2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 21日「関西コミティア31」に参加します | トップページ | 定額小為替その後・振替口座への長い道 その1 »

2007年10月19日 (金)

同人誌『米澤嘉博に花束を』

 夏コミで出ていたというのは、友人のMLで知っていたが、一人参加では西地区から東地区まで遠征ができなかったので、実物を確認できなかった。その2週間後、ワールドコンに行ったときに展示ホールのコミックマーケットのブースで頒布していたので、ぜんぜん並ばずに購入した。
 コミックマーケット代表でマンガ評論家の米澤嘉博さんが亡くなったのは、昨年2006年10月1日。この本を読んでる最中に一周忌を迎えた。この本の発行は「虎馬書房」(「とらうましょぼう」とよむ)となっているが、米澤夫人のベルさんが「よねやんのダークサイドを書いて」と友人等に原稿依頼をして、編集した読みごたえたっぷりの同人誌だ。
 私はちょっとごっちゃにしていたが、本名は「米澤嘉博」で、マンガ評論家として雑誌に発表したり書籍をだすときは「米沢嘉博」と表記していたようだ。この本のタイトルは本名表記であり、米澤さんのひととなりがたくさんの寄稿文・マンガによって綴られている。
 平均寿命を超えた方や、ここ10〜20年も新刊がでていない作家さんが亡くなったときは、まあなんとなく「天寿を全うしたんだな」と思って、それなりに納得するものだが、年齢に関係なく、本人がまだ「あれもしたい、これもしたい」と思っている人が志半ばで亡くなってしまうのは、とてもつらい。巻末の年表を見ているだけで、泣けてくる。毎年毎年、めいっぱいいろいろなことをしているのに、2006年9月でプツリと糸が切れたように途切れてしまっている年表…… たまらないなあ。手塚治虫が亡くなった時も、同じようなことを思った。
 米澤さん自身は、人間らしく長所短所、困った所も併せ持った人で、全ての人が尊敬するほど高潔で偉大な人物ってわけではないが、他の人には為し得なかった事をして、こんな本ができるほど多く友人に囲まれた幸せな人だった。
 改めて、ご冥福をお祈りしたい。

« 21日「関西コミティア31」に参加します | トップページ | 定額小為替その後・振替口座への長い道 その1 »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/16811377

この記事へのトラックバック一覧です: 同人誌『米澤嘉博に花束を』:

« 21日「関西コミティア31」に参加します | トップページ | 定額小為替その後・振替口座への長い道 その1 »