2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「サツキとメイの家」観覧予約券当選 | トップページ | 大晦日コミケに出陣予定 »

2006年11月23日 (木)

小説『NO.6 #5』

 『NO.6 #5』 あさのあつこ著 (講談社)
 あさのあつこのディストピアSFの新刊が出た。
第4巻と少し間があいてしまった感のある第5巻だが、まだまだナゾはのこされたままの中途って感じだ。この巻では紫苑の友人・沙布が連れて行かれた矯正施設に、紫苑とネズミが潜入するくだりがメインだが、それほどストーリーは進んでいない。ちょっと失速感がある。
 しかし、あいかわらず心理描写がうまい。特にネズミのきりきりと痛む切なさがたまらない。紫苑とネズミの関係は、腐女子のかっこうのネタになりそうにアヤシい(^_^;)。
 この人の小説はとても視覚的だ。『バッテリー』もマンガになったり、実写映画になったりといろいろ展開しているが、この小説もメディアミックスをやりやすそうだ。第5感はちょっと人死にが多いのだが、まあ、血みどろの『ダレンシャン』だってマンガになってるし……

« 「サツキとメイの家」観覧予約券当選 | トップページ | 大晦日コミケに出陣予定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/12792622

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『NO.6 #5』:

« 「サツキとメイの家」観覧予約券当選 | トップページ | 大晦日コミケに出陣予定 »