2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« いろいろ更新しました | トップページ | アクシデントその2:実はねんざじゃなかった »

2006年12月11日 (月)

アクシデントその1:アタマジラミ野郎

 小学校から「タクヤくんにアタマジラミがついていますので、おうちで駆除してください」という旨の連絡がきた。ときどき集団発生するらしく、定期的に点検しているらしい。
 家でさっそくグルーミングしてみると、たしかに耳のうしろあたりの毛の根元にタマゴらしきのを発見! 小学校からの指示通りに、薬局で「アタマジラミ用のシャンプーください〜」というと、お店の人がサッとだしてくれた。商品名「スミスリン」、発売元は「大日本除虫菊」! ……そうか、蚊取り線香と同じか。フツー「どれにしますか?」と複数商品がでてきそうなのに、それしかでてこないというのは、これはもう独占企業状態なのかも。しかし、高いぞ! 2700円!! それも、「家族全員でシャンプーしてください」というので、4人で使ったら、半分なくなった。毎日やるもんじゃなくて、3日に1回で続けるもんらしいが、ジャンプーだと思ったら割高、クスリだと思ったらこんなもんか。
 すき櫛が付いていて、目が細かいのか、すくと気持ちがいい。タクヤ(小1)のアタマから成虫が2ヒキほどひっかかった。「ふ〜ん、これがアタマジラミか」とみんなでしげしげとながめた。サトル(中2)が小学校の頃はつかなかったので、みんなみるのが初めてだ。大人の方にはみつからなかったし、2回目以降はもったいないので子どもだけシャンプーした。それでも、3本使用した。タマゴはもう死んでいるのかもしれないが、なかなかとれない。一番早いのは、散髪屋さんに行って丸坊主にしてもらえば一発なのに、本人が「丸坊主はイヤ〜」とのたまうので、首筋や耳の後ろを刈り上げてもらった。なかなか似合うぞ。

« いろいろ更新しました | トップページ | アクシデントその2:実はねんざじゃなかった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/13028089

この記事へのトラックバック一覧です: アクシデントその1:アタマジラミ野郎:

» 頭しらみのサイト [頭しらみのサイト 頭しらみの情報がいっぱい!!]
頭しらみについて考えている方のサイトです。 少しでも役に立てたらいいと思います。 [続きを読む]

» スミスリン [頭しらみを徹底駆除]
「スミスリン」に関する記事を書きましたので、TBさせていただきました。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]

» 頭しらみ オーストラリア 駆除 グッズ [頭しらみ 治療110番]
頭しらみ オーストラリア 駆除 グッズ頭しらみ の 駆除 方法として一般的な スミスリン シャンプーに対して、子供の健康を損ねると警鐘をならしてきました。 [続きを読む]

« いろいろ更新しました | トップページ | アクシデントその2:実はねんざじゃなかった »