2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 映画『銀色の髪のアギト』 | トップページ | 京都の東宝系映画館3館が閉館 »

2006年1月27日 (金)

『青色図書館』

 『青色図書館』林みかせ作(白泉社 花とゆめコミックス)
 最近のコミックスはほとんどビニ本だし、まったく知らない作家のものを買うのは、とても勇気がいる。買った本はずっと置いておくつもりで買っているし、BOOK OFFに持って行ったりもしないので、この本を書店で見つけたときは、しばし考えこんだあと、バクチのような気持ちで購入することにした。(まあ、続きものじゃなかったせいもある) なんせ、タイトルが「○○図書館」なんてついていれば、オモテ稼業の血がさわぐでしょうが。
 「青色図書館」は、作家兼の若い本おたくの館長がいる私設図書館。そこでアルバイトをはじめた高校生のヒナちゃんを主人公にした図書館をめぐるほのぼのとしたお話。
 いかにも少女まんがなのだが、一服の清涼剤のように心が洗われる。いいなあ、すべてがこんなやさしい気持ちで過ごせたら幸せだ。いや、皮肉ってるわけではなく、本当にほめているのだ。読後感がとても気持ちいい。
 これは、私設図書館だからこそできる設定だろうなあ。公共図書館だともっと利用者の幅が広くなるし、もっといろいろなしがらみが増えてくる。しかし、また、ニューアーク式の貸出券で借りた人の名前がわかるというネタがでてきた。映画『耳をすませば』ほかメディアにでてくるたびに、オモテ稼業では指摘されているが、ここは私設だから、この際目をつむって、そんな細かいことは言わないことにする。(細かいことではないんだが、……まあ、カタギの人はそんな読み方はしないだろうし。
 しかし、我が家も私とダンナの本をあわせるとそこそこあるが、オモテ稼業での本の惨状をみていると、わるいけど、自分の蔵書を不特定多数の人に公開しようとは決して思わないぞ〜〜〜〜〜。

« 映画『銀色の髪のアギト』 | トップページ | 京都の東宝系映画館3館が閉館 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/8356497

この記事へのトラックバック一覧です: 『青色図書館』:

« 映画『銀色の髪のアギト』 | トップページ | 京都の東宝系映画館3館が閉館 »