2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

生ゴミ処理機がやってきた

 私の住んでいる自治体では、昨年10月からゴミ袋が指定有料ゴミ袋になった。他の自治体に住んでいる人にいうと軒並み「高い〜!」と言われるのだが、普通ゴミの45Lで45円、30Lで30円といったふうで4種類、あと資源ゴミ(ペットボトルや空き缶)用にそのほぼ半額の袋が4種類。
 それとともに、「生ゴミ処理機を購入すると、半額助成します」という事業があった。生ゴミ処理機は最近は室内にもおける小型のものも出ていて、量も4分の1以下になるらしい。そのまま土に混ぜてプランターなどにも使えるらしい。うちもだんだん食べ物の消耗が多くなってきたので、それもいいかもと思って応募してみた。8月・9月・11月・12月と4回に分けて抽選があった。途中、地元新聞の記事になるほど、思ったよりも多くの応募があり、けっこうな倍率になったらしい。私も9月分には抽選漏れになったが、はずれたら後の抽選にそのまま継続されるとのことで、忘れた頃の12月下旬の「当選しました」という通知が届いた。
 だが、助成を受けるためには、1月末までに、本体を購入して、所定の事項を書いた領収書をもらって、保証書をコピーして、家族全部の住民票(市内在住の確認と2重申請とかを防止するためらしい)をとってきて、申請書といっしょに提出しまければならない。……年末って実はとってもいそがしかったのよ。年始も買いに行ける日が限られているのに、大型スーパーに行けば、カレンダーに都合でメーカーへの確認が9日以降でないとわからないらしい。(というのは、店頭にまったく在庫がなかったのだ) けっこうキツい日程だ。
 結局〆切までに3週間をきった12日に買いに行った。地元が本店の電気屋だったせいか、応募用紙は店頭に常備、領収書の書き方もお手のもの、在庫はなかったが先発注していたものが○日にはいるからと充分間に合いますよと、ずいぶん手慣れたものだった。
 ということで、20日に生ゴミ処理機が我が家にやってきた。市役所の助成対象機器のリストにはけっこう種類があったが、どの店も店頭には3〜4種類しか置いていない。店で聞いていちばん売れセンの室内式の乾燥式のものにした。生ゴミ処理機は乾燥式とバイオ式があって、乾燥式の方が少量向き、だが、バイオ式より電気代がかかるとのこと。バイオ式はバイオチップを定期的に投入すればゴミを食ってくれる分、電気代はあまりかからないらしい。
 冬は、お鍋とみかんの時期であるので、わりと野菜クズも多い。さっそく試運転をしてみる。たしかにパリパリになる。作動中の音もニオイもまあぜんぜんしないわけではないが、こんなものか。でも、電気代とゴミ袋代を考えるとどっこいどっこいってかんじ。経済効果よりも、環境衛生の向上に協力していると考えたほうがいい。

2007年1月30日 (火)

マンガ『妖精国の騎士』54巻 21年目の完結!

 中山星香の『妖精国(アルフヘイム)の騎士』(秋田書店)が、ついに完結した。
1986年9月号開始から2006年10月号最終回まで、中断もなく、ノンストップ連載。いや〜すごいです。前にも書いたような気がするが、心身とも健康でないと、この情熱の持続は難しいよなあ。ストーリー半ばで中断して、読み手が消化不良をおこしている作品がいくつあるか……、アレでしょ、コレでしょ……、ああ、キリがない。
 ストーリーは想像したとおりの大団円だか、これから後日談が4本用意されているらしい。こういうハイファンタジーはこの20年間にけっこう増えたが、やはり一歩先んじた年季を感じてしまう。これからも自分の世界をつっぱしってほしい。

2007年1月29日 (月)

DSゲット!

 1月15日のブログに書いたDS本体だが、去る27日の土曜日に父ちゃんが某電気店で手に入れてきた。その店では、DSやWiiは入荷しても店頭に出さず、カウンターに表示があるだけで、それがず〜〜〜〜っと「品切れ」状態だった。が、その日別件で立ち寄ったところ、カウンターの表示がひっそりと「入荷」になっていたらしい。「まだ、あるの?」と聞いたら、「ありますよ」とのことで、第2希望のネイビー色を買ってきた。(第1希望の黒は売り切れだったらしい) レジで手続きしている間に、ふと後ろをみると、列ができていた。みんな、入荷しているのに気がつかなかったのか。
 探していた当の本人(サトル)は、友だちの家に遊びにいって、それから塾にいって、夜に帰ってきて、やっとこの朗報にめぐりあえた。だが、タクヤのお年玉と折半したので、約束どおりちゃんといっしょに使わなきゃならないぞ。
 3月ごろまで無理かもとひそかに思っていたが、1ヶ月で出回ったのは、早いほうか? しかし、まだ品薄状態が続きそうだ。

2007年1月19日 (金)

映画『デスノート 後編 The last name』

 日に2回の上映になっていたけれど、けっこう長くかかっているので、年末の水曜日に観に行ってきた。もうあまり混んでいないだろうと思ったのに、レディースディのせいもあってか、15分前に着いたら、前3列と一番後ろの席しか残っていなかった。
 前編は、後編が映画館にかかる前にTVでやってたので、それで観た。……というような姿勢でわかるように、まったく期待せずに観に行ったのだ。有名なマンガの実写化というのは、アニメ化以上に失望することが多い。ましてや、ストーリーを変えていたりすると、原作よりよくなった例はまずない。……と思ってしまうのは、きっと大昔にNHKで観た『11人いる!』の実写版のトラウマがあるせいかもしれない(^_^;) でも、『ブラック・ジャック』も笑えたし、『動物のお医者さん』もイマイチだったし……(漆原教授はなかなかよかったが)
 しかし、今回は前言撤回! これは、思った以上によかった。話のまとめ方としては、原作以上かも!?と思ってしまった。原作は原作でいいのだが、どうしてもLが死ぬまでの第1部とその後の第2部でストーリーが分断してしまう。そして、月とLの絡みがある第1部の方がやっぱり萌えるのだ(^_^;) 第1部の萌えを維持したまま、ストーリーに破綻なく、ラストまで持っていってるのだ。約2時間半のけっこう長尺なのに、たるみがなく、緊迫感に笑いを交えて、飽きずに観きることが出来る。それにこの結末はこれはこれでいいかも。
 それに、あちこちで言われているけれど、松山ケンイチ=Lが秀逸! いや〜、よく役作りしている。観ていて楽しい。ミサミサ役の子もなかなかいい。死に神のリュークは前編で観たとき、「ちょっとサイズが小さくないか?」と思ったけれど、後編では違和感がなかった。その他もキャラも出来るだけ原作イメージを近づけようとしているのが感じられた。

2007年1月17日 (水)

24時間後のびっくり

 約24時間のココログメンテナンスが終わった。
17日に新しい記事をUPしようとして、「あ!」っと気がついた。

「あ、編集アイコンが表示されている!」(これは太字)
「へえ、これはどうなるんだろう?」(これは斜体だが、UPしてみるとナナメになってないね)
「これはどうかな?」(これはアンダーライン)
「こんなこともできるのか」(これは取消線)
あ、リンクも挿入できるのか。ためしに「工房しのわずりぃ」へリンク。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/n-shino5/

このように、引用文にもできるそうだ。

WINの人には「それがどうした?!」といわれそうだが、MACでは上記にような芸当がまったくできなかったのだ。
もちろん、ちゃんとHTMLを使ってテキストで書き込めばできるのだろうが、ベンキョーから始めなくてはならないので、正直めんどい。
しかし、まだ字を大きくしたり、箇条書きにしたり、色を変えたりは、まだできないようだ。
1年以上前、ココログを始める時に買ったアンチョコ本には、もっとたくさんの編集アイコンの説明があるぞ。
ちなみに今使っているブラウザは、Safariである。
ココログの推奨はIE6なのだが、MACではIEは5.2までしか出ていないのだ。
(あとで、ココログの推奨環境を確認したら、Safariでの動作確認も現在は行っているようだ。完全な対応はできていないようだが) がんばってMACもフォローしてくれ!  そしたらどこかに乗り換えようかなどとは考えないでおくぞ。

いつもは、ワードで原稿をつくって、編集画面にコピー&ペーストしているのだが、これは編集画面に直書きしている。

映画『パプリカ』

 夢も中に入り込み、治療を行う美少女パプリカ。それは、精神医療研究所の研究員・千葉敦子が極秘のセラピーを行う時のコードネーム。そして、他人の夢を共有できるようになるという開発中の治療マシン「DCミニ」が盗まれるという事件が発生する。
 京都のみなみ会館の会員になったので、月曜日に会員価格で、今敏監督・筒井康隆原作の『パプリカ』を観てきた。以前、予告を観たときおもしろそうかなと思ったのと、意外とロングランでかかっていたし、竹熊健太郎さんのブログでホメていたので……
 原作は筒井康隆で、原作は読んでいないが、それらしいストーリーで、映画としてもまとまっている。なによりもすごいといわれているのは、映像表現の妙だ。凝り性だね。脇役で監督と原作者がペアで声をアテているようなお遊びも忘れていない。評価が高いのも、まあわかる。
 ここで、絶賛できなのは、もう好みの問題というしかない。映像はすごく凝っているので、「ああ、すごいね」とは思うが、「いいね」とは思えないのは、美しさが感じられないせいか。人物像のむさくるしさや不細工さも含めて、実写に近い「リアル」と評価するなら、もう少しリアルでなくていいから、美しいほうがいいなあ。パプリカは美少女にはちがいないかもしれないが、あまり色気が感じられない。つまり、あまり惹かれるキャラクターがないのだ。
 人物の作画としては現実的でリアルだけれども、夢をテーマにしているので、画像としてはシュールで幻想的なイメージであふれている。ここらへんは、たしかにとっても「すごい」のだが、こればかりが突出してウリになってるような気がして、作品として「すごい、よかった」と思えなくなる。。
 それと、この監督の作品は今回初めてみたけれど、映像的に大友克洋の影響を感じた。パンフレットをみたら、けっこう関係が深かったのねと納得した。『ワールド・アパートメント・ホラー』(大友克洋の監督作品の映画)の漫画化、『老人Z』(大友克洋原作のアニメ)の美術設定を手がけている。パンフには書いていなかったが、七福神や人形のパレードは、『AKIRA』のグロテスクな子ども部屋でオモチャが動き出す場面をホーフツさせた。他の作品を観ていないので、決めつけるのもよくないが。

2007年1月15日 (月)

DSはどこに!?

 正月は、子どもにとって一にも二にもお年玉! うちの二人も田舎に行って、おばあちゃんを皮切りにみなさんにいただいてごきげんだった。最近はスーパーも百貨店も、お年玉成金のために、元旦から開いている。さっそくおっちゃん(私の弟)に車で大型スーパーに連れて行ってもらった。
 タクヤ(小1)は、轟轟戦隊ボウケンジャーの「冒険携帯アクセルラー」をGETしてご満悦。サトル(中2)は、いままでガンプラ一筋だったのに、なにを血迷ったか急にニンテンドーのDSに目覚めた。(ゲームボーイは持っていたが) しかし、そこでは本体は売り切れていたので、お目当てのゲームソフトだけ買った。「タッくんもDSやってみたいよね〜 DSは二人で買おうね」といたいけな小学1年生をだまくらかして、本体用の軍資金は折半でキープしていた。買ったら、ガマンのできない小学生に独占されるのがオチだろうに。最近、タクヤもお兄ちゃんのゲームボーイができるようになって、しょっちゅう「ゲーム、かして」といっては、2階の部屋で一生懸命腕をみがいているのだ。
 しかし、京都に戻ってきた後、何処を捜しても、DS本体がない!! 売り切れで入荷未定、「予約は受け付けません」 ……そんなに品薄だったのか。あまりゲーム市場の状況に詳しくなかったので、ちょっとびっくりした。もうだいたいほしい人は持っていて、Wiiが出たから人気はそっちに移っていると思っていたのに。ネットの方でも、ほとんど完売状態だ。ゲーム3個抱き合わせで3万円とか、オークションで本体のみなのに2万いくらというのなら少しは残っているが、身の程を知って、そんなもんに手を出すんじゃない。まあ。クリスマスとお年玉戦線で、供給より需要が格段に上回ったのだから、その直後の時期いちばん手に入りにくいんだろう。「もう少しまったら、また入荷するんじゃない?」と言っているが、本人は未練がましく、あちこちのぞいている。さあ、サトルが本体を手に入れて、お年玉で買ったゲームを出来るのはいったいいつのことだ!?

2007年1月12日 (金)

「コミックマーケット 71」

 去る12月29日〜31日に、東京ビッグサイトで「コミックマーケット 71」が開催された。今回はじめての大晦日開催である。たまたま年末30日まで仕事があったので、31日に創作系が配置されたのは、私的には結果オーライだったが、やはり世間一般には(とくに家庭持ちや毎年帰省の予定のある人には)31日はちと日程的にツラいものがある。私の知り合いも何人かも軒並み30日で帰ってしまった。店子の助っ人も今回おらず。しかし、スペースに寄ってくれたSF者さんが30分ほど店子をしてくれたので、ザザッと会場前に目をつけていたサークルさんのお買い物もできた。ありがたいことである。(創作系は列になっているところがほとんどない)
 いつも創作(少女)系は両脇を男の煩悩に挟まれた緩衝地帯になっているのだが、今回は西館の片翼に配置されて、そこだけすごくまったりとした空間だった。私のサークルはもともとぼちぼちだが、知り合いも初めての方もほどほどにお立ち寄りいただき、青森から来たお隣のサークルさんともお話できて、楽しい時間を過ごせた。しかし!寒い! 私のスペースはホールの中間あたりでまだマシだったが、シャッター近くのサークルさんにはもろ外の冷気が差し込んでいる。ここで6時間はちょっとツライだろうなあ。 
 こころなしか、全体の人出も(コミケにしては)やや少なめだったような気がする。(東館の様子はわからないが) 帰りの東京駅バスも立ち乗り列にならんだら、2台見送っただけで乗れた。りんかい線やゆりかもめが延伸したせいかもしれない。バス列に並んでいる間に、米澤さんへの黙祷の放送があったので、させていただいた。

2007年1月 5日 (金)

DVDBOX『機動戦士ガンダム』

 12月24日は、クリスマス・イブだろうが、日曜出勤だった。
 帰ってきたら、生協でたのんだクリスマスケーキが届いていて、父ちゃんが買ってきたファーストガンダムDVDBOXを観ていた。初回限定版でフィギュアが付いているやつらしい。
 ファーストガンダムのTV放送は、たしか夕方5時台で、その頃はビデオも普及していなくて、5時台に帰れることなんてまれで、ほとんど観られなかった。しかし、何度か再放送をしていたように思う。なので、TV版を順番に全部みたわけではなく、後の映画版やいろいろな考察本などで一応の知識はあったものの、今回初めてゆっくりTV版を観ることができた。
 有名どころのセリフは、だいたい出てくるところがわかっているので、「出るぞ、出るぞ……」出た−−−−−\(^O^)/……ってなわけで、楽しい。クサいセリフ連発!!! いいなあ、何回聞いてもウケるぞ。「親父にも殴られたことないのに」「この軟弱者!」「認めたくないものだな、若さゆえの過ちとは」「できるようになったな」「ぼうやだからさ」……挙げればキリがない。
 今観れば、画面は粗いし、ストーリーもやや強引な部分もあるけれど、やっぱり25年以上を生きぬいてきた魅力がある。

2007年1月 4日 (木)

「サツキとメイの家」観覧予約券当選

 11月28日のブログに観覧予約券当選と書いた「サツキとメイの家」に、クリスマス前の12月23日のさむ〜い祝日に行ってきた。
 「サツキとメイの家」は、愛・地球博記念公園、通称モリコロパークにある。すっかり行き方を忘れていたので、HPで調べたら、2つ方法があった。ひとつは名古屋駅からJRで中央線に乗り継ぎ、高蔵寺駅で愛知環状鉄道に乗り換え、八草駅でリニモに乗り換える方法。二つめは、名古屋駅から地下鉄で藤が丘駅でリニモに乗り換える方法。なぜか、2つめのルートは目安時間が書いてあるのに、1つめのルートは時間が書いていない。しかし、八草という駅名に記憶があったので、きっと夏は1つめのルートでいったんだろうとふんで、行きは八草まわりで行くことにした。……失敗した。高蔵寺駅で乗り換えに30分近く待たされ、受付時間のギリギリ5分前に到着した。おまけに名古屋からの交通費はこっちの方が高かった。帰りは2つめのルートで帰った。しかし、リニモの空いていること、採算は大丈夫か?!
 「愛・地球博」の跡地は広大な空地になっていた。オープンしているのは、まだ面積にするとごく一部で、まだまだあちこちでブルドーザーやパワーシャベルが造成作業をしている。その中を、「サツキとメイの家」に行くバスが通っていく。
 私たちのタイムテーブルは、12時15分まで受付、12時30分バス出発、1時〜1時30分内覧・外覧、あとは自由行動で30分ごとに帰りのバスが出る。バス出発後、もと稲荷山バス停があったところが待合い場所になって説明やトイレをすませた後時間調整をする。班は、A・Bに別れていて、15分で内覧と外覧が入れ替わる。家の方は、スタッフが何人もはりついていて、親切で人当たりはよいが、マニュアルがきっちり決まっているってかんじ。
 家は、昭和30年代の暮らしというコンセプトをリアルに凝って創ってある。内覧は「引き出しや戸棚もサツキちゃんのカバンの中もご自由にみてください」ということで、そんなに広くはないが、なかなか楽しい。ただし、2階やお父さんの書斎など一部入れない場所もある。中は撮影禁止だが、外覧の時は写真・ビデオOKだ。
 昼食は少し遅めに、愛知県児童総合センターのオーガニック・レストランですませた。

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年

07nenga
 明けましておめでとうございます。
昨年中はいろいろお世話になりました。
今年もボツボツ更新していきますので、気長におつきあいくださいませ。
はじめて、ココログで写真を載せてみました。
でも、ブログの方針としては、ある程度まとまった文章中心です。
今後ともよろしくおねがいします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »