2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 生ゴミ処理機がやってきた | トップページ | 小説『ラスト・ドッグ』 »

2007年2月 1日 (木)

「国民の休日」は日曜日には消滅する

 先日、友人の日記のコメントに入れたのだが、誰も知らなかったので、ここであらためて記しておきたい。5月4日が、「国民の休日」になって10数年。実は、5月4日が日曜日ならば、それはただの日曜日で、「国民の休日」ではなくなるのだ。カレンダーにも日曜日の年は、「国民の休日」という言葉は消えている。多くの人が「休みにはかわらないじゃん」と思っていたから、ほとんどの人がこれに気がついていなかったのだろう。
 私のオモテ稼業では、大いにローテーションに問題がある。うちの職場は祝日は休みだが、日曜日は開館するのだ。「国民の休日」なら、みんなそろって公休がとれるが、フツーの日曜日だと出勤のローテを組まなければならない。確実な3連休というのが、この5月3、4、5日と年末年始しかないので、4日が日曜日の年はちょっとくやしい想いをした。
 さて、今年から、4月29日「昭和の日」、5月4日が「みどりの日」になって、めでたく4日は消滅しない祝日扱いになった。……と思ったら、祝日も開館するという話が進んでいる。現場の人数も減りつつあるし、ますます連休取得はほど遠い。通常でも2連休が月に2回あれば御の字だ。
 そもそも、この「国民の休日」といい、「ハッピーマンデー」といい、土日が確実に休みの人にメリットのある法制である。土日完全休日職場とそうでない職場の差がますます開いていくではないか。「そんな職につかなきゃいいじゃん」といわれればそれまでだが、それでいいのか、日本!?

« 生ゴミ処理機がやってきた | トップページ | 小説『ラスト・ドッグ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/13737877

この記事へのトラックバック一覧です: 「国民の休日」は日曜日には消滅する:

« 生ゴミ処理機がやってきた | トップページ | 小説『ラスト・ドッグ』 »