2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« マンガ『鋼の錬金術師』15巻 | トップページ | いろいろ更新しました »

2006年11月27日 (月)

映画『トンマッコルへようこそ』

 韓国映画。朝鮮戦争時代、北の兵士と南の脱走兵と飛行機が落ちたアメリカ軍人が、桃源郷のような架空の村・トンマッコルに迷い込む。はじめはお互い反目していたが、マイペースな村人にとりこまれるように、村になじんでいって……
 映画のレディースディの水曜日が休日だったので、新聞の映画欄からチョイスして観に行った。ベタな言い方だけど、とってもよかった! 絶賛!! 観に行ってよかった〜!!!
 笑いと泣きが3対5ぐらいで味付けされていて、笑えるし、泣けるし、脚本がうまいのか飽きさせない。舞台設定も工夫がされていて、描写が丁寧だ。村に行く森のなかに点在するユニークな道祖神、村のさまざまな暮らしぶりの描写、花咲く草原のひろがり、夜の明かり……みんな絵になる。
 私は韓国映画にそれほど詳しくないので、知っている役者さんはいなかったが、みんな個性的でうまい。北の指揮官もシブくていいが、天然なヒロインを演じた女の子がとても印象的でよかった。
 韓国にはめずらしいファンタジー系らしいが、なんとなく『まぼろしの市街戦』と『エヴァンス博士の沈黙』(ソビエト映画)を連想した。話はぜんぜん違うけど、直接戦場が舞台でない戦争反対映画というか……、なんかテーマ的に。これを北朝鮮でも上映できたらいいね。
 あと、音楽が「なんかどこかで聞いたような久石譲のような音楽ね」と思っていたら、ホントに久石譲が音楽を担当していた。

« マンガ『鋼の錬金術師』15巻 | トップページ | いろいろ更新しました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

どもども、TBさせて頂きました。

|ホントに久石譲が音楽を担当していた。

監督はジブリの大ファンだそうで、類似性を指摘する人も多いみたいですね。まあ、絵面は似ていても(変なお地蔵さんみたいなヤツとかイノシシとか)ストーリーの切実さは全然違うと思います。何せ、かの国はまだ戦争中(正式には、休戦中)なんですから。
それにしても、韓国は若い才能が色々出て来てスゴイなーと思います。

亀レスですみません。
仕事とカゼが重なって、ひどい目にあってたんで。

コメントありがとうございます〜
監督がジブリファンだったんですね。ああ、なるほど。
はじめトンマッコルの村にたどりつく場面とか、『千と千尋の神かくし』で、異世界にはいる雰囲気にすごく似てるなあとか思っていたのですが。
でも、テーマは深いですね。個人の成長とかのレベルじゃないし。

ほとんど予備知識なしに観に行ったんですが、あとでmixiのレビューとか観ると、けっこう評判がいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/12839759

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『トンマッコルへようこそ』:

» トンマッコルへようこそ [もんたれびやん]
予告を観てですね、あんまりに何の映画か分からなかったんですよ。 だから、冒頭からいきなり戦争シーンが始まって驚きました。 戦争映画だったんですね。 宣伝文句に笑いあり涙ありみたいなことが書いてあったんですが... [続きを読む]

» トンマッコルへようこそ:ファンタジーかプロパガンダかそれとも…… [ひねくれ者と呼んでくれ]
監督パク・クァンヒョン 出演チョン・ジェヨン、シン・ハギュン 韓国2005年 朝鮮戦争のさなか、時代が停止したような何も知らぬ無垢な人々が住む村に韓国軍と北朝鮮 [続きを読む]

« マンガ『鋼の錬金術師』15巻 | トップページ | いろいろ更新しました »