2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« この夏もっとも長い休暇は終わった | トップページ | ATOKのおたくな進化 »

2006年7月25日 (火)

演劇:維新派「ナツノトビラ」

 昨年は地球の裏側(メキシコとブラジル)に行ってしまったので、2年ぶりの維新派である。今年は、めずらしく室内劇、梅田芸術劇場というりっぱな劇場で、去年の演目の凱旋公演だ。劇場の関係か、公演期間も7月14日〜17日の4日間と短い。日頃、野外に劇場をブチたてて、屋台村をくっつけ、とってもうさんくさい空間を創り出すのだが、たまにやる室内劇は以前の東京の新国立劇場をいい、とってもきれいで豪華で、どっちかというとやってくる観客がういている。屋台村もない。
 「ナツノトビラ」は、主宰の松本雄吉が昨年海外公演に書き下ろしたのを、さらに改変したらしい。室内劇用の演目ということで、野外では得られない表現があふれる。キーワードは影。白を基調にした舞台に、様々な影が通り過ぎる。主人公の持つ花束だけが小さく鮮やかな色を放つ。音響もやや抑え気味な、わりとおとなしい舞台だ。しかし、アンコールでやったおなじみのメロディの大阪ケチャは、いつもの音量の迫力だった。次回はやっぱり野外でやってほしいなあ。
 あ、今回のパンフレットはトレーシングペーパーを使ったページのセンスがステキで、裏話もたくさん載っていて、なかなかよかった。

« この夏もっとも長い休暇は終わった | トップページ | ATOKのおたくな進化 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/11090434

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇:維新派「ナツノトビラ」:

« この夏もっとも長い休暇は終わった | トップページ | ATOKのおたくな進化 »