2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 映画『日本以外全部沈没』 | トップページ | 画材屋のバーゲンセール »

2006年10月26日 (木)

八坂神社の神前挙式

 初めて黒留袖を着て、親戚の結婚式に出席した。ダンナ方の親戚の京都の人で、式場はあの観光地でもある祇園の八坂神社なのだ! ホテルとひと味ちがっていて、なかなかおもしろかった。
 パターンはビミョ〜にいくつかあるようだが、今回は、本殿で神前挙式して、儀式殿で親族固めの式、常磐御殿で祝宴という進行だった。
 花嫁さんは白無垢で綿帽子、新郎新婦は赤い傘さして歩く後ろを親族がゾロゾロ続いて、参道を本殿に向かう。境内には観光客がいっぱいいて、なかなかの注目度だ。本殿で神前挙式。ちなみに、本殿に祀られているのは「素戔嗚尊」と「櫛稲田姫命」である。
 そのあと、儀式殿で親族固めの盃というのがあって、それぞれの親族紹介のあと、乾杯をする。乾杯は、八坂では「いやさか」と発声するのだそうだ。
 常磐御殿での祝宴になる。あまり広くないので、親族だけの食事会という感じだが、一般非公開の古そうな由緒正しい建物で、きっとこんな時しか中に入れないだろう。それに食事は「吉兆」! きっとこんなときしか食べられないだろう。途中で新郎新婦は洋装にお色直し、ブーケは新婦のお母様のお手製(お花の先生なのだ)。各席をまわっていっしょに写真を撮るという趣向もついている。
 なかなか京都らしくていいお式だった。サトルやタクヤも、式には出なかったが、境内や待合い室でいっしょに写真を撮らせてもらった。おまけに天気もよくてよかったね。

« 映画『日本以外全部沈没』 | トップページ | 画材屋のバーゲンセール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/12431439

この記事へのトラックバック一覧です: 八坂神社の神前挙式:

« 映画『日本以外全部沈没』 | トップページ | 画材屋のバーゲンセール »