my ホームページ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2016年9月24日 (土)

追悼・維新派の松本雄吉さん

 6月20日の新聞記事で、劇団「維新派」主宰の松本雄吉さんの訃報を知った。突然のことで驚いた。亡くなったのは6月18日、享年69歳、食道がんだったようだ。
 松本さんは、維新派の舞台の時も、いつも挨拶には顔を出さなかった。もう、20年以上前か、だいぶ前に役者(チョージという役だったような……)として一度舞台上で観た。また、南港での公演で大雨が降ったとき、公演途中で、突然「役者そのまま! テントの屋根にたまった雨水を落とします」と指示をしに出てきた。それよりずっと後にやなぎみわさんとの対談でお姿を拝見した。維新派の公式HPで写真をみる以外、実際のお姿をみることがあまりなかったので、突然という印象があったけれど……、ただ、3月に維新派のHPで演出補佐の募集が載っていて、「あれ?」と思った。役者募集はいままでもあったが、演出補佐というのは初めてだった。今思えばウラに松本さんのご病気があったのだろうか。
 初めて観た維新派の公演は今でも覚えている。1990年5月の『[echo]スクラップ通りの少年たち』 大阪城公園 <円筒形劇場TANK>だ。維新派HPの年表に劇団(当時「日本維新派」)を結成した1970年からの年表がある。私が知らなかった1990年以前の20年、1990年以降も行けなかった公演もある。この秋には、平城京跡で野外公演「アマハラ」画予定され、現在劇場設営中だ。雄吉さんのいない初めての公演。そして、最後の公演になる。
 6月に雄吉さんが亡くなったあと、維新派はどうなるんだろう?……と思っていたが、漠然と予感があった。そして、「アマハラ」のDMに、維新派の解散とこれが最終公演になることが記されていた。ああ、やっぱり…… 維新派の舞台は何もないところに手作りの野外舞台をぶち建てて、終われば解体して跡形をなくしてしまう。劇団の進退にもブレがなく、ある意味、見事な引き際だ。

2016年9月22日 (木)

第55回日本SF大会 いせしまこん (その4)

 さて、翌朝は9時から11時のクロージングを残すだけだ。朝食をいただいて、宅配便を発送し、荷物置き場に手荷物を置いて、会場に向かう。クロージングでは、柴野拓美記念日本SFファンダム賞(柴野拓美章)、センス・オブ・ジェンダー賞、暗黒星雲賞などの星雲賞以外の各賞の発表が行われる。また、来年以降の日本SF大会の告知、ローカルコンのお知らせがある。来年は、8月26日〜27日に、静岡で「ドンブラコンLL」。2011年の第50回日本SF大会以来6年ぶり、再び静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」で開催される。この日程だったら大丈夫だろうと、つい、申し込みをしてしまった。終了時には、「また来年」「良いお年を」という挨拶が交わされる。そして、SF大会は平均年齢を1歳づつ上昇させつつ、脈々と続いていくのだった。

P7100061 

(クロージングの後、ロビーでは来年のドンブラコンLL、合宿企画コンパックの受付、時刊新聞がギリギリまで発行・配布)

 さて、昨日はあんなに荒れていた天気だったが、すっかり雨が上がっていた。昼頃に大会も終了し、せっかく「まわりゃんせ」を持っていたので、せめて鳥羽水族館ぐらいは行ってみようかと思った。先に駅のコインロッカーに荷物を収めに行ったら、ボランティアの案内人さんが、イルカ島に立ち寄らなければ、水族館と御木本真珠島と島めぐりに行けるというので、チャレンジしてみることにした。でも、やっぱり見所が多いのは鳥羽水族館。なんか他の水族館より、魚もペンギンもヒトデもカブトガニも何もかも、やたら個体数が多くてみっしりと詰まっている気がする。「古代の海」とか「へんないきもの研究所」など私好みのコーナーもある。
 帰りの近鉄は、各方面(京都・大阪・名古屋)に日に1本しか出ていない「しまかぜ」に乗ってみた。個室などもあり、通常の席もクッションが良くて、ゆったりしている。窓も広くて景色もいい。プラス1,000円の分はある、なかなかユーガな列車だった。

P7100103


P7100107


P7100106


2016年9月21日 (水)

第55回日本SF大会 いせしまこん (その3)

 さて、コマ割の企画も複数同時並行で盛りだくさんだが、それ以外にも会場にはいろいろな楽しみがある。ディーラーズルームのお座敷会場の前の広場では、加藤直之さんがおなじみの巨大なライブ・ペインティングを披露しているし、その横で藤井太洋さんがカッコ良い立ち姿でパソコンに向かってライブ・ライティングをしている。その横には、昨年度暗黒星雲賞をとったヒゲキタさんの手作り3Dプラネタリウムがある。ニコニコ生放送のその隣で行っている。

Img_2459

 しかし、このままでは晩メシも食いっぱぐれるので、8時30分ごろ急いで夕食をいただきに行く。温泉も夜は12時までのはず。会場の戸田家は、食事も温泉も自慢の老舗旅館なのだから、逃してしまうのは哀しい。食事は2箇所のレストランでのビュッフェ方式のだが、海鮮も多くて、一人鍋もあり、メニューも豊富だった。その後温泉にも入った。
 11時を過ぎてもまだまだ旅館内に人が溢れている。私は今まで長年子連れ家族連れ参加で、特にグループにも属していないので、なかなかいろいろな小集団の飲み会には引けてしまうのだが、ディーラーズでパーティの「酒とケーキの部屋」の人に声をかけてもらったので、覗きに行って、1時間ほど過ごす。この部屋の皆さんは筋金の年季が入っているなあ。私などまだまだ。
 さて、ディーラーズは朝5時までなんだけど、そこまで起きていられる自信はない。そろそろ撤収に行こうと思ったけれど、ヒゲキタさんの3Dプラネタリウムの前を通りかかって、つい最終上映に入ってしまった。今年はニコニコプラネタリウムとタイアップして、2014年に期間限定で大阪市科学館で上映されていたというが観たことがなかった野尻抱介のプラネタリウム作品「宇宙人をさがす冴えたやり方 -沈黙のフライバイ-」も観た。 隣の「さけとば」はどっと人が増えて賑わっていた。ブースを片付けていると、ご当地お菓子の配給がまわってきて、美味しくいただいた。ディーラーズは3時頃に撤収し、寝部屋に戻っても、4人中戻っていたのはひとりだった。

Img_2467

2016年9月20日 (火)

第55回日本SF大会 いせしまこん (その2)

 「いせしまこん」はオープニングがなくて、13時からいきなり企画のコマが始まる。今回、予習があまりできていないので、受付を終えてからディーラーズのブースで店子をしながら、プログラムをチェックする。でも、企画に行く前に、「時刊新聞」の場所を確認して、原稿用紙をもらってくる。都市型大会では1日目が終わったら、ホテルに戻って描きためるんだけど、今回はそんなことしていたら、終わってしまうので、企画の合間にブースでちまちま描くことにする。
 途中から入って、途中で出て申し訳なかったが、「JAXAタウンミーティング」は、華やかな宇宙開発の話ではなく、防災や災害復興と衛星についての地道なお話で、東日本大震災の時は、世界中とつながって大変な仕事だったという体験談もあった。それに、とても立派な資料もいただいて、ホクホクな気分。
 14時30分からは同窓会のような「日本SF図書館員協会」で、SFなぬいぐるみさんのお泊まり会やその他の活動について報告しあう。いつも、最後にくじ引きがあるので、オモテ稼業の読書手帳とブックカバーをカラー印刷してきて景品に提供する。余談ながら、読書手帳は1冊で30タイトル記入できるので、ペリーローダンを現行の新刊まで読むには18冊は必要だ。
 その後の16時からの「星雲賞授賞式」がいちばん人が集まるので、その後にいろいろな事務連絡があった。18時からは「SF古代生物の部屋」、中国で肉食恐竜の化石を発掘している若手女性研究者は、立派なゲーマー(テーブルトーク)でもあり、年齢不詳な読書歴も披露して、よくしゃべるバイタリティのあるオモロイ人だった。研究者や学芸員のオタクもかなりディープだ。おまけに、主宰者のおひとりのサークル「MizunamiMON団」がディーラーズでもお隣だったので、そこでもお話ができた。

Img_2462「SF古代生物の部屋」

 ここまで、昼メシは電車を乗る前に買ったパンをかじっただけで、そのあと13時から20時までほとんどノンストップ。合間にディーラーズに戻って店子をしながら、時刊新聞の原稿を描く。そして、立ち寄ってくださる人たち、さすが合宿型の大会に来るような老若男女問わず濃いSF者、水のいきものの切り絵しおりは、金魚よりリュウグウノツカイよりカンブリア生物のほうが人気がある。それも、学名をスラスラ言える人ばかり。「好きなんです〜」「そうですよね〜、可愛いですよね〜」と偏った話題に話がはずむ。でも、まだまだSF者にとっては宵の口。

2016年9月19日 (月)

第55回日本SF大会 いせしまこん (その1)

 毎年日本各地を遊業する日本SF大会、今年は7月9日(土)・10日(日)に三重県鳥羽市の温泉旅館「戸田家」で開催された。昨年は前泊後泊あわせて4日間休みをもらえたが、今年は本当に〆切ギリギリまで参加できるかどうかわからないスリリングな展開だった。というのも、オモテ稼業で外せない会議が、もし月曜日に決まったら、日曜日は設営・準備のため出勤確実! それが火曜日開催に決まったので、SF大会への参加を決意したのがTwitterのログによると5月17日(自分はボケボケで記憶がない)。それから申込や電車のチケット手配や宅配便発送やディーラーズルームの作品制作も加わり、公私ともチョー多忙になった。しかし合宿型なので、体力は温存しておかないと22時間(9日13時開始、10日11時終了)耐久イベントは保たない。
 その疾風怒濤のイベントを予感するように、近鉄電車で京都から鳥羽に近づくにつれ、雨が激しくなっていき、鳥羽駅に着いた頃には大荒れだった。会場の戸田家の看板は見えるが、歩いて行く気になれないほどの大雨だ。早めに着いて、そんなに急がなくてもいいので、旅館の送迎バス乗り場をさがしていたら、「日本SF図書館員協会」首謀者のてこぺんさんに会った。ご一緒して、バス乗り場に行くと、やはりひと目でわかるSF者がいた。

Img_2450
(駅には「いせしまこん」の歓迎看板があった)

 会場に着いたら、受付も準備中で、こちらも先にディーラーズルームの設営にかかる。今回は和風旅館なので、ディーラーズもお座敷の宴会場で、座卓と赤い座布団が並んでいた。宴会場は他にも「さけとば」(夜の飲み会場)やボードゲームやジグソーパズルやいろいろつまっている。ディーラーズはほとんど無人販売状態になるので、お代を入れる貯金箱、メッセージノート、「ご自由にお取りください」の無料配布同人誌とインフォメーション・ペーパー、おまけのカンボジアのお土産キャンディなどをセッテイングし、いったん受付に向かう。

Img_2451


Img_2453


2016年9月18日 (日)

美保基地航空祭、6年ぶりの基地祭

 6月からほとんど3ヶ月近く沈没してしまった。ああ、この夏は休日によく出歩いた。そのせいで、ほとんど家でパソコンや原稿の前に座ることがなかった。ああ、どうしてくれよう。とりあえず、ネタはたくさんあるのだから、気を取り直して、書いていこう。
 
 ……そして時は遡り、5月29日に、6年ぶりに航空自衛隊の基地祭に行ってきた。今回は、鳥取にある美保基地へのバスツアー。基地祭は、2008年9月に小松基地に行ったのが初体験。その後、同年10月に岐阜基地、翌2009年の10月に岐阜基地11月に小松基地に行った。その後、2011年3月に東日本大震災が起こって、基地祭は全国的に中止になったが、秋ごろから再開されていた。基地祭は平和の象徴と常々思ってたが、この時はヒシヒシと実感した。その後なかなか日程もあわず機会がなかったけど、今回オモテ稼業で休日が取れたので、申し込んでみた。秋には、小松や岐阜でも基地祭があるけれど、行ったことのないところに行ってみたかった。といっても、近畿圏からバスツアーが出ていて、ブルーインパルスの展示飛行がある基地というのはずいぶん限られる。美保基地のほかは、あとは浜松か新田原か…… 
 実は美保基地は、昨年2015年日本SF大会米魂オプショナルツアーで一度訪れている。その時は普通の基地の様子を見せてもらったので、基地祭とはまた別もの。
 当日は、曇ったり、小雨が降ったり、着くまでも天候で一喜一憂の天気だった。着いても、途中で雨が降って、傘とカッパの出番はあったが、幸いそんなに強くは降らなかった。ブルーインパルスの飛行も中止にならずに(もしかしたら、ちょっと端折ったのかもしれないが)終了した。曇り空だったので、スモークが綺麗に写らずにちょっと残念だったが、正確無比、一糸乱れぬ飛行はいつ見ても美しい。でも、やっぱりすごい人波。雨が降るとハンガー内も展示を見る人以外にも雨宿りも兼ねて人が群がるので、なかなか装備に近づけない。屋台の中には、米子のガイナックスシアターも出展していた。今年発売したという美保基地カレー(レトルト)をお土産に買って帰る。基地内の常設のコンビニには昨年会った萌えキャラの備前愛梨ちゃんもいた。
Img_2392


Img_2399


Img_2401


Img_2403


Img_2389


2016年8月12日 (金)

【告知】8月14日コミックマーケット90に参加します

 オリンピックや高校野球の宴たけなわですが、東京ビッグサイトでは今日からいよいよ「コミックマーケット90」が始まります。私は12日、13日が仕事日なので、13日に勤務先から直行して、3日目の14日にサークル参加します。スペースは西ホール「き−05b」です。創作エリアで、比較的まったりしているかと思いますので、ぜひお立ち寄りください。
 なかなか時間が確保できず、新刊がないのは大変申し訳ないのですが、来年のSF大会を申し込んでしまったのでそれを目標にここ1年以内になんとかしたいと思っています。今回は7月のSF大会いせしまこんとペーパーをいっしょにしたのですが、大きく紹介していた「水のいきもの」テーマの切り絵しおりのいくつかの在庫がなくなってしまったので、それをつくり足していました。オオサンショウウオとカンブリア生物のオパビニア+ウィワクシアはできました。あとは最後のリボンつけだけ残っているのですが、新幹線の中かホテルで仕上げようと思っています。あと3種のカンブリア生物は、ちょっと間に合わないかも。夏はイベントに出歩くことも多くて、子どもが家にいると雑用も増えて、家でじっと創作している時間が少なくなる…… なかなか悩ましいです。出歩いたネタはたまっているのですが、ブログ記事を書く時間もありません。ああ、1日40時間ほど欲しい!
 日本列島熱帯化で、ことのほか暑くなりそうなコミケ。みなさん、熱中症に気をつけて参戦してください。

 今回のおまけは、千葉県立博物館の「驚異の深海生物」、池袋ジュンク堂の吉野朔実原画展、神奈川県立近代美術館・葉山館の「クエイ兄弟ーファントム・ミュージアム」あたりを狙っています。

2016年6月27日 (月)

映画「火の山のマリア」

「火の山のマリア」 2015年 ヴァテマラ/フランス 93分
 ミニシアター券があと1枚あったので、現在上映している中から、「これ」と思うものをカンで選んだ。京都シネマで上映していた火山のふもとの高地に住むマヤ民族の少女を主人公にしたヴァテマラの映画。ヴァテマラといえば中米の小さな国で、以前読んだ旅行記にアンティグアという町に「禅」という安宿があったなあ……と連想するくらいで、あまり予備知識なく観たのだけど、これはとても良かった! 舞台はアンティグアのような町ではなく、火山の麓の田舎だ。淡々と描かれるマヤの貧しい日常の暮らし。あまり表情のない娘マリアとよくしゃべる母親。マリアの妊娠が発覚し、出産直前に毒蛇にかまれ、都会の病院に行く。地元の言葉カルチケル語しか話さない先住民と周囲で交わされるスペイン語の会話。そこに社会のひずみが押しつけがましくなく描かれる。
 パンフレットを買ったら、岩波ホールのエキプ・ド・シネマのパンフだった。解説が詳しく、勉強になる。

2016年6月26日 (日)

映画「地獄の黙示録」

「地獄の黙示録」劇場公開版〈デジタルリマスター版〉 1979年 アメリカ 147分
 春に、インド映画を京都と大阪で何作品か上映されるので、関西のミニシアターを共通で使える割引券を買っていた。しかし、年度末年度初めの繁忙で結局1回も行けずじまいで有効期限が近づいてきた。そこで、『ディエンビエンフー』つながりでベトナムにちょっと入れ込んでいるので、京都みなみ会館でデジタルリマスター版が上映されていた「地獄の黙示録」を観てきた。
 これは超ユーメイな作品なのだが、ちゃんと映画館で観た記憶がない。TV放映を観たかもしれないのだが、あまりよく覚えていない。改めて観ると、やっぱりなかなかド迫力な映画だった。『ディエンビエンフー』のパラレルワールドの狂気に負けず劣らす、「地獄の黙示録」ではベトナム戦争でのアメリカ軍の狂気が強烈に描かれている。サーフィンしたいがために攻撃をしかけるか? あの、奥地のキャンプでの狂乱はなに? 躁状態でないとやってられないのか。でも、コッポラは別にベトナムでなくても戦場ならどこでも良かったんだ。戦争の狂気を描くのに、ちょうどアメリカが敗戦したベトナム戦争がハマっていたわけか。原作となった『闇の奥』の舞台はアフリカだったようだし、ロケはほとんどフィリピンでされていたようだ。カーツ大佐が王国を築くカンボジアの先住民の描写もヘン。ベトナムとカンボジアであんなに文明の差はないだろう。ずいぶん呪術的におどろおどろしく未開人っぽく描かれている。やっぱりこれはアメリカの映画なんだなあ。ごめん、ちょっと見方が偏っている。

2016年6月25日 (土)

マンガ『ディエンビエンフー』12巻(未完)

『ディエンビエンフー』 西島大介著 (小学館)
 前日の記事『WOMES』とは、戦争つながりか、「IKKI COMIX」つながりか? でも、そうでなくても、11巻までイッキ読みして以降、待望の新刊! 待ってました! え? ええぇ〜! 12巻が最終刊! そして未完! 本屋で見つけた時にボーゼンとしてしまった。
 この物語の終わりは、1巻のプロローグに描かれている。1973年3月米軍完全撤退。あの爆発はなに? 12巻でまだ1970年、寓話的な胡志明杯(ホー・チ・ミン・カップ)のステージで、米軍、ベトコン、北ベトナム、カンボジア、ラオス、フランス、中国、オーストラリア、ソ連などが入り乱れ、血で血を洗う。そして、ふたりはまだお互いを知らない…… この狂気をはらんだ危険な物語はまだ終わらない…… いつかどこかで再開して、1巻のプロローグまで連れていってほしい。

«マンガ『WOMES』第5巻(完結)