2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月19日 (日)

映画『プライドと偏見』

 2月末までのMOVIXの最後のタダ券を使って、17日で終わるのでギリギリでいそいで観てきた。なんかタイトル見た感じカタそうだが、けっこう長く映画館でかかっているので、おもしろそうかなという程度だったのだが、これは良かった! とってもいい映画で、とっても得した気分だった。思わずパンフレットも買ってしまったぞ。
 私は知らなかったが、イギリスではとても人気のある恋愛小説の古典で(『自負と偏見』というタイトルで新潮文庫から出ている)、テレビシリーズになったりもしたし、これを現代版のしたのが『ブリジット・ジョーンズの日記』なのらしい。……というのはあとでパンフを読んで得た知識。
 18世紀末のイギリスの風景がとても美しく、登場人物もあわせて映画全体の色彩がしっくりとおちついている。こういうロケができる風景や建物が今もあるイギリスってすごい! 登場人物もいい。主人公の次女エリザベスの凜とした存在感に目がはなせない。ほかの登場人物も、それぞれの性格が(好き嫌いはおいといて)よく描かれていて魅力的。人間は不器用で愚かで不完全だからこそ、世の中おもしろいのねと思ってしまう。画面をゆっくりみせながらも、ストーリー運びもテンポがいい。
 ひさしぶりに、特撮やCGのむやみやたらのケバさがない、フツウの映画をみた気がする。それでいて、こういう佳作に出会うと幸せな気分になるなあ。

2006年2月18日 (土)

映画『PROMISE/プロミス』

 2月末まで有効のMOVIXのタダ券があと2枚ある。今の時期あまり是非行きたい!と思うものがないのだが、タダなら行こうと行ってきた。とりあえず、アジアものをチェック!とチェン・カイコー監督の『PROMISE/プロミス』を観てきたのだが……がっかり。
 チャン・イーモウ監督(私は『赤いコーリャン』の頃のこの人の作品は大ファンだ)といい、最近はカタカナでタイトルつけて、CGばりばりの画面にして、ご都合主義なストーリーをごまかすのが流行なのか!? もともと中国って「白髪三千丈」のような傾向があるが、ここにいたっては「おいおい、ウソやろ。やめてくれ」とあまりのばかばかしさに笑うしかない。
けっこう有名な俳優陣をもってきて、日・中・韓の制作(言葉は中国語)、映像としては東洋的な美しさのある部分もあるが、これじゃあなあ………………

2006年2月16日 (木)

もうすぐ一年生

 この春小学校に入学するタクヤの身辺がさわがしくなってきた。
 保育園では、2月26日の生活発表会にむけて練習の真っ最中。3月1日にはお別れ遠足。3月25日は卒園式である。
 そして、2月15日は小学校の半日入学と入学説明会だった。学童保育の書類も提出。3月10日が学童保育の説明会、4月6日が入学式&始業式(最近は1日ですましてしまうようだ)。
 2人目だと、どうも気がゆるんで、用意がよくない。学習机から細々した学用品まで、まだまったく準備ができていない。とりあえず、サトルの分でまかなえるものを掘り出さなければ。体操服や水着、粘土箱や粘土板は使えるはずだ。「兄ちゃんのものはみんなボクのもの」と幸い思ってくれているので、ランドセルも兄ちゃんのものでいいらしい。サトルの時に名前つけがとても大変だった「算数セット」はその中の「数字カード」だけでいいことになっていて、これはたいへんありがたい。ほとんど使われていなくてもったいなかったもんなあ。
 学校はさほど変わってなかったが、学童保育は7年経つといろいろ様変わりしていた。まず、指定管理者制度が導入されたらしい。以前はおやつ代だけだったが、収入の階段式で負担金が生じていた。(共働き公務員の我が家はピンのほうだ) 7年前の兄ちゃんの時は、いろいろ大変で、「学童保育は、保育園とちがって、過度の期待をしてはいけない」ということをいろいろ思い知らされたが、負担金をとるのなら、それなりによくなったんだろうか。とりあえず、前回平日昼間にあった(それも日程がわかったのは実施日の1ヶ月をきっていた)説明会は、平日の夜になっていた。以前は入学式が終わらないと入れてくれなかったが(4月初めの1週間おばあちゃん家に放り込んだ)、4月はじめから行ってもよくなったようだ。時間は夕方5時までだったのが、6時までに変わっていた……と思ったら、6時までの子は保護者が迎えにきてくださいとのことだった。……無理だよ。5時に自力で帰ってきてくれ。そして、やっぱり冬になると4時30分までになるらしい。……そんな仕事あるか? やはり過度の期待をせずに、自分ひとりでなんとかできるようにしつけなくては。

2006年2月15日 (水)

DVD『チャーリーとチョコレート工場』

 劇場で観損ねたのだが、ダンナがDVDを買ってきたので、観ることができた。
 原作は、児童文学では大御所のドアルド・ダール。……だが、私は読んだことがないので、比較してどうのということはわからないので、純粋のティム・バートンの映画として観た。主人公(いくらジョニー・ディップの人気があろうと、いちおうストーリー上は、この子が主人公でしょう)に見目も性格も良い少年を据えて、ラストで「家族がいちばんたいせつだよ」といわせるあたり、どうした!ティム・バートン、ずいぶん毒気をぬいてるじゃないか!!! いくらチョコレート工場が悪趣味で、主人公以外はひとくせふたくせあるキャラばかりであっても、ずいぶんずいぶんファミリー映画だ。これが大ヒットした理由だとすれば、ちょっとフクザツ…… 私はあまり大ヒットしなくていいからヘンな映画をつくってほしいと思ってしまう。
 しかし、ジョニー・ディップは老けないね。初めて観たのは『シザーハンズ』の頃だから、20年ほど経ってないか。
 ところで、ウンパ・ルンパのダンスシーンは、まるでインド映画のミュージカルシーンみたいだと思ったのは、私だけだろうか。

2006年2月 6日 (月)

広報:ホームページにオーストラリア旅行記をUP

 1年以上ほっらたかしだったHPのトピックスに、「オーストラリア旅行 〜ノーザンテリトリーを行く〜」を加えて更新した。せっかくの久しぶりの3連休だったのだが、子どもから風邪をうつされて、部屋に籠もりきりだったので、更新までこぎつけられたというのはなんだかなあ……
 SF大会のG−conレポートは、昨年の「HAMACON2」は不参加、今年の「ずんこん」も怪しいめなので、次の参加までそのままUPしておくことにした。
 今回のオーストラリア旅行は、これであと旅行マンガを描くだけだが(いったいいつの話だ!?)、2年前のインド旅行はまったく手つかずじゃないか!とつっこまれそうなのだが、もう1回風邪でぶったおれないかぎり無理かも…… はい、原稿もがんばります。
 写真は資料と割り切っていて、同人誌には写真はのせない主義だが、HPには少しだけど載せているので、これはこれで楽しんでいただきたい。

2006年2月 4日 (土)

季刊雑誌『旅行人』は南インド特集

 定期購読している(書店でも売ってるが)『旅行人』の最新号が先月の下旬に届いた。特集は「ディープ・サウス・インディア」。「今度(いったいいつの話だ?!)インドに行くなら南インドよ!」と思っていたので、堪能して読ませてもらった。出版されているインド関連本ってやっぱり北インドが中心で、南インドのことはなかなか詳しくは載っていないのだ。
 季刊になってぶ厚くなったので、特集も十分ページをとってくれている。写真もいっぱいの食べ物事情、コーヒーの蘊蓄、タミル語映画、カルナータカ音楽、キリスト教、それにバンガロール、ゴア、メルカラなどの都市事情など、内容も多岐にわたっている。う〜ん、ますます行きたくなってきた。でも、体力がいりそうだから、できるだけトシをとらないうちに行きたい。
 ところで、ボンベイ→ムンバイ、カルカッタ→コルカタ、マドラス→チェンナイなど都市の呼び名がかわったのはいっとき新聞に載ったが、その後もぞくぞくと都市名が変わっているらしい。本来の現地での呼び名にあわせた変更らしいが、慣れるのに時間がかかりそうだ。トリヴァンドラム→ティルヴァナンタブラム、コーチン→コチ等々、それに2006年11月からバンガロール→ベンガルールになるらしい。
 おまけにこの号はキリよく150号なので、旅行人の17年のあゆみをまとめてあった。私が持ってるのは1996年1月号からだから、もう10年のつきあいだな。しみじみ。
ちなみに、『旅行人』のホームページはこちら。http://www.ryokojin.co.jp/

2006年2月 2日 (木)

京都の東宝系映画館3館が閉館

 京都限定の話題になるが、1月29日をもって、河原町界隈の東宝系映画館が3館そろって閉館になった。「京極東宝1〜3」、「京都スカラ座」、「京都宝塚劇場」の3館だ。
 正直いうと、これといって映画館自体に特別の思い入れはないんだけど、便利さを考えると「う〜ん、困ったなあ」と思ってしまう。これで、河原町界隈の東宝系は「東宝公楽」(1スクリーン)だけになってしまった。家からはやっぱり河原町近辺が便利なのだ。JR二条駅のところに最近できた「TOHOシネマズ二条」というシネコンがあるが、はてしなく遠い。自分一人なら仕事の帰りがけに大阪で観てくるわ、という気分。でも、近くに松竹系の「MOVIX京都」があるし、「TOHOシネマズ二条」とは上映タイトルがかぶってるものもあるから、今後河原町周辺に東宝系のシネコンが出来る可能性は少ないだろうなあ。
 「京極東宝1〜3」は何年か前にリニューアルしてきれいになったのに、ちょっともったいないと思ってしまう。「京都スカラ座」と「京都宝塚劇場」の方はたしかに古い。椅子がかたいし、前後の幅が狭いので、真ん中へんに座ると出入りがとてもしにくい。この2つは同じビルに入っていて、ビル自体をとりこわすことになっているので、まあ寿命かもしれない。道連れに、1階のブックファーストやスパゲッティ屋やエスニック飲み屋も1月31日をもって閉店になった。けっこうな広さがあると思うが、どんな建物にかわるのだろう。
 本日、ホームページのトップの画像を閉館した3館にかえてみたので、あわせてご覧いただきたい。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »