2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 小説『ラスト・ドッグ』 | トップページ | エッセイコミック『中国の骨は1本少ない』 »

2007年2月 7日 (水)

小説『レインツリーの国』

 『レインツリーの国』有川 浩著(新潮社)
 昔読んだ本の感想から始まったメール交換。「伸」は、ネット上で出会った「ひとみ」に一度会いたいと伝えても、彼女はなかなか承諾してくれなかった。
 中途失聴および難聴(作者はここで聾と使い分けている)の「ひとみ」と関西弁もあざやかな(?)「伸」の青春ラブストーリー。青春……というには、ふたりともしっかり社会人でトシをくってるのだが、「青春菌」(本文中の表現)が満載なのだ。だから、あえてヤングアダルト本だといわせてもらおう。
 これの直前に読んだのが、一昨日のブログネタの『ラスト・ドッグ』で、印象が正反対なかんじでつい比べてしまった。この話には諸手をあげて「いい人」「かっこいい人」はいないけど、紆余曲折悩みながら欠点もありながら、心情がとてもとらえやすく、共感を呼ぶのだ。読後感もいい。二人の将来の困難さも予見させて、決して大団円のハッピーエンドではないが、「ラスト・ドッグ」のような苦々しさはない。軽くはないライトノベルだが、これは日本とアメリカの差? それとも作者によるのか?
 この小説は、『図書館内乱』の1エピソードにリンクしている。それをネタにした「あとがき」も相当おもしろい。

« 小説『ラスト・ドッグ』 | トップページ | エッセイコミック『中国の骨は1本少ない』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/13817750

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『レインツリーの国』:

« 小説『ラスト・ドッグ』 | トップページ | エッセイコミック『中国の骨は1本少ない』 »