2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 年末旅行計画は「セカチュー」に阻まれそうな予感 | トップページ | 民博特別展「インド サリーの世界」 »

2005年9月19日 (月)

『フラワー・オブ・ライフ』

 『フラワー・オブ・ライフ』1,2巻 よしながふみ著(新書館)
 白血病から生還した1年と1ヶ月おくれの高校生、花園春太郎を主人公にくりひろげられる花咲けるスクールライフ。2巻まで刊行中。
実はこれはしばらく前によしながファンの友人に貸してもらって読んだのだ。最近になって、また別の友人が「これ、きっと気に入ると思って〜」とわざわざ回してくれたのだ。ありがとうぅぅ!! 幸せだなあ。仕事のイヤなことも忘れられるわ。
 よしながふみは、「ウィングス」を読んでたから知ってたけど、なんか最初のインパクトが薄かったのか、追いかけなかったので、人気がでてきてからもあんまり読んだことがなかった。
でも、この作品で見直しました。(失礼な言い方ね! すみません。) キャラ設定が一筋縄ではいかなくて、けっこう奥が深いのだ。不倫やいじめ、ひきこもり、ネタはもりだくさん、家族関係や友人関係のからみもなかなか複雑で説得力がある。が、作品全体のトーンは明るく、ウツウツとはしていない。
 そして、これはもう、シュミと実益を兼ねたようなオタクの世界の描写! 同人やコミケのリアリティさは秀逸だ。真島君、いいねえ。

« 年末旅行計画は「セカチュー」に阻まれそうな予感 | トップページ | 民博特別展「インド サリーの世界」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/6009321

この記事へのトラックバック一覧です: 『フラワー・オブ・ライフ』:

« 年末旅行計画は「セカチュー」に阻まれそうな予感 | トップページ | 民博特別展「インド サリーの世界」 »