2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« こっそり変えるなよ、郵政公社 | トップページ | 周知:5月5日COMITIA76に参加します »

2006年4月30日 (日)

マンガ『フリーな2人』

 『フリーな2人』コンドウ アキ著 ソニー・マガジンズ刊
 コンドウアキは、漫画家というより、「リラックマ」がいちばん有名だろうフリーランスのイラストレーターというかデザイナー。ダンナさんの相澤タロウイチも同じくフリーのデザイナー。
 どこにも属さず、腕一本生きるフリーの道を選んだうえの悲喜こもごもが楽しい(楽しんじゃいかんか)職業&日常エッセイマンガ。病気のとき、保険の話、不動産を借りるとき、仕事が修羅場のとき、額に青い縦線がでる事態もしばしばのようだが、通勤ラッシュもなく、自分にあった環境で仕事ができて、時間も有効に使えるとメリットもある。アキさんはさんざん、自分は気が小さくて、片付けが苦手で……といろいろ自分の欠点をいってるが、結局性にあっているんだろうなあ。ただ、アキさんなどの業界は、会社人でもフリーでも仕事のジャンルとしてはかわらない。多くは会社人の時の職業からフリーになったらイコール職業を変えるということになる。その分の落差は少ないかも。
 私は大学を卒業するとき、親に頼りたくなくて田舎に帰りたくないので、経済的にも自立できる方法を選んだ。幸いサラリーマンするならいちばんなりたい職業と思っていた分野に就職できた。以来○○年、いちど基盤が確保できると、なかなか捨てがたい。仕事以外に自分のやりたいことがあっても、何をするにしても、ある程度お金がいる。カネで時間と自由や手間を買ってるといえる部分がある。最近、本業のほうで費やす労力と時間が増えて、そのうえ給料が減って、ちょっとつらいところだ。ガキどもが大きくなって、教育費とか旅行にいっても有料の人数が増えて経費がかさむようになったし、家は古くなると住居維持費も増大するし…… フリーの生活はちょっとあこがれるけど、自分はできないだろうなあ。
 子どもの頃から、偉い人の伝記はきらいだった。最近の自費出版系書籍に多い、読者を意識していない自己満足な自伝もきらいだ。エッセイマンガもいろいろでていて、やや玉石混淆気味で、好きなものには目が厳しくなってしまう。この本はフリーの生活に焦点をあてていて、切り口もおもしろい。

« こっそり変えるなよ、郵政公社 | トップページ | 周知:5月5日COMITIA76に参加します »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/9829385

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『フリーな2人』:

« こっそり変えるなよ、郵政公社 | トップページ | 周知:5月5日COMITIA76に参加します »