2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« マンガ『きのう何食べた?』 | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月25日 (火)

マンガ『グ印関西濃口めぐり』

 グレゴリ青山さんと知ったのは、雑誌「旅行人」で、初単行本『旅のグ』(1996年刊)がでた時、ふと読んでしまったので、もう10年ぐらい前になる。はっきりいって、ヘタウマの絵ってあまり私好みじゃない。(根が少女マンガなんで、きれいで細かい絵が好きなのだ) けど、何となく単行本になっているのは全部読んじゃっているのだ。それどころか、ガイドブック(るるぶの『関西おもしろ遊び場ガイド』)の挿絵イラストを描いていたり、民博の展示に解説イラストがあったり、雑誌「フラワーズ」に連載が始まったりと絵をみるとすぐ気がついてしまう。不思議だ。それだけ個性がキョーレツなんだな。
 絵は好みじゃなくても、なんか嗜好性が似ているようなのだ。バックパッカーで、インドが好きで、インド映画にもやたらくわしい。ヒンディー語でマサラムービーの歌を歌えるようだ。すごい。現在京都に住んでいるようだし(京都市内ではないようだが、出身は京都の街中らしくとてもくわしい)、 和歌山(私の出身県)にも住んでいたし、本屋さんも好きなようだし、本名の下の名前が同じだ。でもって、旅ネタ・インドネタも、マサラムービーネタも、関西ネタも、すごく身近に「うんうん」とうなずきながら読んでいる。
 今回の『グ印関西濃口めぐり』は、雑誌「関西ウォーカー」に載ったエッセイマンガを中心に集めてある。
梅田や太秦や伏見や府立植物園や民博やらの私もよく知っているところや、大正区や大衆お風呂やさんや元町の船関係やら近くても行ったこともないが、それほど突出した観光スポットでもないのであまりほかでは紹介されてないネタなどが満載である。
 この本が特におもしろいというわけではないが、なんとなく私にとってなんか読むのが習慣性になってしまったハマッたマンガ家さんだ。

« マンガ『きのう何食べた?』 | トップページ | 謹賀新年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/17471882

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『グ印関西濃口めぐり』:

« マンガ『きのう何食べた?』 | トップページ | 謹賀新年 »