2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 『フラワー・オブ・ライフ』 | トップページ | ハガレンにハマッてます »

2005年9月23日 (金)

民博特別展「インド サリーの世界」

 9月8日〜12月6日まで、万博公園の国立民族学博物館で特別展「インド サリーの世界」が開催されている。秋は、土日出勤以外に、運動会やらPTAの動員やらで休みがけっこう埋まってしまうので、行ける日に行っておこうと思い、19日の祝日に行ってきた。万博公園に行くたびに、モノレールのすぐ前のエキスポランドを素通りして、公園の中を突っ切って、民博に行くので、お子様たちはちょっと不満らしい。いいのだ。スポンサーはこっちだから。
 民博の展示は、いつも企画の切り口が工夫されていて、おもしろい。今回もインドの民族衣装サリーに焦点をあてていて、それがりっぱな現代のファッション文化だった。民族衣装の展示で、デザイナー名や収集した店舗名が見出しに載ってる展示なんてはじめてだ。地域によって特徴があるのは知っていたが、それ以上にバラエティ豊かで、現代的なセンスも含まれ、とてもよかった。
 しかし、……すいていた。静かだった。祝日なのに特別展館内にお客20人ってとこか。それも、今回に企画は、子どもにはウケない内容なせいか、大人ばっかり。いい企画なのに、この人出に少なさはちょっと残念。……と、思っていたら、後で気がついたのだが、ちょうどセミナー室で「インド音楽講座」が開催されていた時間帯だったようだ。少なかったのはそのせいかしら。
 いつもながら、解説書は内容が充実していて、文章が多く読み応えはある。が、自ら「図録」ではなく「解説書」と銘打っているように、写真も小さく、展示資料の再現には力を注いでいない。今回は、展示資料の良さはその場でゆっくり味わうことをおすすめする。また、『旅のグ』等の本を描いてるインド通のイラストレーター、グレゴリ青山さんの解説イラスト(描きおろしかな?)が会場には展示されているのだが、これも解説書には掲載されていないので、その場でしっかり見ておこう。
 この展示にひっかけて、今後いろいろ講演会や公演や映画会が企画されているのだが、土日に1回かぎりの企画ばかりで、今のところ日程が合わず全滅だ。……哀しい。
 そのあと、常設展のほうも駆け足でまわった。毎回行くたびに少しずつ入れ替えがあるのだが、今回は「ドクターみんぱく」(いろいろな民具がおいてあって、さわれて、「これはなんでしょう?」とクイズ形式になっているコーナー)がなくなっていたのは、ちょっと残念だった。

« 『フラワー・オブ・ライフ』 | トップページ | ハガレンにハマッてます »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/6071177

この記事へのトラックバック一覧です: 民博特別展「インド サリーの世界」:

« 『フラワー・オブ・ライフ』 | トップページ | ハガレンにハマッてます »