2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アクシデントその2:実はねんざじゃなかった | トップページ | 小説『日本沈没 第2部』 »

2006年12月13日 (水)

マンガ『インド夫婦茶碗』 第8巻

 『インド夫婦茶碗』第8巻 流水りんこ著 ぶんか社
 サトルも楽しみに読んでいるまんが家りんこさんとインド人サッシー一家の日常マンガも、早8巻目。アシタくんもアルナちゃんも大きくなったねえ。しかし、アシタくんのプラモデルへの入れ込み方といい、けん玉へののめり込み方といい、ペンギンぬいぐるみへの愛情の示し方といい……将来オタクに……いや、大物になりそう。
 全体的にだんだん日本化されてきたような気もする。サッシーって、インド人らしいところもあるけれど、ヘンに日本人っぽいところもあるのよね。(あ、つい、おネエことば) いつか、練馬のサッシーのお店に行ってみたいなあ。

« アクシデントその2:実はねんざじゃなかった | トップページ | 小説『日本沈没 第2部』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/13048153

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『インド夫婦茶碗』 第8巻:

« アクシデントその2:実はねんざじゃなかった | トップページ | 小説『日本沈没 第2部』 »