2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 定額小為替その後・振替口座への長い道 その2 | トップページ | 「冊子小包」は「ゆうメール」に »

2007年11月 3日 (土)

定額小為替その後・振替口座への長い道 その3

 件の窓口の受付が完了したのが10月12日。すると22日に次のようなハガキが届いた。
「居住確認のご照会:あなた様と同じ住所で工房しのわずりぃ様あての郵便物が届いていますが、居住の確認ができませんでしたので、ひとまず郵便事業会社△△支店で保管しています。(要約)」
どこからの郵便物とか書いていなかったが、どういう状況かすぐわかった。私は、個人の名前・住所で登録・確認をして、口座名のみ別名にしたから、書類は登録者に届くか、登録者「方」口座名で届くかするのだと思っていた。が、きっと貯金事務センターでの登録が、登録者個人の住所と口座名の別名しか入力されなかったのだ。申込書の登録者個人の住所のところに○○方と入れなければいけなかったのか? そんなふうの記入欄ではなかったと思うが。
 そこで、先ほどのハガキに「同居しています」にチェックをいれて、23日郵便事業会社△△支店の管区内のポストに投函。
27日に書類が到着。(なんで管区内で4日もかかるんだ?) 封書の表記をみると、思ったとおりだった。
通知文書によると、開設日付は10月18日になっている。
29日に、開設した郵便局に行って、「振替異動届書」というのに、住所変更を記入した。(「○○方」を入れただけなのだが) この時もハンコと確認書類(免許証等)が必要。
特に修正の連絡は来ないらしいので、これでおそらく完了のはず。
もうなにも出てこないことを祈りたい。
かくて、やっと振替口座ができた。長い道のりだった。
口座番号:00990-0-280748
口座名:工房しのわずりぃ

です。以後ご贔屓に。さあ、一番手はだれだ? 自分だとちょっと哀しいなあ。
それと、利用のしおりによると、「3年間」金銭の出し入れがないと、口座は閉鎖されるということだ。(以前、職員さんが言ってた「1年間」はまちがい)

 3日にわたりお読みいただいた皆様、お疲れさまでした。

« 定額小為替その後・振替口座への長い道 その2 | トップページ | 「冊子小包」は「ゆうメール」に »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

ご苦労様でした
振替口座って、カード作ってないと現金でしか支払えないんですよね。ところが、現金が振り込めるATMとそうでないヤツがあって、いちいち局ごとにチェックしないといけないとゆう……。
なんで仕様が共通でないのか(?_?) これから改善されるんでしょうかねえ。

入り口近くに立ってた案内係の人は明らかに外部の人のようで、分からないことがあると「窓口で聞いてください」と言ってました。(汗) もしかして派遣かしらん?

さわやか革命さん>
コメントありがとう!

でも、え?ATMにそんなちがいが!?
うちの近くのATMはみんな、古くからのボタン式の機会をタッチパネルもできるようになっても両方使いでそのまま使っているヤツばかりで、現金も使えます。
使えないのは新しいやつ? 本局の方にあるのかなあ。
ただ、振替用紙を挿入するのに、なにもボタンを押さなくても入れれば振替の画面に入れる機械と、振替を選択してからでないと振替用紙を吸い込んでくれない機械があるのはなぜだろうと思っていました。
郵便局は数が多くてたいへんなのか、銀行にくらべてATMが更新されないなあと思っていたのですが。

うはーおつかれさまでしたー。
ついこないだまで、団体名とかはたまた偽名?でも口座が作れる
という感じでしたよね。いやよくわかんないけど。
郵便物が届いてるだけでもダメなのかぁ。
いろいろ変わってないようですごく変わった気がする民営化。
まさに、といった点を鋭くどうもありがとうございました(^_^;)

季遊さん、こちらではおひさしぶり〜
 郵便局の窓口対応はまだずいぶんばらつきがあるようなので、アタリのいい窓口を探すというのもいいかもしれません。
あるところでは、団体の規約なるものをもとめられたりもしたところがあるようです。本局より特定郵便局のほうがユルいとか、顔なじみがいちばんとか……
あちらもマニュアル片手に大変そう……
ネットが普及して、いろいろ下調べが出来るようになってありがたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/16956479

この記事へのトラックバック一覧です: 定額小為替その後・振替口座への長い道 その3:

« 定額小為替その後・振替口座への長い道 その2 | トップページ | 「冊子小包」は「ゆうメール」に »