同一人物とはちょっと思えないだろうなあ。見事だ。いや、観るまでしらなかったが、ハリポタのピーター・ペティグリューとルシウス・マルフォイが出ている〜と思ってしまったもので、つい。
 今回は、歌もすべて自分で歌っていて、それはヘレナ・ボナム=カーターをはじめ、主な俳優さん方も同様のようで、凝り性の監督には多才で器用な人たちが集まるのか。

※さわやか革命さんよりご指摘がありました。ルシウス・マルフォイではなくて、スネイプ先生ですね。何を勘違いしてたんだか!

« 「阿含の星まつり」初体験 | トップページ | 「サントリー山崎蒸留所」と「アサヒビール大山崎山荘美術館」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あちらの役者さんは大抵、歌やダンスをひと通りこなすのが普通みたいです。そこら辺が日本と違うようで……。

マルフォイ父ちゃん出てましたっけ? もしかしてスネイプ先生では(^^?

ああ、スネイプ先生ですね! 何を勘違いしてたんだか!!sad
なんとなくしゃべり方が似ているせいかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/40286630

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『スウィーニー・トッド —フリート街の悪魔の理髪師—』:

» 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」:ハサミをカミソリに持ち替えて誓う永遠の愛を~ [ひねくれ者と呼んでくれ]
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター 米国2007 言わずと知れた有名ミュージカルの映画化。しかし、私はこれまでスウィーニー [続きを読む]

« 「阿含の星まつり」初体験 | トップページ | 「サントリー山崎蒸留所」と「アサヒビール大山崎山荘美術館」 »