2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』 | トップページ | 『GUNDAM -来るべき未来のためにー』 »

2005年8月 4日 (木)

『姑獲鳥の夏』

 まず、私は京極夏彦の原作の京極堂シリーズがだあ〜〜〜い好きなのだ。で、結論、そういう輩は映画など観ずに原作を堪能していればいいのだ、ということを実感した。
こういうキャラがたってる小説を映像にするのってむつかしいね。やっぱりイメージがずれるのよ。なんか健康的に日焼けした京極堂ってらしくない。拝み屋の衣装はやっぱり黒でなくっちゃ。古本屋はもっと雑然としたイメージだったんだけど、ずいぶんきれいに整理されてるなあ……等々。
 実相寺昭雄はきらいじゃないし、らしく映像は凝ってる。眩暈坂のシーンなどは、なかなか美しい。だけど、説明のセリフがないので、原作を知らない人には、話がわかりにくいだろうなあ。京極堂も木場修も榎木津もフルネームがストーリー進行中に出てこない。(と思う) 原作が漢字だらけなので、耳から聞くだけでよく言葉が把握できない……等々、不必要にしんどい映画だった。
 水曜日のレディースディに観たので、客席はほとんど満席だった。京極ファンには不満がのこり、原作を知らない一般の人にはわけわからなさがのこる映画だと思った。1000円で観たので、まあ、いいけど。

« 『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』 | トップページ | 『GUNDAM -来るべき未来のためにー』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/5303165

この記事へのトラックバック一覧です: 『姑獲鳥の夏』:

« 『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』 | トップページ | 『GUNDAM -来るべき未来のためにー』 »