2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 映画『バッテリー』 | トップページ | ついに萩尾望都のぬりえが! »

2007年5月25日 (金)

「脳!−内なる不思議の世界へ−」

 2007年3月3日〜5月13日 大阪歴史博物館
 最終日の前日にすべりこんだ。最近このパターンが多いな。家族で行こうとか、子どもを連れて行ってやろうと思っていても、結局土日出勤の関係で、数少ないカタギの休日に休める日に義理と必要事項を優先させると、結局行けなくて、ギリギリにひとりで行ってしまうのだ。

 それはともかく、これは予告を見たときから、「どうしてこれを歴博でやるのよ?!」と思っていた。自然史博物館とかならまだしも。歴史も広い目を持って、考古学から生物の進化まで視野をひろげる……ってとこかな。
 実際、見てみると、前半は生物の進化、解剖学の歴史をちょっとはさんで、後半は脳トレがテーマってかんじだった。前半は見るだけだが、後半はブースやパソコンで「やってみる」体験型の展示なので、ホンキで全部体験しようと思えば列に並ばないといけないし、やたら時間を食う。閉館1時間前に入場したので、後半は時間がなくてすっとばかしだった。
解剖学の手前で、南方熊楠の脳が展示されていた。「普通の大きさです。使い方次第です。(概略)」というような解説があった。
しかし、やっぱりなんで歴博?

« 映画『バッテリー』 | トップページ | ついに萩尾望都のぬりえが! »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/15192142

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳!−内なる不思議の世界へ−」:

« 映画『バッテリー』 | トップページ | ついに萩尾望都のぬりえが! »