2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

小説『ぼくと1ルピーの神様』

 『ぼくと1ルピーの神様』ヴィカス・スワラップ著 (ランダムハウス講談社)
 紹介文とか行事とか展示とか講演会とか……オモテ稼業の仕事がらみで読む本があるが、その中でアタリに出会うと、とても得した気分になる。図書館の本を読んだ後、書店で買い直した1冊。
しかし、この本、図書館で予約して半年以上たってやっと回ってきた。そんなに話題になってたっけか?
 ウエイターをやっている孤児の少年が、クイズ番組(「ミリオネア」のようなもの)で全問正解し、史上最高額の賞金を手に入れた。しかし、インチキしたのだろうと警察に逮捕される。ストーリーは、少年が弁護士にクイズの進行をDVDで確認しながら、自分の人生のなかからどうして答えが導き出されたのか語っていく形式で進められる。意外な真実やどんでん返しが造り過ぎのようにもとれるストーリー展開なのだが、それがなぜかあまりわざとらしく思わない。そう、なんとなくマサラムービーをみるようでもある。(思いっきりわざとらしいマサラムービーというのもあるが)
 タイトルでわかるように、舞台はインド。その貧富が入り混じる暮らしがとても真実味を帯びて描かれている。それが暗くもなく、教訓的でもなく、とんとん進むストーリーのなかにとけ込んでいる。地元の人が書いたのは、ヘンに説得力があるなあとしみじみと思わせる。さりげなくちりばめられているインドテイストがうれしい。
 ただ、以前ラジニカーント主演の映画『アルナーチャラム』を見たとき、その拝金主義はちょっとハナについたが、この小説もやっぱり少しその気がある。正義も金によって行われる。だが、それもインドの一面かもしれない。

2007年6月28日 (木)

書籍『図録王立科学博物館』

 『図録王立科学博物館』 岡田斗司夫 総監督、江藤巌 監修・執筆(三才ブックス)
 またまたオタク仕様の本がでた。
「王立科学博物館」は、2003年〜2004年に2期に分けてタカラから発売された食玩のシリーズである。これが凝りに凝っている。スプートニク衛生にはじまって、サターンV型ロケット、アポロ、バイキング1号、ソユーズと続く。落下するミールとかボイジャーもいいなあ。フィギュアの題材のチョイスもSFごころをくすぐるが、その解説・コラム・エッセイマンガ・関連本の紹介……ここまで凝るか!?という気迫に満ちている。ふつうの食玩は、フィギュアだけ残して、お菓子は食べられ、箱などは捨てられゆく運命のものが多いが、そんなことをすると祟られそうだ。
 しかし、食玩は箱で買うようなオトナ買いするほど入れこまなければ、シリーズ全部にお目にかかるチャンスはない。この本には全部の解説等が収録されていて、ゆっくり堪能できる。また、「搬送用段ボール箱」とか、2004年度星雲賞受賞記念の副賞の提灯なんかも掲載されている。
 この本は、京都国際マンガミュージアムの「海洋堂フィギュアミュージアム展」が開催されていたとき、スーベニールで購入したが、ちゃんとISBNがついた書籍なので、フツーの本屋さんでも購入できる。しかし、特典のスペースシャトルのフィギュアがついていて、分売不可なので、ビニールパッケージに包まれている。ちょっとだけ……と中身を覗き見ることはむつかしそうだ。

2007年6月26日 (火)

小説『クジラの彼』

『クジラの彼』 有川 浩著(角川書店)
 自衛隊にとても詳しい有川浩が書いた自衛隊員のラブロマンス短編集。
メディアワークス刊の『海の底』に出てくるサブマリナーの冬原とその彼女、夏木と望や、『空の中』の女性ファイターパイロットの光稀(みき)と高巳のエピソードも含まれている。
しかし、WAC,脱柵、輸送機C−1のトイレと、どうしてこんなに自衛隊内部に詳しいのだ!? 取材もしているようだが、デビュー当時から異様に詳しかったような気がする。まわりにミリタリーな友人がいるのか、ご夫君がミリタリーなのか、ご自分がそうなのか。だが、それをこんな味付けの話にしてしまうところが、他の人にはマネできないところだろう。

2007年6月25日 (月)

難波弘之〜30周年プラスワン記念ライヴ〜

 音楽に詳しい友人が、京都でやる難波弘之のライヴにさそってくれた。
 自慢じゃないが、私はヴィジュアル系のイベントは時々行くけれど、音楽系はとんと疎い。インド音楽は何度か行ったことがあるが、その他はかなり以前にアマリア・ドロリゲスのファドに1回、TOTOのコンサートに1回……あとなんかあったけ?
 それなのになぜ難波弘之?というと、このお方、SF畑でも古株で、アルバムの各曲のタイトルが『アルジャーノンに花束を』『夏への扉』『地球の緑の丘』……といったSF小説であったり、たしか、ファンダムの「宇宙塵」の会合に学生服を着てきたとか、初めてのSF大会の参加が高校のときだったとか、その類のネタには事欠かない。(うるおぼえで申し訳ない) SF小説も書いて、「日本SF作家クラブ」の会員でもあるし、「SFマガジン」で対談かインタビューも受けていたと記憶している。
 しかし、私は、難波さんのご本業の音楽をちゃんと聴いたことがなかったのだ。だが、プロフィールをみると、アニメ『宇宙の戦士』やアニメ『創竜伝』の音楽を担当していて、それは観ているので、知らずに聴いていたようなのだが。
 今回は京都のライブハウスで「30周年プラスワン記念ライヴ」と称して、7月15日(金)、16日(土)、17日(日)と3日連続開催された。メンバーが3日ともちがい、お好みがあるのかもしれないが、私の仕事の関係で「16日なら行ける」といったら、それにあわせてくれた。ありがとう。
難波さんはキーボード奏者なので、作曲と演奏で、歌をうたうわけではない。その日のメンバーがセッションをやりたい曲を持ち寄るというスタイルだ。この日の難波さんは生ピアノとキーボード、ヴォーカルは上野洋子さん(リコーダーやアコーディオンのやっていた)、あとギターとベースとドラム。
「素人がナマいってんじゃないよ」と思われるかもしれないが、みなさん、うまい! お上手! ほれぼれとする演奏! それに狭いライブハウスなので、とても臨場感がある。ここに私の知らない世界がひとつあったのね。
 それにしても、難波さん、もう50代とのことなのだが、外見年齢不詳、昔とほとんどイメージがかわらない。う〜ん、ウチュウジン?

2007年6月23日 (土)

海洋堂 in 京都国際マンガミュージアム

 5月18日〜7月8日まで、「海洋堂フィギュアミュージアム展」が開催されていたので、一家総出で、京都国際マンガミュージアムに行ってきた。
 前回のガンダム展は作品がデカいのが多かったせいか、常設展のスペースを減床させて開催されていたようだが、今回の海洋堂の展示は、それにくらべて、ひとつひとつが小さいので、元体育館らしき展示スペースで収まっていた。食玩から博物館のスーベニアグッズ、ジオラマ、等身大のケンシロウまで、なかなかギュッとつまった濃い展示だった。
 全部の作品をみたかった京極夏彦の「百鬼夜行」のシリーズや、「王立科学博物館」のシリーズも勢揃いしていてうれしい。大英博物館の公式ミュージアムグッズのなった「バーチャル・マミー」もなかなかリアルですごかった。(中のミイラまで3重構造になってるんだよ)
 ……という個人的なお気に入りもよかったが、海洋堂のフィギュアが他と一線を画しているところは、動きをリアルにとらえているところだろうか。今にも動き出しそうなポーズや、表情の喜怒哀楽、ロケットの軌線や発射の爆煙までとらえているのだ。
 みせ方にも工夫していた。クイズラリーがあったり、会場横のギャラリーでは、未彩色のフィギュアが特別展来館プレゼントを行っていた。フィギュアは3種あるのだが、中身のみえないガチャポンに入っておるので、何があたるかわからない。ギャラリーでは、その場でその全プレのフィギュアに彩色できるようなワークショップも開かれている。アクリル絵の具・筆・水・ドライヤーなどが用意されていて、初めにスタッフ(精華大学生のアルバイトか?)が簡単に説明してくれる。タクヤ(小2)は途中で色塗りにあきて、お気に入りの紙芝居小屋にしけこんだ。サトル(中3)は、ネチネチと塗りこんでペンギンを仕上げていた。
 帰りにスーベニールで、「王立科学博物館」の図録を購入した。食玩の図録なんて後にも先にもこれが初めてではないだろうか。もともとの食玩についている解説書も傑作だったので、この図録については、後日1章をたてることにする。

2007年6月14日 (木)

小説『日本沈没』(小学館文庫版)

 『日本沈没』(上・下) 小松左京著 (小学館文庫)2006年1月刊
 昨年8月26日付けのブログで書いたように、すでにカッパノベルズ版(1973年刊)で読んだのだが、本筋以外で気になるところがあったので、映画化に乗じて発行された小学館版を、旧版と比較しながら流し読みしてみた。
 小学館文庫版は、活字も大きくなり、ルビも少し増えて、挿入されている図版もきれいにリメイクされて読みやすくなっている。下巻最後の「第1部(完)」という表記はそのままだ。下巻には堀晃が解説を寄せている。
あと、文字の横の傍点の箇所が少し変わっている。(どちらかというと減っている)
 さて、旧版で気になっていた放送禁止(自制?)用語の類、「気×××学者」「気×××じみた」とかが(田所博士を指していることが多いのだが)、「び××」、「土×」(原住民を指す)という言葉がどうなっているのだろうか。
原住民を指す「土×」は、「カナカ」という部族名に改められていた。「び××」は「片足をひきずりながら」になっていた。まあ、妥当なところだろう。
旧版で、「気×××学者」と書いて「マッド・サイエンティスト」とルビをふっていた箇所は、カタカナで「マッド・サイエンティスト」と書かれていた。この30年間でいろいろな「マッド・サイエンティスト」なキャラが出てきて、メジャーな言葉になってきたわけか。めでたいことである。
「気×××あつかい」は「変人あつかい」になっていたが、何カ所かの「気×××じみた」という言葉は、そのまま使われていた。「じみた」がつくと、規制がゆるくなるのかなあ。
ここらへんは出版社の校正がチェックして、作者とすりあわせるのだと思う。(作者に黙っては変えないよな) が、小学館文庫版には、小説の中の文言を変更したというような注釈は書かれていなかった。

2007年6月13日 (水)

万博公園に蛍が舞う

 去る6月3日の日曜日に、仕事帰りにモノレールの駅で待ち合わせて、大阪の万博公園の「蛍の夕べ」に行ってきた。先月、民博に行ったとき、公園のチラシでみつけたのだ。近くでお安く家族サービス。
 蛍は、田舎に住んでてもそうそう見れるものではなく、小学校のころ車に乗って一度見に行っただけだ。加えて、万博公園の日本庭園は、万博の時も入ったことがなかった。身近でも行く機会を逸しているところがけっこう多い。
 日本庭園は、西側だけ解放されていて、一方通行の順路になっている。観客は多いと言えば多いが、敷地がひろいのでそんなに混んでいるというふうではない。茂みの中、水辺の草の上、木々の間を飛びながら、小さな光を放つ蛍はいくら見てても見飽きないほど美しい。
 しかし、どこにもモラルのない人はいるもので、暗闇にむけてフラッシュをたく人、柵のなかに入り込む人が見受けられた。(それも一人ではない)子どももけっこう来ているのに、お約束を破る人ってオトナなんだよな。

2007年6月12日 (火)

マンガ『できるかな クアトロ』

 『できるかな クアトロ』 西原理恵子著 (扶桑社)
 西原理恵子の突撃体験エッセイマンガの4冊目。
実は、既刊の1〜3巻は読んでいない。なぜ突然、4巻目だけ買ってしまったのかというと、「ヒジュラ編」という章が入っていたからだ。私の大好きなインドネタ。その30ページばかりのために衝動買いしてしまったのだった。
 「ヒジュラとは、インドのおかまに、ヒンドゥー教とカレーをかけたもの」(西原さん曰く)という説明でほぼまちがいない。(おいおい) なかなか過激なチャレンジに、歯に衣をきせぬ西原理恵子のマンガと、マンガの部分と比較すると楽しい写真のコマがあわさって、他に類がないおもしろさだ。それにこの写真を撮ったのが、長らくヒジュラの取材をしている石川武士で、このような人をひっぱりだしてくるなんて、ツボを心得ている。
 他にも内モンゴル自治区に恐竜を発掘に行ったり、酒もよく飲むし、元気だ。見習いたい。
 収録されていた「人生1年生」は、小学館の学年誌「小学6年生」に掲載されていたというから、なかなかすごい。「小学6年生」の編集さんはなかなか英断の出来る人だ。どうすごいかというと……、いちど読むのがいちばん!

2007年6月11日 (月)

小説『図書館危機』

『図書館危機』 有川 浩(ありかわ ひろ)著 (メディアワークス)
 快調にとばしている有川さんの『図書館戦争』シリーズの第3弾。あとがきを見れば4巻で終結の予定らしい。起・承・転・結ってとこか? 買ったのは発売されてすぐなのに、花粉症に阻まれて読みはじめるのに3ヶ月間が空いてしまった。でも、読み始めると、グングン読める。今、文章がすごく読みやすく感じるのは、有川浩とあさのあつこだなあ。
 今回も、図書館の痴漢騒動、差別語の問題などを盛り込んで、主人公・郁(いく)の昇任試験や親との葛藤とからめて、人物関係はそれぞれビミョ〜に進展していってるようだ。主人公だけでなく、脇の麻子や手塚、郁の母・父・兄などキャラへの目配りがとても丁寧。カミツレの花など、小道具の使い方もうまい。話はよく考えてみれば(考えなくても?)荒唐無稽だが、ヘタに現実と比較しないほうが楽しめる。ギョーカイ人も、そこは気にしないで楽しもう。

2007年6月10日 (日)

関西コミティア30

 5月27日、大阪・天満橋のOMMビルで「関西コミティア30」が開催された。
5月21日のブログで告知したように今回の関西コミティアは、オモテ稼業の調整はなんとかできたものの、私用でトリプルブッキングしてしまった。かくして、ダンナは親戚の法事に行き、私は小学校の日曜参観に行って、途中で抜けてイベントへ。サトルは、タクヤが日曜参観から帰ってきたら、二人で留守番だ。 
 かくして、12時過ぎに会場に到着。今回関西コミティアは、めでたく30回記念。パンフレットも30回お祝いコメントが載っているし、会場では1回〜30回までのティアズマガジンの表紙の展示もあった。いちばんウケたのが、勝手に30回お祝い福引きをやってるサークルがあって、パンフレットをみせたら、1回福引きができる。景品は、紙のパーティとんがり帽やお祭りウチワや造花レイなど笑いをとるものばかり。なかなかのアイディア企画で拍手!
 それと、コミケしか会えないと思っていた『図書館のおねえさん』シリーズを描いているサークルさんの新刊を見本誌コーナーで見つけたのだけど、2時頃だったので、スペースに行ったらもう帰ってしまっていたのが残念だった。北陸の人だしなあ。
 次回の秋の開催日程も、10月21日に決定。次までには新刊を……(何年越しだ!?)

2007年6月 7日 (木)

民博「巡礼★聖地」

 3月17日〜6月5日 国立民族学博物館
 開催期間が3ヶ月近くあったのに、結局予定をあわせて土日に行くことができなかった。最後のチャンスを、飛鳥の玄武の方に行ってしまったので、平日にこっそりとひとりで行ってきた。内容としては、あまり子どもウケはしなさそうものだったので、まあ、いいか。
 カトリックの聖地の一つ、スペインのサンチャゴ・デ・コンポステラ。フランスからそこに至る巡礼の道を、ひとりの巡礼者に同行した映像や写真、絵画、ゆかりの品々を交えて疑似体験する。入り口で手渡されるしおりはスタンプを押せるようになっており、巡礼路のポイントのスタンプを押しながら進める。また、ポイントで番号を押すと解説が流れる音声ガイドを追加料金なしでみんなに貸してくれる。音声が交じらないようにするためだろう。今回の特別展は常設展料金で観られるこぢんまりとした展示だが、民博の展示はいつも観せ方の妙が感じられて楽しい。
 「サンチャゴ巡礼って西国巡礼のお遍路さんみたい」と、思っていると、西国巡礼や恐山のイタコの展示・解説もあった。本館のビデオテークから、関連のものを何本か持ってきて時間制で上映もしているようだった。残念だったのは、カタログの写真の多くがビデオ画像からとったようで、イマイチぼけているのだ。大きな画像ほどそれが目立っている。

2007年6月 6日 (水)

竹宮惠子個展「地球(テラ)へ…」

 5月19日〜27日 京都市内 ギャルリー三条柳馬場
 竹宮惠子は、精華大学の先生になってから、年に1回ぐらいは京都のギャラリーで個展を開くようになったので、これで3回ぐらい行っている。今までのマンガ原画の展示と、額縁入りの新作の小品の原画や「原画’(ダッシュ)」と称する精密な複製原画の即売をしている。即売の方は、けっこうお値段がはるので、いつも「見るだけ〜」なんだが、ときどき入り口で、おケイさん関連の出版物やアシスタント集団の同人誌を売っていることがあるので、購入したことがある。今回も徳島県立文学書道館で行われた「竹宮惠子の世界展」のカタログがあったので、つい買ってしまった。
 今回は、最近TVアニメになったからみか、『地球(テラ)へ…』の原画展。いや〜、なつかしい!私は「マンガ少年」の連載でリアルタイムで読んでたクチで、しばらく読み返していないが、おぼえのあるシーンばかり。この時代(1977〜1980)だと、まだCGなんて使えなかったし、スクリーントーンも今ほど種類がなかったので、SFの画面は、エアブラシ、スパッタリング、ホワイト、ベタフラッシュなど効果線を駆使して、背景もオール手描きで、とても丁寧。最近あまり見なくなった2色原稿も美しい。カラー原画も30年ほど前の原画なのに、退色せずに保管されている。
 ところで、『地球(テラ)へ…』は、1980年に一度アニメ映画化されている。見たような気もするのだが、イマイチ印象が薄い。今放映中のアニメも、父ちゃんがエアチェックした分を時々あとでまとめて見ているが「うむむむむ……(-_-;)」という具合である。

2007年6月 4日 (月)

キトラの玄武は賞味期限17日間

 もう6月になってしまったけど、5月に行ったイベントネタが滞貨している。もう開催期間はすぎてしまったけど、ガマンしておつきあい願いたい。どうも、やっぱり体力がなくなってきたせいか、仕事がどんどん(心身両面で)ハードになってきているせいか、平日は長文が書けない。……っていうか、帰ったら、すぐ眠くなってしまう。ヨレヨレ。

 で、本題。飛鳥資料館で、5月11日〜27日まで「キトラ古墳壁画四神—玄武展」があった。
タイトルの「賞味期限17日」というのは、駅貼りのポスターのキャッチコピーだが、なかなかうまいコピーだと思う。見事につられてしまった。しかし、この17日間で、家族4人そろって行ける日がないので、歯医者を予約していた父ちゃんを見捨てて、サトルとタクヤを連れて観に行ってきた。
 飛鳥は、大学生の頃以来ず〜〜〜〜っと久しく行ったことがなかったので、せっかく行くならと思って、飛鳥駅からのサイクリングで行くことにした。今回は玄武がメインなので、あまり欲張らずにヘンな石を巡るコースを企画してみた。猿石→鬼の雪隠(せっちん)→鬼の俎(まないた)→亀石→飛鳥資料館→酒船石→石舞台→二面石あたりまでいければベスト。マラ石、弥勒石は今回はまず無理そう。
 風致地区なせいか、のんびりした田舎風景は昔のままだが、散策の方角案内や石周辺の柵や案内板などはわかりすくきれいになっていた。それに、酒船石の裏の竹藪が切り開かれて、亀形石造物という新しい遺跡が出現していた。その横の県立万葉文化館という建物も新しそうだった。
 さて、飛鳥資料館の玄武だが、11時頃到着すると、公称待ち時間105分!(まあ、そんなものか) しかし、待ち行列は、そのまま常設展のコースでもあるので、おとなにとってはゆるゆると展示物を見ながら進め、それほどタイクツしない。ところどころにイスもあるし、グループでかわりばんこで休んでいる人もいた。そして、子どもの待ち時間の友は、やっぱりDS.やっとたどり着いた特別展示室で、ホンモノの前を通過するのは約1分。(まあ……、そんなものね) 案外色がうすく、小さかった。ちなみに飛鳥資料館は、正確には「独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 飛鳥資料館」という。国立なだけに、入館料は小学生・中学生無料で、カタログも1000円と良心的な値段で、つい他のカタログも2冊買い足してしまった。昨年に白虎が公開され、今年が玄武だったので、また来年あたり朱雀か青龍が公開されるかもしれない。
 ハプニングだが、あんなに晴れていた天気だったのに、飛鳥資料館で並んでいる間にけっこうキツイ雨が降り出したのだ。見終わったあともまだ雨が残っていたので、予定を変更して資料館前にあるレストランで昼食を食べて雨宿りをした。しばらく小雨がふったりやんだりで、次に行った酒船石の万葉文化館でも少し雨宿りをして、次の石舞台にいく頃には上がって青空が見えてきた。あわただしい天気だったが、うまく雨をよけられて助かった。が、残念ながら、二面石までは時間切れでたどり着けなかった。
 また来年もチャレンジしたいなあ。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »