2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 『奇談』 | トップページ | 『機動戦士ZガンダムⅡ —恋人たち—』 »

2005年11月30日 (水)

『戦う司書と恋する爆弾』

 『戦う司書と恋する爆弾』山形石雄著(集英社スーパーダッシュ文庫)
 我が表稼業のギョーカイ人なら思わず手にとってしまいそうに魅惑的なタイトルだが、残念ながら見かけ倒れだった。「SFマガジン」にけっこういい書評が出ていたので、ちょっと期待してたのだが。
 死者の全てが『本』になり図書館に収められる世界、その本の管理を任せられている武装司書、その武装司書を殺すために胸に爆弾を埋め込まれた少年、その少年が恋する『本』のなかの予知能力のある姫君。この設定はそそられるが、いかんせん、世界の構築が薄く、キャラクターの描き方も甘い。けっこう作中で死人がでているのに『本』になってる気配がないし、武装司書は本を管理している様子もないし、敵方の神溺(しんでき)教団といってもメインの一人しか出てこないのでどんな組織かわからん。いろいろファンタジーな要素はふりまいているけれど、なぜそれがそうなのか説得力がない。
 こちらも、「図書館」や「司書」という言葉に反応してしまうヨコシマな読み方をしていて申し訳ないのだが、『図書館戦隊ビブリオン』や『幻想図書館』はおもしろかったぞう! もっとギョーカイ人もうならせる図書館ネタを書いてくれ!! そんなつもりはないのかもしれないが。

« 『奇談』 | トップページ | 『機動戦士ZガンダムⅡ —恋人たち—』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/7389842

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦う司書と恋する爆弾』:

« 『奇談』 | トップページ | 『機動戦士ZガンダムⅡ —恋人たち—』 »