2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月29日 (土)

あさのあつこ『NO.6(ナンバーシックス)』♯4

 『バッテリー』の6巻目をずいぶん待たされた私にとっては、わりと快調に刊行されていると感じるあさのあつこの『NO.6(ナンバーシックス)』(講談社)の第4巻が出た。
 近未来の管理された閉鎖的理想都市「NO.6」に暮らす少年紫苑は、都市の中で密かに進行する暗部にふれ、逃亡する。そして、ネズミという少年とともに、都市の外「西ブロック」で生きのこるためのサバイバルが始まる。
 1巻目を読んだ時、「あ、なんかロイス・ローリーの『ザ・ギバー —記憶を伝える者—』みたい。読後感は若木未生の『イズミ幻戦記』に似てるなあ」と感じた。まあ。ユートピア的理想都市がほんとうの幸福なものではなく、外の管理されていない世界に逃亡したり、対立したりするネタは、SFでは他にもよくある。読んだ感想が「○○みたい」と思ってしまう点を減点すると、私はあさのあつこなら『バッテリー』の方が作品としてはひいきする。
 でも、何作か読んでると、作者は、切なさと不器用な歪みを纏った孤高の少年(といったら、なんとなくわかる?)といったキャラが好きなんだろうなあ、と感じる。『NO.6』のネズミ、『福音の少年』の明帆、『バッテリー』のおミズ(原田巧よりも)のような。実は、私も好きだ。そういうキャラは、『NO.6』ぐらいのハードな舞台のほうが、浮かずに、思いっきりよく動かせるかなあと思った。『福音の少年』のような現在日本社会でやると舞台が甘すぎるし、『バッテリー』のように脇役に据えると主役を食っちまうし。
 まあ、そんなすききらいはおいといても、あさのあつこの人物描写は脇役に至るまで、とても緻密で、納得できて、奥が深くて、うまい! 『バッテリー』の前半なんて、とくに圧倒される。キャラクターの描写が作品を引っぱっていってるという気がする。この『NO.6』でも、登場人物は多く、それぞれ魅力的だ。ストーリーはまったくの途中で、これからどう進んでいくだろう?

2005年10月27日 (木)

よしながふみ『大奥』第1巻

 今週末(私の週末は主に月曜日だ)は休日が1日しかなかったし、外出してしまったので、ブログもちょっと間があいてしまった。それに、30日(日)は「関西コミティア」だから、インフォメーション・ベーパーぐらい作らなくっちゃ!
 ……といいながら、よしながファンの友人が『大奥』(白泉社)の1巻目が出たので、まわしてくれた。実は、私は雑誌「メロディ」も読んでなかったし、どんな話かまったく予備知識がなかった。TVで『大奥』ってやってるけど、おそらく関係ないだろうなあ。
 いや〜、こんな話とは思わなかった! これってパラレルワールドのSFじゃん!! ……と思ってると、帯に「SF大河ロマン」とかいてある。(カバーがかかっていたので、後で気がついた)
 ナゾの奇病で男の人口が女の4分の一に減ってしまった江戸時代、将軍職は女、大奥は美男三千人。なかなか新鮮な設定だが、よしながふみらしくもある。また、その舞台設定を納得させるような細かな描写やはったりがきいている。うんうん。そして例によってキャラがたってるので、それぞれファンがつくだろう。私、将軍の吉宗さまが好きです。
 第一巻は、第一話と第二話のさわりが収録されている。雑誌を読んでないので先がわからないが、主人公は話ごとにかわるのだろうか? 先のみえない話でたのしみだ。

2005年10月22日 (土)

周知:メルアドとHPのURLが変更

 17日にプロバイダからアカウントの変更手続きが完了したというメールがきた。翌日の朝4時から新アカウントが使えると書いてあったのが、18日に見るとホームページがいきなり「not found」になっていたので、ちょっとあわてた。
 メールの方は、新旧どちらも来月月末まで使えるので、メーラーを両方受け取るように設定した。が、HPのURLはそうはいかないらしい。古いHPから新しいHPに飛ぶという技が使いたかったのになあ。もしかしたら、もっといい方法があったかもしれないが、こっちもインターネット始めて以来変更するのは初めてだし、プロバイダのHPには説明が足りない、今さらいろいろ考えてももうやっちゃったし……
 幸い19日が休みだったので、HPをアップロードしなおして(と簡単にはいかなかったのだが)、あちこちにリンクやブックマークやアドレス帳の変更をお知らせした。メールのみの表稼業関係からHPをリンクしていただいている同人関係まで何パターンかで送ったのだが、まちがってカタギの人へのメールの署名にペンネームを併記してしまった。(冷や汗) しばらく連絡をとっていなかった人へのメールが何通かエラーで返ってきた。登録サイトやメーリングリストのIDやパスワードを忘れてしまって、手間取ったのもある。休日が1日つぶれた。でも、なんかまだ連絡先を漏らしている気がするなあ。

2005年10月17日 (月)

『クジラの島の少女』

 インターネットの応募の試写会に当たったので行ってきた。
 主人公は、ニュージーランド(以下NZ)のマオリ族の少女パイケア。クジラにのってやってきたという伝説の勇者を先祖に持ち、その伝統を受け継ぐのは「男」と決められている一家の中で、先祖と同じ名を持つ少女が自分の運命を切り開く。2003年NZ映画、1時間42分。
 主催がJATA(日本旅行業協会)・NZ観光局・NZ航空なので、試写会の前にそれぞれの挨拶があって、しきりにNZへいらっしゃいという宣伝があった。NZも確かに行ってみたい国ではある。マオリがいて、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地だし。まあ、人によっては、海や山の自然が美しいとか、アウトドア・スポーツやトレッキングとか目的はいろいろだろう。
私は、オーストラリアにはアボリジニがいて、NZにはマオリ族がいると、なんかふたつならべて考えていたのだけれど、その割にはマオリはビジュアルなイメージがいまいちはっきりしてなかった。
やっぱり違うわ。オーストラリアとNZはけっこう地理的には離れていることがわかってたけど、同じ先住民族といっても、アボリジニは大地の民、マオリは海の民なんだ。マオリはポリネシアの方からやってきたというし、それは映画をみててもよくわかる。
 映画は映像がとても美しく、大好きな祖父に「女」だからと受け入れてもらえず、父とも素直に心を通わせられないパイケアや、伝統と現実の狭間でゆらぐマオリの人々がていねいに描かれている。しかし、「みんなで伝統を守っていこう」とアピールするような優等生的な大団円のラストはとってもつまらないぞ〜! メッセージがストレートに出過ぎて、「やっぱりこういうこといいたかったのね」と思うものを目の前にドン!とつきつけられると、もうちょっとヒネリをくわえろよと言いたくなる。
 チラシに、「NZ版『風の谷のナウシカ』ともいえる感動作」と書かれていたが、「それはちょっとちがうんじゃないかい?」と思った。

2005年10月16日 (日)

予告:メルアドとホームページのURLを変更予定

 メインに使っているメールアドレスに、1年ほど前からH系のスパムメールが入るようになった。この春頃から増えだし、夏に倍増して(季節ものか?)、夏を過ぎても減りそうにないので、インターネットを始めて10年近く変えたことのないメルアドを悔しいけれど変更することにした。
 私はなんとなくケータイみたいにオンラインですぐに変更できるのかと思っていたのだが、うちのプロバイダはそうではないらしい。(ふつうそうなのかな?) メルアドを変えるということは、アカウントが変わるということで、ホームページのURLも変わることになるのだ。届けはペーパーでしか受け付けていないとのことで、申し込みはFAXか郵送、アカウント変更費用が1890円かかる。変更しても、その翌月までは旧アカウントが使えるので、それはありがたい。しかし、いろいろめんどくさいな。今月来月で休日に少しずつ手当と連絡調整をするのでよろしく。
 うちの機種はMACなので、ウイルス付きはほとんど来ないが、スパムはまんべんなくやってくるのね。あれとかこれとかのフリーメールが目につくので、そのドメインだけでも受信拒否ができたらと思うのだが、プロバイダにその機能ないらしい。メーラーの迷惑メールの振り分けで半分以上はさばけるのだが、やっぱりうっとうしい。最近はあちこちでスパム来襲の話を聞く。物騒な世の中だ。もしかして、10年近く同じメルアドを使えてたというのは、奇跡に近い幸運なのか?

2005年10月15日 (土)

だいりょこう

 10月8日(土)〜10日(月・祝)の3連休でサトル(中一)とタクヤ(5歳)が和歌山のおばあちゃんちに行ってきた。乗り換え無しの「スーパーくろしお」で2時間半、まあ、それほどむつかしいことはないが、行きははじめての二人旅だ。(父ちゃんが駅で送り出した) 帰りは土日仕事をした母ちゃんが、その足で日曜日の夜実家に迎えにいった。
 実は、昨年の夏サトルが小学6年生の時に、ひとりで京都から出発させて(母ちゃんが送り出した)、到着ホームまで先に行った父ちゃんが迎えにいったのだが、電車がついても座席で熟睡して降りてこなかった前科がある。父ちゃんが窓をたたき、まわりの人が起こしてくれて、大騒ぎだったらしい。はた迷惑なヤツだ。それで、まるで信用がなかったのだが、今回は弟がいるし、朝出発だったし(前回は夕方だった)本人もちょっと緊張していたらしく、ちゃんと自分で改札を出てきたらしい。
 今年は、夏休みにも帰省しなかったし、秋に3連休があってもなかなかみんなそろって休みがとれないし、年末年始ももしかしたら帰らないかもしれない。大きくなったら行きたいと言わなくなるというが、まだサトルは(下心があると思われるが)「おばちゃんちに行きたい」と主張しているので、そういってる間はいろいろ工夫して行かせてやろう。
 なお、今回のタイトルはアーノルド・ローベルの絵童話『とうさん おはなしして』(文化出版局)の中の1編のタイトルを拝借した。ネズミがおかあさんに会いに行くストーリーなのだが、なかなかシュールでおすすめだ。

2005年10月10日 (月)

丸善京都河原町店が閉店

 京都河原町の丸善が10月10日に閉店した。
梶井基次郎の小説『檸檬』の舞台となり、店の中には「檸檬コーナー」が設けられ、小説の主人公をまねてレモンを置いて立ち去る文学ファンが続出していると、地元の新聞には写真入りで記事になっていた。私は、『檸檬』も読んでないし、丸善だけが特に好きってわけではないが、せっかくなので閉店前の8日に仕事帰りに立ち寄ってみた。
 ちまたでは3連休の初日、閉店3日前で、と〜〜〜ってもにぎわっていた。なんか皮肉。でもまあ、そんなものか。1階に入り口横には件の檸檬コーナーがあり、『檸檬』の文庫本がずら〜〜〜りと平積みされ、記念スタンプが置いてある。入れ替わり立ち替わり、買い求めた文庫本にスタンプを押していく。ホームページのトップページを本日これに差し替えたのでごらんいただきたい。
しかし! 丸善といえば洋書なのに、洋書のフロアーは早々と閉鎖されていた。洋書フロアーこそ最後まで開けとくべきじゃないか? 和書のフロアーなら、他の書店とそうかわらんぜ。
 ところで、大学生になって私が始めて京都に来た頃、河原町の四条から三条界隈には、オーム書店・京都書院・丸善・駸々堂(+コミックランド)があって、順番にハシゴしたものだった。それがみんななくなってしまった。年月の流れをひしひしと感じるなあ。
 京都書院の2階の美術・芸術関連本、丸善(そのころは建て替え前の旧店舗だった)の洋書、コミックランドのマンガとそれぞれ特色をだした充実度が好きで、よく通った。学生なので、お金はあまりおとさなかったが。
 今は、河原町ルートから四条通りルートに変えて、ジュンク堂・コミック談をハシゴしている。時々寺町通りの喜久屋書店にも寄る。学生の頃とちがって、ぜんぜん時間に余裕がないが。三条の方にはブックファーストや紀伊国屋があるが、品揃えの充実度はジュンクに負けてるし、談のディープさもなく、いまいち特色が出てない気がする。それでも、探す本がない場合は仕事の帰りがけに大阪でチェックする。だが、今度閉店する丸善のすぐ近くのビルにジュンクが進出するらしい。また書店地図が変わるかもしれない。昨今はネット書店もあるが、結局やっぱり本屋巡りは楽しいのだ。

2005年10月 5日 (水)

『戦闘妖精 雪風』

 ダンナがOVA『戦闘妖精 雪風』のDVD第5巻を買ってきた。1〜4巻同様、やっぱりワケワカメだった。昨年OVAの1〜4巻を見たときも、話がみえなかった。そこで、ダンナに借りて神林長平の原作本『戦闘妖精 雪風(初版のやつで、〈改〉ではない)』(1984年刊)と『グッドラック-戦闘妖精 雪風-』(1999年刊、ともに早川書房)を読んだ。すっご〜く、おもしろかった! けっこう昔に出た本だが、今まで読まなかったことを後悔した。
 未知の生命体?JAM(ジャムとよむ)と人類との戦いを描いたSFなのだが、なかなか設定も斬新(今でも!)で、話はわかりやすいがスジが見えないスリリングな作品だ。軍の中の人間関係や、レイと雪風、雪風とJAMの関係もおもしろい。
 でも、まあ、これはこれ、あれはあれ、で別物だと思うことにした。OVAはどちらかというとイメージビデオに近いかな。特に、戦闘機やJAMとの戦闘シーンにえらくリキが入っていて、人間は二の次だ。CGで「すごいだろ、これでもか」というくらい見せてくれる。ミリタリーな人たちのようにわかる人がみると、のめり込むんじゃないか。5巻の最後に航空自衛隊のCMが入っていたのには、「なるほど」と思った。

2005年10月 3日 (月)

「漫画描きバトン」いただきました(ちょっと長文)

 漫画同人のきゅーあ。さん(http://webmania.jp/~makoco/)から「漫画描きバトン」をいただいた。6〜7月に「コミックバトン」「BOOKバトン」がまわってきたが(HPの旧日記の方に掲載)、しばらくおさまっていたので、もうバトンブームも収束したかと思ったけれど、ひさびさだ。ネタがずいぶん局部化してるなあ。ここ1〜2年まともにペンをにぎっていないので、申し訳ない気がするが、謹んで答えさせていただく。

1.これまでに描いた漫画の数を教えてください。
   う〜ん、わからない。なんせ年季だけは長いもんで…… 
   投稿時代のマンガと同人誌と未発表作品、ストーリーマンガ、エッセイマンガ、
   4コママンガ、穴埋めマンガ、イラストストーリー……どれをどう数えたらいいのか……

2.貴方が漫画を描く時に使う道具・描く時の手順を教えてください。
   紙:市販のマンガ原稿用紙。ICが多い。4コマ原稿用紙もよく使う。
   下書き:鉛筆は、子どもが学校で使ったあとのチビた鉛筆。HBなんでちょうどよい。
   ペン入れ:開明墨汁(私はインクより墨汁派)
        ペンはGペンと丸ペン、ロットリング(いまだにイソグラフを使っている)
        ベタは最近筆ペン(ぺんてる筆がお気に入り)
   カラーは最近描いていない。(画材は大好きなのでいろいろある)
   CGは、年賀状の時ぐらいしか描かないので、まるで上達がない。
   4コマはネタ帳はあるが、あとはいきなり原稿用紙にあたりをつけて描く。
   エッセイマンガはいちおうネームを書いてから、しばらくねかして推敲する。

3.貴方が漫画を描く時に気をつけている事・こだわっている事について語ってください。
   独りよがりにならないこと。
   期限や〆切を理由に手をぬかないこと。
   本を創るにあたっては、全体のイメージ統一・構成・バランスも考慮すること。

4.これまでに描いた中で思い入れのある漫画(複数可)について語ってください。
   『ライブラリー・シンドローム』
     シリアスSFストーリーマンガばかり描いてた私の転機になった作品。
     これ以降4頭身以下のキャラしか描けなくなった。
     でも、いちばんリアクションの多かった作品でもある。
   『火の神使い』
     ほとんどの人は知らんだろう。
     寒冷化した未来を舞台にしたエスパーものの32PのシリアスSFストーリーマンガ。
     マンガ募集に応じて、『マンガハウス(第1巻)』(花伝社、1984年刊)に載って、
     ちょっとだけど原稿料ももらった。
     しかし!しかし!!それよりも返信用封筒を送っておいて、再三催促したのに原稿
     が戻ってこなかった!! 原稿かえせ〜!!! それがいちばん心残りだ。
   『バーラト−神々が愛でし処−』
     初めての旅行エッセイマンガ。1992年発行の同人誌で、そのころは今ほどウジャ
     ウジャ 旅行マンガは出ていなくて、今にして思えば、割と先取りした気分。

5.お知り合いの漫画描きさん1〜5人へバトンタッチorストップ!
   漫画描きさん&HPかブログをやってる人という条件が非常にきびしいので、今回は
   ここで打ち止めとさせていただきます。

2005年10月 1日 (土)

このブログのスタンス

 ブログをはじめて2ヶ月たった。1ヶ月目より少し余裕がでてきたので、知り合いのブログ以外にも、参考にいろいろな人のブログを覗いてみた。本当に多種多様、いろいろなのがあるなあ。むむむ、奥深い。そこで、知ってる人も、気がついている人もいるだろうが、ここのブログのスタンスと自分でルールとして決めていることをちょっとまとめてみた。

1.基本的に、ホームページもブログも、創作漫画同人「工房しのわずりぃ」のインフォメーション・ペーパーのデジタル版という位置づけなので、内容もそのペーパーに載せるような範囲にとどめる。でも、A4版といったスペースの縛りがないので、けっこういろいろのせられるのがうれしい。

2.仕事のオモテとウラは分けておきたいので、表稼業のことは極力載せない。スケジュールや本の情報関連でふれることはあるが。もし、その内容で書くなら、別のブログをたてるのがスジだろう。表稼業関連の真摯なブログもいくつか行き当たった。表稼業は今けっこうシビアな状況にあるが、こういう人たちが複数いることは心強い。未来は決して暗くない。

3.表現的なこと(1) 1日1テーマの分量は、だいたいスクロールせずに全文みることのできる長さ。これは、単に自分がみやすいから。

4.表現的なこと(2) ブログの文章は基本的に「である調」、コメントの文章は「ですます調」。
ブログの文は自分の思考回路にあわせて書いているからだが、コメントはいただいたコメントに返事することが多いので、お便りのつもりで書いている。

5.原稿を書いてから、すぐにはUPしないで、一晩はねかせるようにしている。最初書いた文章が、そのままUPされることはまずない。簡単なことばの訂正も含めると、なんらか文章をいじっている。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »