2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« チープに鳥羽水環境保全センター一般公開 | トップページ | 友だちの友だちは友だちか? »

2006年5月15日 (月)

GWイベント付き家族旅行(ちょっと長文)

 今年も休みが確実に確保できる5月3〜5日に、イベント付き家族旅行に行ってきた。いつも、人の多さに辟易するのだが、1年過ぎればその苦労も忘れて、また企画してしまう。今年は天気が良くて動きやすかった。
 3日は、3月にオープンしたという秋葉原の「東京アニメセンター」と上野の国立科学博物館での「ナスカ展」に行った。東京に着いて、数年ぶりに秋葉原に降り立ったとき、ビックリした。駅前に新しい大きなビルがたち、ずいぶんこぎれいになっている! パソコンや電気関係のおたくに加えて、アニメ関係のおたくが増えて、客層が若返っているような気がする。「東京アニメセンター」は駅前にできたきれいな複合ビルの中の4階にあった。マンガ・アニメのショールームといったところか。でも、思ったより規模が小さくて、それほどディープでもなくガッカリ。
 というわけで、「東京アニメセンター」が思ったより短時間でこなせたので、そのあと上野にむかった。1年前、同じく科博の「恐竜展」がおそろしく並んでいたので(入るまで2時間以上かかった)、戦々恐々としていたのだが、今回のは30分ほどで入れた。ああ、よかった。いまいち子ども受けしないテーマのせいかなあ。……と思ったが、館内はやっぱりすごい人群れだった。特別展会場でも、展示物の前につねに2重3重の人が群がっていて、細かい解説文がとてもよめない。ナスカといえば地上絵だが、地上絵を持ってくるわけではないので、半分以上はナスカ文化の展示だ。だが、その造形がなかなかヘンでおもしろい。土器の壺に描かれている人やいろいろな動物は、なんとなく空とぼけて、ユニークで、こんなの好きだなあ。後半の地上絵関係は、CGで空中遊覧飛行を体験できるような映像があった。スーベニールには、図録と地上絵マップ(1枚物)と映像のDVDが売っていて、セットで購入すると少し割引になっていて、なかなか商売上手だ。
 2日目のメインは、三鷹のジブリ美術館。実は2回目。でも、数年前行った時は大雨で、その上寒く(3月だった)カサを持ち歩き、動きにくかったので、再度挑戦。前回は駅からバスに乗ったが、今回はJR中央線三鷹駅から玉川上水に沿った「風の散歩道」と命名されている遊歩道(といっても、フツーの民家が並んでいる)を歩いていった。吹く風がとても気持ちが良い。美術館は井の頭恩賜公園の中にあるので、12時の入場まで公園のベンチにすわって、タクヤは遊具類で遊んだ。さて、入場。チケット販売時に1日の人数制限しているから、入っている人数はいっしょのはずなのに、今回のほうが混んでいないように思えた。前回のように雨だと屋根のあるところに人が集まるから混んでるように思えるのかなあ。屋根のないラピュタのロボットがいる屋上や、中庭などもゆっくり見れた。昼時のカフェはさすがに混んでいたが、まあ、これはしかたない。今回の企画展示は、「アルプスの少女ハイジ」。1回だけ見れる短編映画は新作を3つかわるがわる上映していて、『やどさがし』を観た。擬音が画面上に動き回り、すべての音声が人の声によるというユニークなものだ。いろいろリピーター獲得の工夫もされている。スーベニールも品物もずいぶん入れ替わっていた。
 そのあと、公園の中を通って、吉祥寺駅のほうに向かう。駅の近くの伊勢丹百貨店の新館に武蔵野市立吉祥寺美術館が入っていて、鈴木まもるの鳥の巣展をしていたのだ。駅前の道はすごい人混みだったが、ここはポツポツとしか来館者がなく、とても静か。展示のタイトルは、正確には「実物とイラストで見る鳥の巣の造形美 −鈴木まもるコレクションから−」。鈴木まもるはわりとかわいい絵を描く絵本作家なんだが、20年来シュミで鳥の巣を集めていたらしい。ここ数年その関係本をたくさん出していて、流水りんこさんじゃないが、シュミも20年続ければメシの種になるんだということを見事に実践している。かわいい絵本の絵はそれほど好きでもなかったが、鳥や鳥の巣の描写はとても写実的でうまい! さすが美大出身! それほど広くはなく、点数も多くはなかったが、ゆっくり鑑賞できた。
 3日目はおなじみのCOMITIA。人出は多かったが、3年来新刊がないので、売り上げはさっぱりだった。子連れスペースで遊びにきたようなものだ。バックヤードのタタミでは、みんなそれぞれに遊んでいた。サトルは小学3年生ぐらいの女の子に気に入られ、タクヤは初代仮面ライダーの主題歌をくりかえし歌ってお里が知れ、紙飛行機が乱れ飛び、若いお父さんが子ども達のアイドルになっていた。

« チープに鳥羽水環境保全センター一般公開 | トップページ | 友だちの友だちは友だちか? »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

創作・同人」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

GWイベント、どうもおつかれさまでした!
いやぁ毎回パワフル興行?というか、本当にエライなぁと思います。
(まだ子連れで人の多いところにあまり出たことがありませんので)
アニメセンターにナスカ展に…幼い頃からきちんと教育されてる結果ですね。家族の趣味が合うって大事なことですよ。あっまたジブリも見たのですね。

初代仮面ライダーの歌。ははは。ウチのは戦隊物でそれがやれるかもです。

きゅーあ。さん、コメントありがとう!
趣味が合う……、へへ、子どものシュミはあまり聞いてません。
私の行きたいところを選んでいる〜
まあ、こどもといっしょに行きやすいところとは思ってますが。
東京には何度も行ってるのに、日光や鎌倉といった大人の観光地は行ったことありません。老後に取っておきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/10078357

この記事へのトラックバック一覧です: GWイベント付き家族旅行(ちょっと長文):

» 東京アニメセンター〔東京都・秋葉原〕 [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「東京アニメセンター〔東京都・秋葉原〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年5月15... [続きを読む]

« チープに鳥羽水環境保全センター一般公開 | トップページ | 友だちの友だちは友だちか? »