2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 小説『NO.6 #6』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』 10巻 »

2007年11月19日 (月)

映画『パンズ・ラビリンス』

 さわやか革命さんのブログをみて、無性に行きたくなった。が、その時10月31日、MOVIX京都が11月2日まで、京都シネマが11月9日まで。うわ〜ん(>_<)、き……きびしい! 
それでも、次の月曜の休日に行こうとしたら、上映時刻が変わっていて。夜のみの上映になっていた。……あかん、最近、仕事の日はまっとうに家で夕食を食べていないから、夜はまずい。……と思ったけど、仕事で遅くなるのを一日やめて、映画を観て遅くなることにした。
それなら水曜日に行こうとしたら、この京都シネマはレディースディがないかわりに、水曜日は「映画ファンデー」で男女とも1300円で入れるらしい。19時からだが、仕事帰りでギリギリなったら、立ち見になった。(といっても。立ち見は6人ほどだったので、壁際の通路に座り見した) それでも、ここは途中入場お断りだから、入れただけでもラッキーかも。

 前置きが長くなったが、この作品について、先のブログ以外全く予備知識がなかった。オモテ稼業が繁忙で沈没していたし、どうも最近リニューアルしてから「Lmagazine」の誌面が見にくいので、読み込んでいない。タイトルでさえ、初めはピンとこなかったが、ああ、「牧神の迷宮」という意味ね。
 舞台は内戦終結間もないスペイン。山の中ではゲリラがまだ抵抗を続けている。母の再婚相手の大尉のいる山奥の駐屯地にやってきた少女、オフェリア。彼女の幻想の王国と陰惨な現実が絡み合う迷宮の果ては?
 結果、少々無理をしてでも、観に行ってよかった〜! モロ私好み。でも、PG-12の指定で想像できるように、けっこう血みどろでグロいし、好き嫌いがはっきり分かれそうな作品で、万人にお勧めできない。……って、どっかで書いたようなフレーズだと思ったら、以前観た『ローズ・イン・タイドランド』の時だっけ? (念のために読み返したら、あれはP−15指定だった) 
ヒロインが死んで泣きが入るところは、戦争の絡みもあって『トンマッコルへようこそ』を思い出してしまった。ファンタジー世界の造形は『ダーク・クリスタル』を彷彿させる。だが、ストレートに○○みたいと言わせないのは、ラテンの独特の魅力なのか。
 駐屯地にスパイとして入り込んでいるメルセデスやゲリラの面々を観ていると、いかにも「スペイン〜!」って感じのラテン系の顔だ。ラテンというと、陽気で明るい・情熱的というイメージの人も多いけど、「わが子を食うサトゥルヌス」を描いた画家のゴヤもスペイン人だし、ポルトガルの音楽ファドも暗いし、ラテン・アメリカの作家ガルシア・マルケスの作品のダークさにも通ずる。デル・トロ監督もメキシコの人らしいし、作品全体にそんな独特の雰囲気を醸している。

 最後に、ミーハーな感想を。マンドラゴラはけっこうかわいい。ペイルマンはなかなかユニーク。ビダル大尉のすばらしい悪役ぶりがいい。(あまり関わりたくない人種だが)

« 小説『NO.6 #6』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』 10巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

マンドラゴラ--まさにあれこそ「キモカワイイ」ですね。牛乳につけられてキュキュキュと鳴くところなんか、かなりツボに来ました。

邦題はもう少し考えて付けてほしかったです。
実は横浜のSF大会で上映会やってたんですよね。でも、どのみち日本語字幕は付いてなかったでしょうけど。

さわやか革命さん>
コメントありがとうございます〜

ええ! ワールドコンでやってた? ……と、改めてガイドブックを見直すと、あ、ありました。
8月31日(金)の10時から「Pan’s Labyrinth 上映 E」とありました。(Eは英語という意味です。) ガイドの解説には、「ヒューゴー賞長編映像部門候補作」とだけ書いてありました。これじゃ、わからんよ。
でも、Nippon2007のHPを見ても、この部門については何も書かれていません。
日本語のウィキペディアから探すと、英語WIKIPEDIAのほうにリンクされていて、Hugo Award for Best Dramatic Presentation, Long Formの受賞結果がでていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Hugo_Award_for_Best_Dramatic_Presentation%2C_Long_Form
それによると、ヒューゴー賞とったようですね。(^o^)
でも、上映のときは、ぜんぜん宣伝文句に入ってませんでしたよ。
ああ、もったいない。

日本語のHPでヒューゴー賞映像部門の暦年の受賞結果が分かるのってないんですねえ。ビックリ。(ブログに今年のだけ書いてあるのはあったけど)
そんな認知度なんで、宣伝には入れなかったのかも(^^;
他の候補作品も結構よかったです。「暗闇のスキャナー」だけ見てないですが。激戦の年だったようで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/17116072

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『パンズ・ラビリンス』:

» 「パンズ・ラビリンス」:激辛指定!楽しくも優しくも甘くもないファンタジー [ひねくれ者と呼んでくれ]
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ メキシコ・スペイン・アメリカ2006年 正直に言おう。 号泣しました(ToT)ドドーッ だって、だって……あ [続きを読む]

» mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女を通じて人間性の本質に鋭く切り込む。イマジネーションあふれる壮大な視覚技術を駆使して生まれたクリーチャーや深く考察されたテーマに根ざした巧みな演出が衝撃的。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) 原題 EL LABERINTO ... [続きを読む]

» パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 [CARAMEL*PAPA]
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい... [続きを読む]

« 小説『NO.6 #6』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』 10巻 »