2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | コミックマーケット73 »

2008年1月 4日 (金)

夜行バスに乗ってみた

 12月30日のコミックマーケット参加が決まっていたのだが、29日に所用があったので、それをすましてから、夜行バスでコミケに向かうことにした。
 夜行バスは、若かりし頃の20数年前、何回か乗ったことがあるが、ずいぶんひさしぶり。ウワサでは、2席並列ではなく1席単独になり、リクライニングもできて、毛布や車内トイレも備わって、ずいぶん環境がよくなったと聞いている。
 事前にネットの方で調べてみると、けっこういろいろな会社からいろいろなルートがでているので、迷った。東京行きといっても、東京駅以外にも新宿や品川やいろいろなコースがあるし、安くて従来の2席並列タイプのもある。昼間運行もある。
 いくつか、関西の主要なバス会社のHPであたってみて、京都駅から乗れて、浜松町のバスターミナルで降車できるルートがあったので、それに当たりをつけた。浜松町のバスターミナルからは、レインボーブリッジを通るビッグサイト行きのバスが出ているので、そのまま乗り換えられるからだ。
 登録をすれば、ネットの方からも予約できるが、そんなに頻繁に利用しない気がするので、今回はコンビニの端末で1ヶ月前の発売開始日に席を取ることにした。旅行代理店で取ってもらおうとしたら、手数料が300円ちょいかかるらしいのだ。それならと、発売開始日に出勤前少し早めに家を出て、途中のコンビニで自分でチケットをおさえることにした。めでたく予定完遂。

 乗ってみると、確かに以前より過ごしやすくなっていた。大阪から回ってきて、ほぼ席が埋まっている状態で、時刻も11時40分。乗務員は2人組。交代で運転と、受付や荷物の受け渡しなどを担当している。中にはいると、窓のカーテンは閉め切っていて、みんな寝る体勢に入っている。騒ぐ人もいない。身長差もあるが、リクライニングすると、足がう〜んと伸ばせるのは楽。だが、水平にはなりきれないので、腰のあたりにイスとのあいだに空間ができてしまい、上着などで詰め物をしておいた方が疲れない。途中2時頃、1回トイレタイムができるサービスエリアに停車する。(車内トイレもあるのかもしれないが、暗い上に案内のビデオを見損ねて、よくわからなかった)
快適にはなっているが、やはり走行中には、居眠り運転防止の道のガタガタなどがあり、熟睡ができない。(おかげで、会場でお昼のおにぎりをパクついてから、ふら〜っと眠気が襲ってきて困った)
 7時浜松町到着予定が、少し早めに6時40分頃到着。2日目だったせいか、あまりお仲間はいなかった。浜松町でモーニングが食べられるかと思ったが、7時頃しか店が開かない。24時間営業のカフェやファーストフードも近くで見つけられなかった。コンビニは開いていたが。
さがすのもめんどくさいので、そのままビッグサイト行きのバスに乗って会場に向かった。すでに参加者は動き出していたが、いつもより30分〜1時間ばかり早いので、都バスもまだ席に余裕があった。7時頃には会場着。会場に入っても、まだスタッフさんの方が多く見かけるぐらいの嵐も前の静けさだった。会場内もコンビニしか開いていなかったが、そこで、朝食のサンドイッチ等を確保してスペースで宅配便引き取りの開始を待ちながら、朝食をすました。
 夜行バスは確かに利点がある。体力さえあれば。
まず、経費節減。新幹線片道分と1泊のホテル代を考えると、ほぼ半分〜3分の1の経費ですませられる。
次に時間の節約。睡眠時間を移動時間が同時にとれるし、バスの乗り換えも、うまくいけば非常に効率的。
 しかしマイナス面もある。
やっぱり体力がいる。ホテルで泊まるより疲れるので、往復夜行を使って、0泊3日のようなことはやりたくない。
それに、効率的である反面、万が一のとき、到着時間に余裕がない。今回はうまく会場入りできたが、事故や天候で遅れるとどうしようもない。

 使いよう次第だなあ。

« 謹賀新年 | トップページ | コミックマーケット73 »

創作・同人」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/17577795

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行バスに乗ってみた:

« 謹賀新年 | トップページ | コミックマーケット73 »