2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

「小松左京マガジン 第26巻」

 今年の花粉症は、それほどひどい症状の時期は少なかったが、5月になってもすっきり治まらず、やっと電車の中で活字がよめるようになった。年々花粉症の期間が長くなってきているような気がする。薬が効かなくなってきたのか…… ユウウツだなあ。
 恒例の「小松左京マガジン」だが、寄稿者の方々が多種多芸(失礼?!)だなあと思っていたら、あとがきにも同じようなことが書いてあった。
 社内弁護士という現在数少ない職種についている村瀬拓男さんが『わたしの「SF」的遍歴』と題してコラムを寄せている。東大の工学部を出て、橋をつくって、新潮社に入社して、メディア商品に関わって、会社にいながら司法試験合格して、組織内弁護士になったSFファンなのだ。う〜ん、すごいね。
 また、小松先生の『眠りと旅と夢』の英訳『Sleeping,Traveling and Dreaming』が掲載されていた。翻訳したのが、田中顕生さんという方で、発生遺伝子学の専門家の大学の先生で、翻訳を職業にしているわけではないらしい。私のご贔屓の下村健寿さんといい、理系の研究者の人のシュミって深いなあ。すみません、感心するばかりで、私、英語読むのを放棄してしまいました。
 さて、ディープな医学博士の下村健寿さんは今号も登場して、『「さよならジュピター」のミステリー -1984「スター・ウォーズ」に潰された映画−』という原稿をよせていた。今回も読みごたえがあったが、横道にそれて申し訳ないけれど「さよならジュピター」より「デューン・砂の惑星」のエピソードがおもしろかった。アメリカでは「デューン」は児童文学の扱いなのらしい。矢野徹さんが早々とSFとして日本にひろめてくれてたけど、それがなかったら、「ハリ・ポタ」以後雨後の筍のようにわいてでてきた分厚い児童文学ファンタジーの中に入ってしまったんだろうか。そうならなかったのは幸運なことだ。そして、その映画化の段、ここで私の10代にヒーロー(?)のひとり、ダリが出てくるとは思わなかった。ダリって、あの画家のダリですよ。「デューン」に出演し損じていたなんて!
思わず、サントリー・ミュージアムの「ダリ展」の図録を見返してしまったが、略歴のところにそのことはふれられていなかった。ダリの奇行でポシャった事項なんていっぱいあるから載せられないんだろうか。しかし、下村さんはどこからこんな情報を仕入れてくるんだろう。ナゾだ。
 いよいよ世紀のイベントも近づいてきたし、次回27巻がワールドコン直前本になるわけだ。次回の発行も楽しみにしていよう。

2007年5月29日 (火)

萩尾望都サマの絵本3冊

『トリッポンのこねこ』 『トリッポンとおばけ』 『トリッポンと王様』
  萩尾望都作 こみねゆら絵 (教育画劇)
 先の望都サマのぬりえを探しにいって、書店の検索機で発見して、現物を確保した。2007年2月の発行だが、絵が望都サマじゃなかったので、気がつかなかったのか。
新作じゃないようなので、昔の本を確認したら、『月夜のバイオリン』(初版:オリオン出版、新装版:新書館)という童話集に入っていたのを、絵本仕立てで独立させたもののようだ。
こみねゆらさんは、「MOE」のイラストコンテストに出ていた頃から知っているが、雰囲気は好きなんだけど、人物を描くとお人形さんみたいにちょっと生気がないのが苦手なところ。『月夜のバイオリン』では望都サマはあまり大きな絵は添えていないが、「おばけ」は「モトちゃん」だった。ゆらさんのは直立黒犬みたいで、ちょっとイメージが……(^_^;)

2007年5月28日 (月)

ついに萩尾望都のぬりえが!

 昨今、大人のぬりえがブームだが、ついに萩尾望都さまのぬりえがでたらしい。mixiのコミュニティで情報が流れていたのだ。
 「永遠の少女マンガぬりえ5 ポーの一族」
 「永遠の少女マンガぬりえ6 萩尾望都作品集」
 まず、書店にあったら買ってこようと思って、3件ほど回ってみたが見つからなかったので、mixiに書き込まれていたネットの方で注文をした。
http://www5.airnet.ne.jp/hobby-zk/shop/nurie
発売元がセイカ。ケースに入ったリーフ状になっていて、ISBNもついていない。これじゃあ、書店には置きにくいだろうなあ。A4サイズ10枚、ハガキサイズ5枚とその原画見本、塗り方見本1枚というセット。ほぼ見たことのある絵ばかりだ。
 出版されたことはめでたいが、商品としてはイマイチな出来だ。
まず、ぬりえって線画が基本だと思っていた。それが、薄いグレー調の単色でカラー原画をそのまま印刷しただけなのだ。原画の色の濃いところがグレーになっている濃淡がそのまま出るから、色鉛筆はまだしも水彩などで塗ったらグレーが浮き上がって濁らないか?
それと、原画見本は原画の再現がそれほどカンペキではないような気がする。とても複製原画とはいえない。それに、見本も塗り絵ももう少し紙を厚くしてほしい。
また、絵のセレクトがイマイチわからない。ポストカード用には予告カラーなど小さめのカットを使っているなどはいい。が、どうしてわざわざこんな難しい絵と思われるものもいくつかある。概して望都サマの絵は水彩の美しい濃淡で、原色はあまり使っていないのでぬりえをするのは難易度高だ。「萩尾望都作品集」の方は『11人いる!』がA4判の中で4枚もあって、1枚の絵の中に11人も顔があったりする。この偏りはなんなの!?
 ……といろいろ文句をいいながらも。買ってしまうファンごころ。え?もちろんぬりませんよ〜 おそれおおくて、もったいなくて。

2007年5月25日 (金)

「脳!−内なる不思議の世界へ−」

 2007年3月3日〜5月13日 大阪歴史博物館
 最終日の前日にすべりこんだ。最近このパターンが多いな。家族で行こうとか、子どもを連れて行ってやろうと思っていても、結局土日出勤の関係で、数少ないカタギの休日に休める日に義理と必要事項を優先させると、結局行けなくて、ギリギリにひとりで行ってしまうのだ。

 それはともかく、これは予告を見たときから、「どうしてこれを歴博でやるのよ?!」と思っていた。自然史博物館とかならまだしも。歴史も広い目を持って、考古学から生物の進化まで視野をひろげる……ってとこかな。
 実際、見てみると、前半は生物の進化、解剖学の歴史をちょっとはさんで、後半は脳トレがテーマってかんじだった。前半は見るだけだが、後半はブースやパソコンで「やってみる」体験型の展示なので、ホンキで全部体験しようと思えば列に並ばないといけないし、やたら時間を食う。閉館1時間前に入場したので、後半は時間がなくてすっとばかしだった。
解剖学の手前で、南方熊楠の脳が展示されていた。「普通の大きさです。使い方次第です。(概略)」というような解説があった。
しかし、やっぱりなんで歴博?

2007年5月22日 (火)

映画『バッテリー』

 公開終了2日前のギリギリのレディース・ディにかけこんだ。原作の印象のよかった作品の映画化は、ほとんど期待しないで観に行くのだが、『デスノート 後編』に続いてうれしい誤算で、期待以上によかった。それに、これなら『ゲド戦記』とちがって、原作を知らない人でも、楽しめるし、泣けるぞ。2時間枠で一作品として、とても上手くまとめてある。ただ、そこらへんの端折り方が、原作の一部萌えの人たちには少し物足りないかもしれない。
 私は原作読んだ派なので、つい原作と比べて感想を書いてしまうが、原作読んでない派の感想はまた違ったものになるだろうと思う。(ブログ書く前にあまり他の人の参考を探さないので)
原作は以前に何年かにわたって(ハードカバー全6巻は、1996年から2005年まで、完結するのにおよそ10年かかっている)読んでいた。しばらく読み返していないので、細かいところは忘れてしまったが、ほぼ原作に忠実なイメージづくりとキャラ設定にしている。ただ、2時間でまとめるためか、登場人物の何人かは省略され、整理されていた。ストーリーも、終始、原田巧と永倉豪を主人公に据えて、バッテリーの関係と巧の家族関係を中心に描いていて、その作り方はこの枠では正解かと思った。
 原作は、グングン読み進めてとてもおもしろいし、キャラクターの書き込みや心情の表現が丁寧でしっくりとなじむ。が、後半になって、門脇やおミズや海遠寺くんが出てきて画策しはじめると、そっちのほうに作者のペンが走って、主人公たち(巧と豪)があまり動かなくなるのだ。個人的には、おミズのようなキャラは大好きなんだが、私の目からみたら主役を食ってしまってるようにみえて、「ストーリー上、やっぱりそれはいかんよなあ」と思っていた。そこらへんの想いが、映画では見事に解決している。原作の後半をバッサリとカットして構成されていて、かわいそうに、海遠寺くんなんて監督に1回名前を呼ばれたきりなのだ。
 もう公開は終わってしまったが、もう少し早く観て、ブログに書いて宣伝しておけばよかったと思ってしまった。

2007年5月21日 (月)

関西コミティア30に参加します

 関西コミティア30が、5月27日(日)に大阪・天満橋のOMMビルで開催される。この会場ではたしか3回目、前回に続いて2ホール使っての開催になる。
 5月5日の東京のコミティアが「80」、関西コミティア(かつては「コミティア in 大阪」)は「30」、どちらもなかなかキリのいい数字だ。連続参加はむつかしいが、どちらも、立ち上がった頃から知っているので、よく続いているものだと、スタッフさんたちの努力に感謝する。サークル参加も私たちもできるだけ協力をしたい。
 今回の関西コミティアは、オモテ稼業の調整はなんとかできたものの、私用でトリプルブッキングしてしまった。かくして、ダンナは親戚の法事に行き、私は小学校の日曜参観に行って、途中で抜けてイベントへ。サトルは、タクヤが日曜参観から帰ってきたら、二人で留守番してくれい!

 ……というわけで、会場には12時頃到着する予定です。
スペースはG-23 です。あまり目新しいものはありませんが、昨年の新刊『ライブラリー・シンドローム2000-2005』をまだご覧になっていない方、ぜひお立ち寄りください。

2007年5月17日 (木)

「ダリ展 −創造する多面体−」

 サントリーミュージアム[天保山] 2007年3月8日〜5月6日
 昨年の秋に東京の上野でやってた頃から「観たい〜」と思っていた「ダリ展」が大阪にも来た〜!……と思っていたら、東京と大阪のはどうも内容がちがうようだ。あとで調べてみると、同じ「生誕100年記念」でも、上野の森美術館の方は「ダリ回顧展」、そして大阪のサントリーミュージアムの方は「ダリ展 −創造する多面体−」とタイトルがちがうし、大阪のほうが絵画作品以外の作品が多いようだ。雑誌の「L magazine」にサントリーミュージアムの会場設営の様子が特集されていて、おもしろかった。ここらへんって、学芸員の腕のみせどころなんだろうなあ。どっちも観とけばよかった。だが、それだけのために行くには東京は遠い。
 ダリのグニャグニャした絵画作品は有名だが、今回の展示では、ダリ劇場美術館の「メイ・ウエストの部屋」、「唾液ソファー」(唇型のソファ)や、モンテーニュ『随想録』の挿絵、雑誌『ヴォーグ』掲載のパンストの広告、万国博のパビリオン「ヴィーナスの夢」の作成風景などが多岐にわたった作品が展示されていた。しかし、どれもヘン! おまけに本人もヘン!×2乗。やっぱりフツーの常識人じゃ芸術家はやってられないのか。それに、ガラ夫人がいないと、人間崩壊していたかも。
 スーベニールは非常に充実していた。ダリ人形・ダリうちわ・ひげステッカーなどもあって、芸術家自身がこれほどキャラクターになれるなんてめずらしい。ダリデザインの香水入れなどもあった。私はまがるエンピツ(50センチぐらい)に惹かれたが、使えないじゃん!
 ダリは、私が中学・高校の頃、教科書にでていた中ではいちばん好きな画家だった。美術の時間に授業を聞きながら、こっそりとノートに『記憶の固執』や『内乱の予感』をエンピツで模写していたのが、なつかしい。(昨今では授業時間数が少なくなって、美術史などの講義形式の授業はあまりないようだが)

2007年5月10日 (木)

その名は準惑星

 去る4月某日、定期購読をしていた科学雑誌「Newton」の6月号が届いて、そこに日本学術会議の小委員会が報告書を出して、「dwarf planet(ドワーフ・プラネット)」の和名として「準惑星」を推奨することとした旨の記事が載っていた。
 昨年8月、冥王星は惑星から外された時は、一般紙の第一面のトップに出ていたのに、今回は新聞に載っていたか? ……と思ったが、mixiで書いたら、新聞で見たとのコメントがあったので、私が見落としていたのね。でも、ずいぶんと小さい記事だったようだ。
 まあ……何というか、わかりやすい普通名詞に収まったなあ、というのが第1印象。「矮惑星」という仮名に対して、国立天文台の渡辺潤一准教授のコメントの「矮は漢字がむずかしく、ネガティブな印象があります」というのを読んで、やっぱり感じるところはいっしょかと納得した。
 また、同じ小委員会で「エッジワース・カイパーベルト」も、「太陽系外縁天体」という、これまた普通名詞的な和名を推奨されていた。
 ついでだが、この記事でコメントしていた渡辺潤一准教授の「准教授」ってなによ!?と思ったら、この4月に学校教育法が改正されて、「助教授」の名称と役割が見直されて、「准教授」というのができていたのね。(ウィキペディアって便利)

2007年5月 9日 (水)

盛況! COMITIA80

5月5日は最近毎年恒例のCOMITIA参加。COMITIAももう80回。すごいなあ。毎回いろいろな企画を打ち出して、マンネリにならないところが継続と拡大のポイントか。今回は初の2ホール開催、サークル参加2600以上! 「米澤嘉博を語る」公開トークライブ、出張ノベルズ編集部イラスト持込受付などイベント内企画を行ったり、サークルの合同企画として「豆本」「メガネ部」など5つのジャンルがまとまったり、展示スペースではいろいろ凝ったレイアウトのイラスト展示があったりで、同人誌を手に入れる目的以外の人が来場しても決してソンはないような豊富な内容になっている。この比率はもっとイベント寄りになるとSF大会みたいになるんだろうか。それって先祖返り? (もともとマンガ即売会の発想がSF大会のディーラーズルームだというのが、SF者の知識としてある)
 私の個人サークル「工房しのわずりぃ」は、今年も子連れスペースで参加した。ほとんど七夕状態だが、毎年お会いするサークルさんもいる。初めてでも子どもをネタにいろいろ話がはずむ。子ども達の年齢もこころなしか大きくなって、まるっきり赤ちゃんは少なかった。昨年は、紙飛行機が乱れ飛び、サトル(当時中2)は小さい子の大きなオモチャになり、タクヤ(当時小1)は仮面ライダー1号の歌を歌い続けて後でマンレポにも描かれた。今年は、騒ぎ止めに持たせたニンテンドーのDSで友だちを作っていた。知らないうちにお互いのDSを覗き合ったり、通信で対戦をしたりしている。せっかく追加イスをたのんでおいたのに、けっきょくお昼のおにぎりを食べる時にしか座りに来なかった。注意しないとずっとやりつづけるので、2回ほど「休憩」と称してやめさせた。
 しかしDSは、行きの新幹線でとなりになったひとり旅の小学5年生の男の子や、日光に行く特急でとなりになった若いお姉さんとのコミュニケーションの道具にもなった。COMITIAでも、子どもだけでなく、若い父ちゃんともDS話をしていた。おそるべし、DSはジェネレーションギャップを克服し、世界を結ぶのか!?
 今回実質、売り子はひとりなので、あまり席は離れられない。開催前のも時間に余裕があったので少し偵察して、そんなに忙しいサークルではないので、開催中も短時間でお買い物もした。(「ご自由にご覧ください。○○時に戻ります」の札はいつも持ち歩いている) それでも、知った方がスペースに来てくださってご挨拶をしたり、はじめてお求めいただいた方とお話ができたり、まったりと過ごした。
 今回COMITIAは、開催時間が延長されていて4時までだった。5時30分の新幹線の切符を取ってから、それに気がついたのだが、まあ、コミケみたいに有明を脱出するのに時間はかからないだろうと踏んで、変更せずに決行した。ややアセッたが、帰りの宅配便は使わない準備をしておいたし、4時過ぎに会場を出て、5時過ぎに品川着で充分間に合った。

2007年5月 8日 (火)

日帰り日光

 5月4日は、大阪の友人と現地で落ち合って、日帰りで日光に行ってきた。
何度も東京に行ってるのに、郊外のまともな観光地はほとんど行ったことがない。伊豆に一度行ったきりかなあ。日光は特急で2時間ほどかかるので、東京の人でも理想的には1泊の方がいい小旅行コースだろう。今はJRが東武鉄道に乗り入れていて、新宿や池袋から乗り換え無しで行ける。日帰りだったので、メインだけを押さえてきたってかんじ。
 東照宮はなかなかシュミがいい。……って世界遺産に対して失礼か!? いや、ホントにサルとかトリ各種とか、ゾウとか、トラとか、ネコとか、十二支とか、獏とか、龍とか、人(仙人?)とか、思わず写真を撮りたくなるものがいっぱいある。あの偏執狂じみた凝りに凝った造形はすごい。ただ、やっぱり人出は多かった。タクヤ(小2)がいっしょなので、迷子にならないように気が抜けない。
お昼は、友人がガイドでチェックしていたレトロな洋館の「明治の館」でごはんを食べた。参拝順路と少し離れたところにレストランがいくつかならんでいた。連休の最中とは思えないほどの静かな庭で、30分待ちもまったく気にならなかった。時間の関係で、東照宮も少し端折った部分もあるし、輪王寺の三仏堂は行ったが、大猷院や二荒山神社には行けなかった。
 私は、以前同人誌即売会で買った阿素湖素子さんの『ニコニコ日光 世界遺産の旅』を読み返して予習していった。阿素湖さんが泊まったという老舗旅館の金谷ホテルも駅からの道沿いにみえていた。
また人が少ないときに、1泊して、大人だけで(ここがポイント)来てみたいなあ。

2007年5月 7日 (月)

みなとみらい区は変容する

 4月から持ち越しのネタもあるが、5月3〜5日に関東方面に行ってきたので、記憶鮮明なうちにそのネタを先に出しておきたい。やや長文になりそうなので、3分割してUPすることにした。

 3日は、品川駅で新幹線を降りた後、京浜東北線で桜木町駅へ。横浜のみなとみらい区は、1992年の「HAMACON」、2000年の「Zero−CON」で来たので(SF大会の時しか来ないのか!)、7年ぶりになる。駅を降りたら景観がまったく変わっていて、ずいぶんこぎれいになっていた。
ランドマークタワーがやけに近く見えて、見通しがよくなって赤煉瓦倉庫のあたりまで見渡せる。
 初めて来たときは、ランドマークタワーも造りかけで、あちこちに空き地があって、ケチって馬車道あたりの安いホテルをとったせいでもあるが、パシフィコまでやたらえんえんと何回も歩いて往復した記憶がある。あの頃にくらべるとまったく未来都市だ。7年前はランドマークタワーや横浜美術館はできていたが、子連れだったのでフンパツして会場のすぐとなりの白スイカ……もといヨコハマグランドインターコンチネンタルに泊まったのであまり近辺をうろつかなかった。
 今回は、イベントに関係ない子連れの半日観光だが、夏のワールドコンに備えて土地カンの予習もかねている。しょっぱなから、ワールドコン用に予約していたブリーズベイホテルの位置を勘違いしていたことが判明した。JR桜木町駅のすぐ横で、「なんだ、あのキラキラしたビョーブのような建物は」と思いながら、その前を通ってSF大会会場に行った記憶があるのだが、駅の前を探しても見あたらない! 周辺図をみると野毛山公園側にあった。やっぱり15年前の記憶はあいまいだ。
 そのあと、「三菱みなとみらい技術館」に行く。宇宙・海洋・交通・環境などジャンル別の展示がされていて、あちこちに体験やクイズや解説の端末がある。コンピュータで船や飛行機の設計ができる体験コーナーなどもある。そのうえ、一般300円、小学生100円という良心的な値段なのだが、外の人群れに比してあまり混んでなく、まったりとしていた。体験も解説もけっこうむつかしく、小学生以上向きのせいかもしれない。幼児ウケがしないのだ。しかし、小さいながらも3Dシアターがあって、1時過ぎに入ったら4時50分の回しかとれなかった。再入場可能とのことなので、一度館外に出て、電車の中から見えた「アンパンマンこどもミュージアム」というのに行ってみたが、3時間待ち行列を目にしてあえなく撃沈。あとで、周辺案内をみると4月20日にオープンしたばっかりの施設のようだ。帰りがけにランドマークタワーに登ってきた。
 帰りは、新しくつながったみなとみらい線経由京急線で品川に帰ってきた。

2007年5月 6日 (日)

試行! モブログ!!

4月2日から、モブログが開始され、ケータイから書き込みや閲覧ができるようになったらしい。で、このように試し書きをしている。たが、もともと私のブログは即時性がないうえ、ある程度長文なので、ケータイ書きはしんきくさくて非効率的だ。あまり使わない気がする。ココログって、けっこう長文ブログがおおくないか? mixiはときどき使っているが、性格を違えてるしなあ。ココログはサイト内検索ができるようになったり、月別がいつのまにか10カ月以上表示できるようになったり(知り合いに教えてもらうまで知らんかったよう!)、いろいろとこっそり便利になっていくのはいいのだが、それより早くMACでココログの編集機能が100%使えるようになってくれい!!

2007年5月 3日 (木)

COMITIA80に参加します

 いかん、いかん、また沈没していて、告知がギリギリになってしまった。あと数時間で新幹線に乗らなければ。原稿をねかせておく時間もない。
 今年のGW期間は巷では4月28日(土)から5月6日(日)のようだが(数えてみると9日間! すごいなあ……信じられない!!)、その中で私の休日は4月29日とこの5月3〜5日である。
29日は実家の年忌に行ったので、あまり休んだ気がしなかった。あとは、この3連休だが、来年から祝日も交代勤務になるというウワサが流れているので、連休になるのも今年で最後かもしれないと思ったら、やっぱり遠出を企画してしまった。家でゆっくりするどころか、かたづけるヒマもない。いいのか、これで!? ……自業自得。
 さて、今回は、初めてタクヤ(小2)と二人で出かけることにした。思わずキッズケータイを買おうかと考えたが、忙しさに取り紛れて購入する機会を逸してしまった。サトル(中3)は受験生(いちおう)なんだから、ちっとぐらいは勉強するフリでもしてみろというところだが、だいたい、下の子は上の子より、なかなかあちこちに連れて行ってあげられてないので、これで少しは均しておくか。
 というわけで、まず5月5日のCOMITIAに申込み、2ヶ月前に宿を確保、3週間ほど前にエクスプレス予約で往復の新幹線確保。1ヶ月前にすぐに予約をかけなかったら、E・Dの2人席が確保できなくて、A・B・Cの3人席の2人分になってしまった。さすがGW! その後に、COMITIAのサークル参加が確定して、準備完了。……って、予定はそれだけかい!? 今回はおちつきのない小学2年と二人なのであまり気張れないので、深く考えていなかったのだ。しかし、たまたま同じ時期に同じ方向に行く友人がいたので、現地で落ち合って、4日は日光に行くことにした。何回も東京に行っているのに、あまりちゃんとした観光地って行ってないもんで、初めてだ。特急で2時間ほどかかるので、チケットも確保した。これで、雨降っても行くぞ。3日は、そうだなあ、夏のワールドコンの周辺でも偵察してくるか。(しかし、TVによると、みなとみらい地区はけっこうな人出らしい)
 ……というわけで、タイトルの本題。創作系同人誌即売会「COMITIA80」は、5日に東京ビッグサイトの東1/2ホールで開催される。初の2ホール開催で、「米澤嘉博を語る」公開トークショー(共催:日本マンガ学会)やおなじみ出張編集部や、豆本企画などのジャンル別サークル合同企画など、会場内企画もいろいろある。私はあまり出歩けないのが残念だが、来場してソンはないぐらい盛りだくさんな内容だ。
 あ、最後になりましたが、「工房しのわずりぃ」のスペースは、あ38aの子連れサークルエリアです。COMITIA参加は1年ぶりなので、いちおう『ライブラリー・シンドローム 2000-2005』は、新刊扱いになります。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »