2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 告知:冬コミに参加します | トップページ | 今年の収穫アニメ —『電脳コイル』と『MOONLIGHT MILE』— »

2007年12月15日 (土)

毎年恒例、年賀状をつくる

 幸いここしばらく喪中になることもなく、毎年年賀状をつくっている。
 今は、2年前の戌年から、切り絵風の絵柄にしている。「風」とつくのは、純粋の切り絵作品じゃなくて、ほしい色の紙がなければカラートーンを部分的に使ったり、周囲にスパッタリングをしたり、バックに和紙をちぎって貼ったりしているからだ。う〜ん、切り絵をしている人からみたら、邪道だろうなあ。まあ、はじめたきっかけが100均の色画用紙セットが家にあったからなんで、なんていうか……いいかげん。しかし、それまでの12年間が、サトルが生まれて以来の子どもネタだったが、仕事関係の一般人に出すことも多くなったので(あ、そういう経費はないので、自腹です)、兼用できるフツーに見える絵柄に切り替えたのだ。
 子どもネタの時は、はじめはプリントゴッコだったが、しばらくしてスキャナで線画を取り込んで、パソコン上で彩色をする方法でつくっていた。今は、出来た作品をスキャナで取り込んで、文字だけパソコンで入れるようにしているので、アナログな作業に逆戻りしてしまった。でも、実はパソコンで彩色するより、切り絵のほうがずっと早くできる。今年も原画自体は1時間余りで完成。その前2〜3日に、アイディアを練って、材料をそろえる作業があるが。しかし、そのあと、原画をスキャナで取り込んで、文字入れ・印刷をすると、縦横の比率が少しずれていたことが判明。余白をどこまで妥協するかで、試し刷りを何回もして、そっちのほうが時間を食ってしまった。
 年賀の絵柄を決めるのは、毎年楽しみなので、原画をつくることには苦労はないが、さらに、そのあとの宛名書き・一言書きにけっこう時間がかかる。早く、パソコンに住所録を入力すれば、宛名書きも数倍の速度ですませられるが、住所録を入力する時間があれば、他にやることがたくさんある。……そうして、今年も筆ペンで1枚1枚書いている。

« 告知:冬コミに参加します | トップページ | 今年の収穫アニメ —『電脳コイル』と『MOONLIGHT MILE』— »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しのちゃん、もう年賀状とりかかっているんですね!早い!
確かに住所録はつくるまでが大変ですねー。
うちはだんなに作ってもらったので、楽しています。
でも父などは「宛名は手書きのほうが心がこもっている。」と
こだわって、いまだに200枚以上出すのに全部手で書いています。

ニシムさん、コメントありがとう!
そちらはできましたか〜?

私は、裏が出来ただけでやった気分になって中断してます。
25日までに出せるかなあ? ビミョ〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/17373935

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年恒例、年賀状をつくる:

« 告知:冬コミに参加します | トップページ | 今年の収穫アニメ —『電脳コイル』と『MOONLIGHT MILE』— »