2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 関西コミティア28 | トップページ | この夏もっとも長い休暇は終わった »

2006年7月18日 (火)

『巨石 —イギリス・アイルランドの古代を歩く—』

 『巨石 —イギリス・アイルランドの古代を歩く—』 山田英春 写真と文(早川書房)
 すごくディープな本が出た。イギリス・アイルランドだけの、ストーンサークルやドルメンや列石などの石の遺跡ばかり集めた写真集なのだ。それほど大きい本ではないが、ページ数も多くボリューム満点! ストーンヘンジが最も有名だと思うが、他にもこんなにいろいろあったのかと驚いてしまう。でも、実際行くとなると、どれもこれも限りなく田舎あるようなので大変そうだ。いいなあ、ページをめくりながらうっとりしてしまう。
 あとがきをみると、早川書房の編集者が著者のホームページを見て、出版をスカウトしたらしい。でかした!早川!! よく発掘してくれた。著者はこの本が一作目のようだが、造本・装幀まで自分でやってしまっている凝り性の人のようだ。

« 関西コミティア28 | トップページ | この夏もっとも長い休暇は終わった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/10998453

この記事へのトラックバック一覧です: 『巨石 —イギリス・アイルランドの古代を歩く—』:

« 関西コミティア28 | トップページ | この夏もっとも長い休暇は終わった »