2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« マンガ『暴れん坊本屋さん』第3巻 | トップページ | 「アドベンチャーランド中竜(なかたつ)」が営業を終了 »

2006年11月14日 (火)

『小松左京マガジン 第24巻』

 ここんところハードだったので、私の読書時間の通勤電車内でも眠気が優先されて、寝てばっかり。すると、定期購読の雑誌がどんどんたまってきたので、しばらくせっせと雑誌を消化した。
 それで、1冊目。『小松左京マガジン 第24巻』 これで、定期購読の期間が終わるので、継続申し込みしなきゃ。
 前号でイチオシだった、オックスフォード大学生理学研究室研究員・医学博士の下村健寿さんの「ジャパン・シンクス!」の続きが載っていた。今回のテーマは「「日本沈没」と「復活の日」の海外宣伝戦略とメディアの反応」。今回も詳細で、わかりやすく、ディープで読んでいて感心するばかり。今も海外でデータ収集にはげんでいるのだろうか。ひそかにファンになりそう。来年のワールドコンに来てくれないかなあ。
 今年行けなかった「日本SF大会・ずんこん」で行われた対談「映画「日本沈没」リメイクの裏物語」が巻頭で載っていた、小松先生、樋口真嗣監督の対談に司会が堺三保。同じ頃、東京のロフトで行われた「「日本沈没」をめぐる果てしなきトークショー」というイベントの実況も載っていた。さすが東京で、小松先生他、谷甲州、笹本祐一、松浦晋也、樋口監督、乙部さん(小松さんのマネージャー)と豪華な顔ぶれ。(敬称の有無は、なんとなくで他意はない。原則有名人は敬称無しで許されるということで(^_^;)) どちらも7月のイベントなので、旬のネタで盛り上がっている。行けなくても、内容を知り、雰囲気を感じられてうれしい。

« マンガ『暴れん坊本屋さん』第3巻 | トップページ | 「アドベンチャーランド中竜(なかたつ)」が営業を終了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/12677930

この記事へのトラックバック一覧です: 『小松左京マガジン 第24巻』:

« マンガ『暴れん坊本屋さん』第3巻 | トップページ | 「アドベンチャーランド中竜(なかたつ)」が営業を終了 »