2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月28日 (水)

映画『長江哀歌(エレジー)』

 ちょうど10月が、みなみ会館の年間会員の更新時期になっていた。
たまたまレディースディの水曜日が休日にあたったので、更新がてら、今やってるもので何か見てこようとネットで確認した。みなみ会館はワンスクリーンだが、レイトショーまで含めて日に3〜5本入れ替わり立ち替わりかかっている。
 その中で選んだのがこれ。この作品自体もジャ・ジャンクー監督についてもほとんど何も知らなかった。有名な俳優さんも出ていないようだし。ただ、最近アクションやCGバリバリの中国映画が多くてちょっとウンザリしていたので、これは久しぶりに地味で落ち着いた映画のようだと期待した。私は、中国映画なら『赤いコーリャン』や『紅夢』あたりの頃のチャン・イーモウ監督の映画がお気に入り。
 『長江哀歌(エレジー)』は、三峡ダムのプロジェクトによって、打ち壊され、住民が立ち退かされ、水没する運命にある奉節(フォンジェ)を舞台に庶民の生活を追っている。主人公格は4人。16年前に別れた妻と子を探しに来た男と、その妻。2年間音信不通の夫に会いに来た女と、その夫。その2組の男女は直接の知り合いではないが、話の中で幾度かすれ違う。その周りの人々も少しずつどこかでつながっている。しかし、最後までドラマチックなことはおこらない。住んでる家がとりこわされたり、仕事仲間が死んだり、再会の場で別れの言葉を交わすということはあるけれど、すべてが淡々をすぎていく。本当に淡々としたまま終わってしまったけど、その言葉の裏、映像の描写の裏を考えさせられる映画で、とても良かった。
 しかし、わからないころもいろいろあったので、あとでパンフレットを買って、解説を読んだら、自分が気がつかなかった描写や伏線がいろいろあることに驚いた。周りの奉節(フォンジェ)の住民の人たちの顔って、みんな似ているようで、絡みに気がつかなかった所もある。ロケの様子もなかなか大変だったようで、おもしろい。パンフレットを読み込んで、復習にもう一度観てみたい映画である。

2007年11月26日 (月)

マンガ『インド夫婦茶碗』 10巻

『インド夫婦茶碗』10巻 流水りんこ著 (ぶんか社)
 マンガ家りんこさんとインド人サッシーとアシタくん・アルナちゃんのエッセイマンガも早10巻目。うちのサトルお兄ちゃん(中3)も楽しく読んでいる。アシタくんはおそらく弟のタクヤ(小2)と1歳違い。単行本が出る頃に、同じレベルのことをリアルでやってるので、よくウケる。今回のネタになっている算数の九九も、ちょうどやり始めたところだ。帽子のゴムや服の袖かむとか、いろいろな所行も重なっている。でも、笑っている兄ちゃんも、7年前は同じようなことをやってたのだという自覚は本人にはない。
 この巻では、ついにアルナちゃんも保育園卒業! 流水家は8年間の保育院通いに別れをつげたという、なかなかの感動シーンが続出の巻だった。二人のこれからの小学校生活も楽しみである。
……しかし、このネタ続けると、少しずつ周囲にカミングアウトして、プライベートばればれになってくるんだなあ、とあとがきマンガを読んで納得した。

2007年11月19日 (月)

映画『パンズ・ラビリンス』

 さわやか革命さんのブログをみて、無性に行きたくなった。が、その時10月31日、MOVIX京都が11月2日まで、京都シネマが11月9日まで。うわ〜ん(>_<)、き……きびしい! 
それでも、次の月曜の休日に行こうとしたら、上映時刻が変わっていて。夜のみの上映になっていた。……あかん、最近、仕事の日はまっとうに家で夕食を食べていないから、夜はまずい。……と思ったけど、仕事で遅くなるのを一日やめて、映画を観て遅くなることにした。
それなら水曜日に行こうとしたら、この京都シネマはレディースディがないかわりに、水曜日は「映画ファンデー」で男女とも1300円で入れるらしい。19時からだが、仕事帰りでギリギリなったら、立ち見になった。(といっても。立ち見は6人ほどだったので、壁際の通路に座り見した) それでも、ここは途中入場お断りだから、入れただけでもラッキーかも。

 前置きが長くなったが、この作品について、先のブログ以外全く予備知識がなかった。オモテ稼業が繁忙で沈没していたし、どうも最近リニューアルしてから「Lmagazine」の誌面が見にくいので、読み込んでいない。タイトルでさえ、初めはピンとこなかったが、ああ、「牧神の迷宮」という意味ね。
 舞台は内戦終結間もないスペイン。山の中ではゲリラがまだ抵抗を続けている。母の再婚相手の大尉のいる山奥の駐屯地にやってきた少女、オフェリア。彼女の幻想の王国と陰惨な現実が絡み合う迷宮の果ては?
 結果、少々無理をしてでも、観に行ってよかった〜! モロ私好み。でも、PG-12の指定で想像できるように、けっこう血みどろでグロいし、好き嫌いがはっきり分かれそうな作品で、万人にお勧めできない。……って、どっかで書いたようなフレーズだと思ったら、以前観た『ローズ・イン・タイドランド』の時だっけ? (念のために読み返したら、あれはP−15指定だった) 
ヒロインが死んで泣きが入るところは、戦争の絡みもあって『トンマッコルへようこそ』を思い出してしまった。ファンタジー世界の造形は『ダーク・クリスタル』を彷彿させる。だが、ストレートに○○みたいと言わせないのは、ラテンの独特の魅力なのか。
 駐屯地にスパイとして入り込んでいるメルセデスやゲリラの面々を観ていると、いかにも「スペイン〜!」って感じのラテン系の顔だ。ラテンというと、陽気で明るい・情熱的というイメージの人も多いけど、「わが子を食うサトゥルヌス」を描いた画家のゴヤもスペイン人だし、ポルトガルの音楽ファドも暗いし、ラテン・アメリカの作家ガルシア・マルケスの作品のダークさにも通ずる。デル・トロ監督もメキシコの人らしいし、作品全体にそんな独特の雰囲気を醸している。

 最後に、ミーハーな感想を。マンドラゴラはけっこうかわいい。ペイルマンはなかなかユニーク。ビダル大尉のすばらしい悪役ぶりがいい。(あまり関わりたくない人種だが)

2007年11月12日 (月)

小説『NO.6 #6』

あさのあつこ著『NO.6』(講談社)の6巻目。
 今回もあまり事態は進展していない。紫苑とネズミは、矯正施設の地下で、紫苑の昔の知り合いたちとず〜っとお話しているのだ。思わず中断しかけの『キマイラ』(夢枕獏著 ←これもはやく続きを書いてほしい)を彷彿させた。状況描写はていねいだが、溜めすぎているような気がする。
だが、ラストでやっと矯正施設の扉が開いて、進入するようなので、嵐の前の根回しの2巻分なのかもしれない。次回の怒濤の展開を期待したい。

2007年11月10日 (土)

「冊子小包」は「ゆうメール」に

 定額小為替と振替口座の騒ぎで忘れていたが、もと「書籍小包」である「冊子小包」の名称が変わり、10月1日から「ゆうメール」という名前になった。昨今の宅配会社の「○○メール」のようだ。
 たしかに、書籍小包の時代から、小包とはいいながら、同人誌はおおよそ1冊100g〜300gあたりなので、2kgまでは同じ料金だったゆうパック(今は従量制でなくサイズだが)と比較するより、定形外郵便物で送るのとどっちが安いか考える方が多かった。
宅配会社の「○○メール」は、定型郵便物や定形外郵便物と同じ形状なので、それに対抗した民間参入というイメージだったが、たしかに信書(お手紙)は送れないという点からは、冊子小包に近い。こっちのほうが競合しているのか。そうか、ゆうパックが宅配便に対抗して、従量制からサイズ制に変わったように、冊子小包改め「ゆうメール」は宅配メールを意識しているのかと気がついて(注:私が勝手に思っているだけです)、改めて宅配メールの現状をネットで確認してみた。
 某大手宅配会社のHPで確認してみると、ああ、確かにわかりやすくて、料金も安いかも。
A4サイズまで厚さ1cmまでで80円、厚さ2cmまでで160円。B4サイズまでの規格もあるが、同人誌の場合A4で充分だし、厚さも2cmを超えることはまずない。HPで通販の案内をするなら、こっちの方がわかりやすそうだ。以前は同時発送で○○部以上という制限もあったと思うのだが、近くの取扱店にきいてみると、1部からでもできるらしい。
郵便にくらべて、配達に日数がかかるかもしれないが、いそがないものなら許容範囲か。
あとは、配達の正確さの問題。これがちょっと心配。
もう少し検討して、通販はこの方法に変更するかもしれない。
定額小為替のことで、郵便局をご贔屓する情熱が薄れてしまったのだが、判断は公平に冷静にしたいと思っている。

※ 後日、HPを更新するときにお知らせします。

2007年11月 3日 (土)

定額小為替その後・振替口座への長い道 その3

 件の窓口の受付が完了したのが10月12日。すると22日に次のようなハガキが届いた。
「居住確認のご照会:あなた様と同じ住所で工房しのわずりぃ様あての郵便物が届いていますが、居住の確認ができませんでしたので、ひとまず郵便事業会社△△支店で保管しています。(要約)」
どこからの郵便物とか書いていなかったが、どういう状況かすぐわかった。私は、個人の名前・住所で登録・確認をして、口座名のみ別名にしたから、書類は登録者に届くか、登録者「方」口座名で届くかするのだと思っていた。が、きっと貯金事務センターでの登録が、登録者個人の住所と口座名の別名しか入力されなかったのだ。申込書の登録者個人の住所のところに○○方と入れなければいけなかったのか? そんなふうの記入欄ではなかったと思うが。
 そこで、先ほどのハガキに「同居しています」にチェックをいれて、23日郵便事業会社△△支店の管区内のポストに投函。
27日に書類が到着。(なんで管区内で4日もかかるんだ?) 封書の表記をみると、思ったとおりだった。
通知文書によると、開設日付は10月18日になっている。
29日に、開設した郵便局に行って、「振替異動届書」というのに、住所変更を記入した。(「○○方」を入れただけなのだが) この時もハンコと確認書類(免許証等)が必要。
特に修正の連絡は来ないらしいので、これでおそらく完了のはず。
もうなにも出てこないことを祈りたい。
かくて、やっと振替口座ができた。長い道のりだった。
口座番号:00990-0-280748
口座名:工房しのわずりぃ

です。以後ご贔屓に。さあ、一番手はだれだ? 自分だとちょっと哀しいなあ。
それと、利用のしおりによると、「3年間」金銭の出し入れがないと、口座は閉鎖されるということだ。(以前、職員さんが言ってた「1年間」はまちがい)

 3日にわたりお読みいただいた皆様、お疲れさまでした。

2007年11月 2日 (金)

定額小為替その後・振替口座への長い道 その2

 予感は的中した。
後日、申込書を出しにいったとき、別の職員さんが「なにかこの別名の記した納品書のようなものありませんか?」と返してきたのだ。「いや、申込書をもらいに来たとき、念のため聞いたけど、免許証とかの申込者個人の確認だけでいいって言ってましたけど」というと、「ごめんなさ〜い、今はいるんですよ」…………ほらね。やっぱり。私も「ほんまにいらないのか?!」と思っていたので、そんなにしつこく喰いさがらなかった。
だが、前回こちらが提案した「○○方グループ名で届いた消印の押したハガキ」というのではダメらしい。本の奥付表記もダメ。なんか金銭の取引があるという確認がいるらしいのだ。
だって、それはここ数年ずっと定額小為替でやっていたから、あとが残ってないよ。申込時の信書(お手紙)をみせるのもなんだかなあ。あ、コミックマーケットの委託の納品書があった。でも、1年以上前のだし、通用するのかなあ。
 ……と、考えあぐねていると、
「この団体(そんな大それたものじゃないんですけど)のHPとかありませんか?」
「あ、あります」
「そこに、○○さん(本名)の名前とか住所とか載ってますか?」
「住所は載せてませんが、トップページのコピーライト表記に本名を載せています」
「それでいけるかもしれないので、HPを調べていいですか?」
「はい、Googleで『工房しのわずりぃ』って打ち込めば、ヒットします」
「ここでやってみますけど、アクセスできないこともあるので(あ、フィルタリングがかかっているってこと? そんなにアヤしいサイトじゃないんですが)、ちょっとまってください。」

 かくて、なんとか受付はしてもらえたが、私はここでカミングアウトしてしまった。
今までは、郵便とか為替とか振替とかよく使うが、保険や貯金に興味がない、あまり旨みのない常連だと思っていたら、正体はオタクだったのか! ……って、思われているのかなあ。
受付完了と同時に、口座番号が与えられるが、まだ使えない。貯金事務センターの方でストップがかかる場合もあるらしいので、その時はまた連絡があるとのこと。登録完了したら、書類が郵送で届くので、その後使用可能になるらしい。
まあ、新刊が出るまでは、ほとんど使わないと思うので、いそがないが。

2007年11月 1日 (木)

定額小為替その後・振替口座への長い道 その1

 9月18日「定額小為替の手数料が10倍に!」9月24日「定額小為替 つづきの話」のブログの後日談だが、結局いろいろ検討してみて、ゆうちょ銀行の振替口座を開設することにした。
 同人関連での金銭のやりとりはほとんど1000円前後の少額なので、ATMを使えば手数料80円(窓口では120円)のこの方法がいちばん安くつく。メールで連絡してからでもいいし、振込用紙には通信欄があるので、簡単な連絡ならそれだけでも間に合う。小為替を購入して、封書で送る80円の代わりだと思ってもらえれば。
 この方向に動いた同人サークルがやはり多いようだが、いろいろブログを読んでいると、現場も混乱しているようで、窓口での対応がビミョ〜にちがったりする。9月中の方がラクだったかもしれないが、もう行く日にちがとれないので、10月になってから行動を開始した。
いろいろ経過が長いので、3日に分割して書くことにする。

 いよいよXディの10月1日。たまたま遅番出勤だったので、最寄りの特定郵便局のレイアウトがどう変わっているのか、行きがけに偵察した。……小さすぎてあんまり変わっていなかった。が、筆記台の前には「ひと目でわかる! ゆうちょの料金ガイド 料金一覧」という両面刷A4判を三つ折りにした案内が束になって鎮座していた。……値上がる前にもおいといてほしかったなあ。
 窓口は混雑というより説明がいろいろ長引いているようだったが、この日は入り口近くに一人挨拶部隊というかフロアーワークの人がいたので、振替口座の申込用紙だけもらって帰ろうとした。
が、その職員の方は、総合口座の申込書をくださろうとするので、「これ、ぱるるの口座番号が1から始まる総合口座の分ですよね。そうじゃなくて、0からはじまる振替口座の申込書なんですが」といったけど、どうも理解してくれなかった。すまん。銀行とかの場合フロアーワークの人の方が窓口の人より詳しいので、そのつもりで聞いた私が間違っていた。ふだん現場の人じゃない、助っ人だったのかなあ。
私もひとつひとつ確認するような言い方をしてしまったのは、実は他の人のブログを読んでいたら、振替口座をつくりに行ったのに、渡された申込書をそのまま書いたら、出来たのがぱるるの通帳だったという話があったからだ。ギョーカイ内でもそんなに知られていないのか、振替口座。たしかにあまり一般の人はつくらないだろうけど。
なんにせよ、ついでとはいえ、Xディに聞くべきことではなかったとスゴスゴ退散した。

 数日後立ち寄ったら、だいぶ落ち着いたのか、たまたま窓口が空いていたので、記入は家でするつもりで、振替口座の申込書をもらった。「ゆうちょ銀行」と片隅に記されている申込書をみると、申込みは個人の名前・住所でして、口座名だけ別名のみの使用(併記という方法もある)というのができるようだ。そこで、「口座名に別名のみでつくりたいが、この別名に使うグループ名が実在するかどうかのような確認は提出するとき必要ですか? なんだったら、○○方グループ名で届いた消印の押したハガキとか持ってきますが」と確認をしてみた。そこで対応した職員さんは、それは不要で、申込み者の個人の免許証などの証明だけでいいとおっしゃった。
ここでまた、しつこいくらい確認したのは、事前に見たいくつかのブログによって対応のされ方が少しまちまちなのだ。法人とか会社ではないし、いままで定額小為替て事足りていた任意のサークルが別名として認められる証拠というのがなかなか難しいのだが…… 20年ほど前はいらなかったが、ともあれ、とりあえず今も「いらない」らしい。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »