2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』(吹替版) | トップページ | 定額小為替 つづきの話 »

2007年9月18日 (火)

定額小為替の手数料が10倍に!

 日本郵政公社が、10月1日に民営・分社化される。わざわざ自宅までもうすぐ民営化のPRパンフがもれなく送られてきたが、そこに書かれていない変更を別ルートから聞いて驚いた。

 同人界では、イベントの申込みや同人誌の通販でよく使われている定額小為替の手数料が1枚10円から100円になる!!! ええ!10倍に上がるの!!!!!

……と驚愕し、困惑しているのは同人だけか? (私がその情報を知ったのは、知ってる同人サークルのブログと同人誌即売会の通信からだった。)

 日本郵政公社は、「郵便事業株式会社」「株式会社ゆうちょ銀行」「株式会社かんぽ生命保険」の3つに分割され、その事業を郵便局で窓口業務委託される「郵便局株式会社」とあわせて、4つの会社になり、その持ち株会社が「日本郵政グループ(日本郵政株式会社)」となる。(ややこしいね)
為替関係はその「株式会社ゆうちょ銀行」の業務にはいる。
 真偽を確かめようと、最寄りの特定郵便局に行ってみたが、どこにも掲示がないし、それらしいパンフレットもない。(以前の為替の変更のときもそうだった) そこで、窓口で聞いてみたら、中からA4判2つ折りの「株式会社ゆうちょ銀行が提供する商品・サービス、料金等について」というリーフレットを出してきてくれた。そこに、「送金・決済サービスの料金は、次のとおり料金区分の簡素化等をさせていただきます」という項目があって、記載されていた。しかし……、この表現最適ではありません。値上げ等という方が実態に近い。手数料変更は定額小為替だけではなかったのだ!
 同人の送金は少額が多いので1万円以下で例にとってみると、普通為替は1万円以下100円だったのが、3万円未満で420円になる。振込は1万円まで窓口100円・ATM60円だったのが、3万円未満で窓口120円・ATM80円になる。
 定額小為替は以前の変更で、思いっきり種類が減って、1001円以上の高額小為替や600円から900円の100円きざみのもなくなった。4000円の即売会の参加費を送るのに400円、頒価700円の同人誌の通販に200円の手数料がかかる。即売会の受付は、以前から振替口座の利用に変わったり、併用されているので、その方向に傾くだろう。大手のサークルでは、HPでネットショップを開いているところもある。
 あとは、うちも含め、小さなサークルがチョボチョボとたまに通販するようなときにどうするか。それぞれの考え方もあるだろうが、私はとても「頒価700円の同人誌の通販に200円の手数料払ってください」とは言えない。それでなくても、郵送料も払って申し込んでくれているのだ。もっと安くあがる方法があれば、それを探したい。
 サークルの振替口座をつくることも一案。これは、20年ほど前は本局しかつくれなかったが、今は近くの特定郵便局でもつくれるらしい。ただし、1年間利用がなければ自動的に閉鎖される。が、振替口座開設についても、10月以降変更があるかもしれないが、案内がまだ現場に届いていないという。「10月になったら出来ているのなら、取りに来ます」といったが、10月初めに出来ているかどうかわからないらしい。郵便局に固執しないで、他の方法を探した方がいいのかもしれない。
 定額小為替は、種類が減った時期にあわせて、購入する時に申込書を書かねばならなくなった。手間がかかり、使いづらくなったので、「廃止する動きがあるのですか?」と聞いたら、窓口の人が「なくなりはしません」と言っていた。が、こうなると、利用はガタ落ちになり、「利用が減ったので廃止します」という方向が濃厚だ。長年使ってきたものだけに残念である。民営化の時にもっと反対しておけばよかった。

 ※「工房しのわずりぃ」のHPの方にも近く告知する予定です。

11月3日の追記
 ココログのアクセス解析をみていると、ここしばらく検索エンジンから「定額小為替」関係のキーワードで訪れる方が多くいるようだ。やっぱり、それだけ波乱をよんでいるのよ、ゆうちょ銀行! しかし、こっちでもググってみて気がついたのだが、なぜかこの「定額小為替の手数料が10倍に!」だけが、割と高い順位でヒットして、あとの続編記事はなかなか当たらないので、ここにリンクをはっておくことにする。
初めておいでの方は、以下の記事もごいっしょにおたのしみください。
9月24日 「定額小為替 つづきの話」
11月1日 「定額小為替その後・振替口座への長い道 その1」
11月2日 「定額小為替その後・振替口座への長い道 その2」
11月3日 「定額小為替その後・振替口座への長い道 その3」

« 映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』(吹替版) | トップページ | 定額小為替 つづきの話 »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

キタキタキターーッ!という感じですか。
まだ何が出てくるか分からない郵政民営化ですねえ。10月1日になってさらにビックリ(!o!)となるかも知れません。

 10月になっても、どうなるかわからないスリリングな日々です。
つづきの記事も書きました。
しばらく目がはなせませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/16483609

この記事へのトラックバック一覧です: 定額小為替の手数料が10倍に!:

» 10月1日がコワイぞー [ひねくれ者と呼んでくれ]
郵便局の低額小為替というのは、昔ファンジンを買う時によく利用した。最近はファンジンの類いを買わなくなってしまったので縁遠くなったが、簡単で料金があまりかからない [続きを読む]

« 映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』(吹替版) | トップページ | 定額小為替 つづきの話 »