2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ブログがホームページを超える日 | トップページ | COMITIA80に参加します »

2007年4月18日 (水)

『あなたの町の生きているか死んでいるかわからない店探訪します』

 菅野 彰(すがの あきら)文、立花実枝子 絵 (新書館)
 この本を書店で見つけてから、行くたびに4回手にとって、迷ってやめた。マンガの処に置いてあったのだが、エッセイコミックというには活字が多いし、ネタが東京に偏ってるし(が、店に行くのはちょっとコワい)、特別好きな著者でもなかったし…… でも、やっぱり気になって気になって気になってしかたないので5回目にしてついに買った。
 他に類を見ない凄い本だ(^_^;)。これって、ショーゲキ的なタイトルと企画力の勝利か!? エッセイコミック雑誌の季刊「ウンポコ」(『暴れん坊本屋さん』が載ってた雑誌だな)に1年半にわたって連載していたらしい。いろいろなスジからよせられた情報をもとに、1回に2つの店を探訪し、生きているか死んでいるか判定するのだ。生きている店は実名で、死んでいる店は仮名で書かれている。なかなかすごい店がならんでいる。下しても吐いてもがんばる、体をはった体験レポートである。
 ただ、残念なことは、読んでいくと、文章とマンガのページ配分があわないのだ。文章の箇所とマンガの部分がビミョ〜にずれている。文章がそのまま続くので、読み終わってからページをさかのぼってマンガを読むことがしばしばある。京極夏彦ではないが、ページをめくる部分では句点(。)でとめるとか、ページレイアウトを文と絵が同時に楽しめるような工夫をしてほしかった。

« ブログがホームページを超える日 | トップページ | COMITIA80に参加します »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/14756484

この記事へのトラックバック一覧です: 『あなたの町の生きているか死んでいるかわからない店探訪します』:

« ブログがホームページを超える日 | トップページ | COMITIA80に参加します »