2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「Nippon2007」プログレスレポート4号 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »

2007年2月14日 (水)

同人誌いろいろ

 おくればせ、大晦日のコミケと1月のコミックシティで買ってきた同人誌をひととおり読み終わったので、いくつか紹介をしたい。

『チベット旅行記』 CAT著 (マタタビMIX)
南米やら南極やら物好きな辺境ばかり行ってるCATさんの旅行記マンガは私も大好きで愛読している。絵もきれいで、本の作りも凝っていて、タメにもなる。今回は私も惹かれていたチベットだ。チベットといえば、高山病対策。ダイアモックスという高山病の薬や血中酸素濃度の計測器のことなど初めて知った。

『竜宮Ⅲ』 時枝理子著 (TIMES)
こちらも永年のファン。絵もきれいで、本の作りも凝っていて(同じホメ方ですみません(^_^;)、結婚しても、お子さんができても精力的に描いている。尊敬します。長く描いていたグレイシリーズを完結させて、次の新シリーズがこちら。作者お得意のファンタジィだが、主人公たちがけっこうアクティヴ。時枝さんの子育て日記「ちびちび」シリーズもかわいいぞ。

『IMAGERY』 荻原征弥著 (FUKURO・KOUJI)
荻原さんの本は、同人誌も商業出版もほぼ全部持っている。……と思っていたら、新紀元社刊『ファンタジーノベルズガイド』にイラストを描いていたとは知らなかった。そのイラストの再録本である。おそらく、『ファンタジーノベルズガイド』は複数のイラストレーターが描いていて、奥付には名前が載っていなかったんじゃないだろうか。やや硬い絵だが、とてもていねいで美しい。ペン画もよいが、カラーもため息がでる。

『蝉丸 竜ガ謡ウ』 佐藤 美絵著 (不夜宮と花喰舎)
ほとんどコミケしかお会いしないので、買ったり買わなかったりなのだが、こちらも本づくりが丁寧。
この本は、珍しい横長の本。ペン画以外に、切り絵もされていて、白と黒のコントラストが鮮やかで、とても細やかなである。漫画というより詩画集のようだ。最近商業出版の小説の表紙のイラスト(切り絵)のしごとをしたりもしている。

『COMIKET PRESS 25号』 (コミックマーケット準備会)
『COMIKET PRESS』は、次回の申込書セットを購入すると、もれなく付いてくるのだが、今回は緊急特集として、「追悼 米沢嘉博」を組んでいた。(もちろん単独でも購入できる)
みなもと太郎や夏目房之助、ささやななえこ等、昔から親交のある人たちが文章と絵を寄せている。
そのつきあいの広さと長さに、米沢さんの人柄がみえるようだ。

« 「Nippon2007」プログレスレポート4号 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/13907713

この記事へのトラックバック一覧です: 同人誌いろいろ:

« 「Nippon2007」プログレスレポート4号 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »