2018年2月17日 (土)

「紙博 in Kyoto」

 Lmagaのメーリングリストで、12月23〜24日に「京都市勧業館みやこめっせ」で「紙博」というものが開催されると言うのを知って行ってみた。「紙」という字をみると、つい反応してしまうのがいけない。
 ヤボ用の後で、2日日の24日の終了まで2時間を切って会場に入ったのだが、まだまだ賑わっていた。紙そのものより、紙製品やハンドメイドのグッズが多く、各地の小さな店舗が出張で集まっているという様子だった。すでに、会場内のワークショップやシールラリーなど終わっているものもあったり、売り物も品切れのものもあるようだったが仕方ない。その中で、徳島の「アワガミファクトリー」のブースで、皮のような光沢の和紙を買った。これで、オオサンショウウオの切り絵しおりが復活出来そう!
 ……こんなかんじで創っている。

Img_4090


Img_4092


Img_4096


2018年2月16日 (金)

「ガラスの仮面展」

 近年、自分が10代から知っている(デビュー当時から知っている人もいる)マンガ家さんが、画業30周年40周年……とか迎えられ、いろいろ原画展が開催されている。みなさん、まだパソコンがない頃から描かれているので、アナログ原稿が美しい。マンガ家の原画展が初めて美術館で開催されたのは、私の記憶にある限り1990年東京国立近代美術館の「手塚治虫展」。それまで、マンガ原稿が公立の美術館、博物館で大々的な展示になるなんて思ってもみなかった。東京まで観に行った。それから幾星霜。美術館やギャラリーでのマンガ原画展が少しずつ増えてきた。マンガ家やマンガ作品が芸術として世に認められてきたのか。しかし、現代はCGが主流になって、マンガ作品に原画というものがないという変化も現れてきている。
 そんな中で、2017年12月1日〜25日まで京都駅の美術館「えき」で開催された「ガラスの仮面」展に行ってきた。『ガラスの仮面』連載40周年記念とのことだ。私も高校の頃友人に「花とゆめ」を回してもらって読んでいた。(自分は「別冊マーガレット」を回していた)ちゃんと覚えていなかったが、1976年の新年第1号に和田慎二の『スケバン刑事』と同時に新連載だったのだ。コマ割の原画があるとつい読んでしまう。雑誌連載で読んでいたことのストーリーってけっこう覚えているものだ。毎回「次はどうなるんだろう」という引きがある。そのあたり、美内さんはストーリーテラーなんだろうなあ。でも、絵は少女マンガの王道で、それが40年間あまり変化がないのは、同一連載を続ける上では重要ポイントだと思う。でも、早く完結してほしい。会場に美内さんご自身の映像があって、まだ終わらない「ガラスの仮面」だけど、最終回ラスト7ページは既に決めているらしい。それを読めるのはいつ?
 会場の入り口には「あなたのファンより」の紫の薔薇の花束もあり、名シーンの顔はめパネルもある。図録以外にTwitterで話題になっていた白目クリアーファイルもつい購入。

Img_4089


Img_4087


Img_4094


2018年2月14日 (水)

マンガ『バレエ星』

『バレエ星』谷ゆき子著(立東舎)
 前日の記事のイベント「今年のマンガを振り返るぞ!2017」でも話題にのぼったが、一昨年度あたりから谷ゆき子が復活している。といっても、ちゃんと仕掛け人がいるのだが。
 前に記事を書いた2016年10月に、『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』が立東舎から発行された。2016年10月27日(木)〜2017年1月31日(火)まで、京都国際マンガミュージアム(以下MM)で「ミニ展示「すごいぞ!こわいぞ!谷ゆき子!」が開催。2017年1月29日 MMにてのイベント「やっぱりすごいぞ! 谷ゆき子」はご長男の谷垣宏尚さんとMMの倉持佳代子さんと京都精華大学国際マンガ研究センター研究員の雑賀忠宏さんのトークイベントもあった。
 そして、ついに2017年10月『バレエ星』が復刻された。720ページの自立する本、学年誌3年間の連載、読むのに2時間半ほどかかった。前半のほうが超展開でぶっとんでいた。絵の方では、今みてもおしゃれなファッションが散見して、本当にセンスのいい人だったんだなあと思う。残存の数少ない原画をMMで観たことがあるが、細い線も美しく、原稿が見つからないのはとても残念。その頃の粗い印刷の雑誌からの復刻はとても大変だったかと思う。谷ゆき子の存在は、実はけっこうジェネレーションギャップがある。星シリーズは学年誌で約10年間、その年代に小学館の学年誌を読んでいた女の子(男の子はあまり覚えていない)にほぼ限られていた。その世代の中でも、私は『白鳥の星』の年代だったので、違う学年誌に掲載されていた『バレエ星』を通読したことがない。しかし、この復刊によって、1969年の「小学1年生」1月号から1971年「小学4年生」12月号までを読んでいない老若男女も『バレエ星』を読むことができるようになったのだ。めでたい! 出来れば次は『白鳥の星』の復活を!

2018年2月13日 (火)

イベント「今年のマンガを振り返るぞ!2017」

 やっと、ネタが年末に近づいてきた。12月19日(火)に京阪電車なにわ橋駅のアートエリアB1にて、ラボカフェ「今年のマンガ界を振り返るぞ!2017」というイベントがあった。大阪大学の金水先生の進行(になってたかな?)で、雑賀忠宏さん、吉村和真さん、倉持佳代子さん、伊藤遊さんといったマンガ学会、京都精華大、京都国際マンガミュージアムがらみの人が2017年の発表・発行されたマンガについてしゃべりまくるといった企画だ。どうやら毎年やってるらしい。
 地上の中之島イルミネーションの雑踏をかき分けて、18時開始ギリギリに到着すると、参加者の半分以上は大学や学会の関係者のような気もするのだけど、50席はほとんど満席状態。知らないマンガ情報がいっぱいだった。最近特に雑誌連載の情報にはトンと疎いなあ。初参加だったが、聴講者もそれぞれイチオシ本を持参という企画だったので、一応空気を読んでと3冊持っていった。2冊は話の流れで先に話題にのったが、結局は全員発表じゃなかったので、晒さずに済んだσ(^_^;)  持ってったのは、『ポーの一族 春の夢』『バレエ星』『ディエンビエンフー true end』

2018年2月12日 (月)

写真集『渋イケメンの世界 〜美しき働き者たちへの賛歌〜』

 『渋イケメンの世界 〜美しき働き者たちへの賛歌〜』三井昌志著(雷鳥社)
 目ヂカラの強いやたらかっこいいおじちゃんやおじいちゃんを集めた写真集『渋イケメンの国 〜無駄にかっこいい男たち〜』に続く第2弾。
 今回カメラマンの三井さんがフォーカスしたのは「働く男」。主に肉体労働に従事している男たちを撮っている。インドのタミルナドゥ州の染色工場、ラジャスターン州のラクダの放牧、グジャラート州のサリーのプリント工場や鋳造工場、そしてバングラデシュやミャンマーのロヒンギャの村にも赴いている。ぱっと見、年齢不詳。決して良いとはいえない労働条件で働いている彼らは、見た目より実年齢は若いんだろうなあと想像する。だが、隣の芝生をうらやましがらない自分の人生は、貧富の差は関係なく、ムンムンする生命力にあふれている。
 ネットで著者のサイトに注文したので、著者サインと絵葉書つき。著者の公式サイト「たびそら」はこちら

Img_4020


2018年2月11日 (日)

タラブックスが素敵

 昨年秋以降、インドのタラブックスの話題が豊富だった。タラブックスは、このblogでも何度が本を紹介(『夜の木』『水の生きもの』『TSUNAMI』『世界のはじまり』)しているし、イベントレポも書いたが、こんなにまとまって話題になったことはなかった。
 11月25日から1月8日まで、東京の板橋区立美術館で、「世界を変える美しい本 –インド・タラブックスの挑戦−」展が開催された。日本で初めてのタラブックスの展覧会だったが、皇后様もご覧になったとTVや新聞にも報道され、ちょっと注目された。秋はオモテ稼業もイベントが積んでいるし、コミケのついでと思っても、公立だから12月29日〜1月3日は閉館なのよね〜(T-T) 
 残念ながら展覧会には行けなかったが、この関係で「タラブックス」の代表ギータ・ウォルフさんと編集者V・ギータさんが京都にもやってきた。12月3日に恵文社一乗寺店「タラブックスが見た世界」というイベントが開催されたのだ。エスコートと進行は、装丁家の矢萩多聞さん。
2人のギータさんは、その日に東京の方からやってきたという疲れも見せず、キラキラと光る目で、熱く自分たちの本作りを語ってくれた。出版本の中から、初期に創って永らく再販されていなかった『Beasts of India』と絵本といえどストーリーになかなか蘊蓄がある『Water』を詳しく紹介してくれた。
 また、展覧会の図録が一般書店売りもされている。
『世界を変える美しい本 –インド・タラブックスの挑戦−』(ブルーシープ)
日本語訳が出ていない本もいっぱいあるし、シルクスクリーンの手刷りなので部数自体すくないので英語版等でもお目にかかったことのない本もたくさんあるし、仕掛け絵本や凝った装丁の本も多いので、いちど現物をみていたいなあ。

Img_4169


2018年2月10日 (土)

蔵前仁一の旅の3冊

 遅れがちなblogだが、インドネタ3本を連投する。

 先の1月17日の雑誌「旅行人」166号復刊ネタの続きになるが、その「旅行人」の記事をみて、編集長蔵前仁一さんの発行した3冊を通販した。いや、発行されたのは知っていたが、東京での回顧展でしか手に入らないと思っていたのだ。
 『ゴーゴー・インド30年 旅の記憶』 「蔵前仁一旅の回顧展1986—2017 公式パンフレット」
 『旅日記 3』
 『THE ART OF MEENA』

 先だって、昨年の9月29日から10月4日まで、東京の早稲田奉仕園リバティホール&スコットホールギャラリーで、「蔵前仁一旅の回顧展1986—2017」というイベントが開催された。東京で、1週間足らず……当然行けない(T-T) 『ゴーゴー・インド』は凱風社刊の旧版(1986年)も、CD付きの旅行人刊(2001年)の新版も持ってるぞ。そうか……30年か。トシをとるはずだし、インドも変わったり変わらなかったり。バックパッカーをやる根性はなかったが、私がツアーに1人参加して初めてインドに行ったのも『ゴーゴー・インド』の出版と同じ1986年だった。あの時、バラナシの土産物屋さんで、偶然クミコハウスのシャンティさんに会ったんだよなあ、としみじみと思い出す。シャンティさんも今年の1月15日に亡くなった。
 『旅日記 3』は、その『ゴーゴー・インド』の本になった1985年1月30日〜3月13日の絵日記。ちなみに1は中国で、2は東南アジアで、これが日記の3冊目らしい。ノートの汚れも紙の裏写りもそのままに再現している。イラストも満載。蔵前さんの字もまるっとしていて、読みやすいなあ。
 『THE ART OF MEENA』は、ラージャスターンの先住民族ミーナーの壁画の写真集。真四角のカワイイ本だ。
 って、これらの本って、ISBNもなく、ほとんど同人誌? 書店売りもしていないだろうからけっこうレアかも? おまけに版元通販だから、蔵前さんのサイン入りよ!


Img_4168


2018年1月30日 (火)

宝塚歌劇と『ポーの一族』

 最近すっかり備忘録となっているこのblog。「それはいけない」とちょっと順番を入れ替えて、最近のネタの中で、ぜひ書いておきたいものを先に記しておきたい。

 『ポーの一族』の40年ぶりの新作が掲載された雑誌「flowers」の2016年7月号が異例の重版とか、『ポーの一族 春の夢』のコミックスの発売とか、「萩尾望都SF原画展」の全国巡回とか、最近望都さまの話題がつきないが、ついに『ポーの一族』が宝塚歌劇の舞台になった。
 「どんなもんだかなあ……」とはじめは様子見だったが、広報のビジュアルが出たらけっこう話題になっていて、「ちょっと観てみたい」という気になってしまった。しかし、一般チケットの発売日から1週間ほど遅れてしまったら、ネットの方ではすべてソールドアウト! すっかり諦めていたら、友人が劇場窓口に問い合わせてくれて、2階席の後ろから2番目だったが、席をとってくれた。ありがとう! 聞けば、もともとのヅカファンと原作ファンとの相乗効果もあり、主役が人気急上昇中のスターさんでもあり、大変な人気なんだとか。
 宝塚は30年前ぐらいか、ずいぶん前一度観に行ったことがあるが、久しぶりに行くと様子を全く覚えていなかった。その間、震災もあり、建物も建て代わり、景色もずいぶん変わったんだろうとは思う。しかし、平日にかかわらず、なんだ?!この人出は! それも年齢層は幅広いがほとんど女性! 駅前から劇場のレストランや売店まで大賑わい。宝塚大劇場は2500人ほど入るらしいが、ものすごい経済効果だなあ。
 上演は休憩30分を挟んで3時間だった。原作は原作、宝塚は宝塚でよかったですよ〜 スターさんの美々しさもあるのだろうが、小池修一郎さんの脚本・演出が良いのだろう。パンフレットに「宝塚化とは、70人を超える出演者に役を与えることであり、フィナーレを含め2時間30分に収めること」と書かれている。その上で、宝塚のスター・システムで役を配して、1枚の舞台で場面転換をするとなると、脚本も演出もけっこう制約が多い。原作の改変部分は、それを考えると「なるほど」と納得するものばかりだった。ポーツネル男爵の住まいは岬の一軒家ではなく、ホテルになっている。他にもシーラが一族に加わる儀式(婚約式)や、エドガーが目覚めて始めて少女を襲うシーン(市場)とかも状況を変更して登場人物を増やしている。原作にはない降霊術イベントも、そのひとつかもしれないし、『ホームズの帽子』のオマージュとも思えるし、ストーリーの伏線になるセリフも含まれているが、これはちょっと違和感を覚える。
 また、ストーリーは『ポーの一族』をメインに『メリーベルと銀のばら』の前半を加え(後半のユーシスの絡む話はすっとばかす)、狂言回しの伝説探索の4人によって、前後の短編ストーリーの部分を補完しているという、厳しい時間制限の中、なかなか凝った欲張りな内容だった。原作ファンなら舞台にあわせて原作のシーンが頭に巡ってしまうのだが、登場人物がけっこう多いので原作を知らない人は把握できただろうか? そして小池さんは、エドガーが一族に加わる場面で「一族を導く者に」か「大老ポーの後継者に」といったセリフを加えている。『ポーの一族 春の夢』の影響? 『ポーの一族』の頃は、そんなに一族の跡継ぎという考え方はオモテに出てきて無かったかと思うのだが。 
 あと、ちょっと残念だったのはバンパネラがチリになるところ。老ハンナはそれらしく消えたが、メリーベルと男爵(死に方変更)が銀の玉を撃たれ、シーラ夫人が力尽きてしまうところは、死んだら舞台後ろに連れ去られただけだった。
 そうはいっても、原作ファンにとっても満足し、いろいろ語りたい舞台だった。気のせいか、夏に梅田芸術劇場で観た時より、客席の宝塚の法則(スターさんが出てきたら、息をあわせて拍手や手拍子をするなどのお約束な一体感)はそれほどキョーレツには感じられなかった。原作ファンで、宝塚歌劇だからとそんなにのめり込んでいない人も多かったのかも。
 そして、自分的お土産は、パンフレットと薔薇の香りの紅茶。紅茶はメイド・イン・ルピシアで、望都さまのイラスト入りの缶に入っている。
 この宝塚大劇場での花組公演は、1月1日〜2月5日でもうすぐ終了するが、次に東京宝塚劇場での公演が2月16日〜3月25日に控えている。雑誌「flowers」の3月号には望都さまと演出の小池さん、花組トップの明日海りおさんのゴージャス鼎談も掲載されているし、タイトルとかはまだだけど原作の新シリーズももうすぐ始まる。まだまだ話題を振りまいてくれそうな望都さまだ。

Img_4185_2


Img_4188_2


Img_4189_2


Img_4194_2


Img_4198_2


2018年1月17日 (水)

「旅行人 No.166」1号だけの復刊

 蔵前仁一さん編集の雑誌「旅行人」が昨年2017年9月に1号だけ復刊した。2011年12月に165号で終刊して5年9ヶ月、たしかにこの先どうなるかわからないというようなことを書いてあったかもしれないが、本当に復刊するとは思わなかった。
 今回の特集は「インド、さらにその奥へ」……ディープだ。パワーは少しも衰えていない。内容も装丁も165号からそのまま読める。ここに凝縮するまで、約6年というのが、今の自然なペースなのかな。
 さて、2016年11月にインドで、モディ首相の号令のもと、高額紙幣が使えなくなる事態があった。その11月8日、まさにその日に、蔵前さんはミーナー壁画を探しにインドに到着したのだ。その旅行記が巻頭にある。いや〜、なかなか遭遇しない事態に遭ったんだよね。良いネタひろったともいえるが、実際はとても大変そうだった。
 他の記事も目新しく知らないインドをいろいろ魅せてくれたのだが、小川周佑(しゅうすけ)さんの「国境線が変わる日」がいちばん面白かった。インド−バングラディシュの国境地帯にこんな点々とした飛び地群があったとは知らなかった。その「クチビハール」という飛び地は、2015年8月1日の領土交換によって、今は無い。インドは常に動いている。また、齋藤正助さんの「クミコハウスの物語」では、バラナシのゲストハウス「クミコハウス」の最近の様子と、2017年1月17日に亡くなったシャンティさんの晩年の様子とそれを見守る久美子さんが描かれている。井生(いおう)明さんのケララ州カリヴェルールの祭りテイヤムの記事や、アジアハンター代表の小林真樹(まさき)さんのアーンドラ料理・トゥルナードゥ料理クールグ料理・マーピラ料理の食べ歩きなど、ふだんあまり情報が届かない南インドのレポートも面白い。

Img_4167


2018年1月14日 (日)

「鋼の錬金術師展」

 実写映画の『鋼の錬金術師』の公開記念で、原作マンガの原画展が開催された。正直、映画よりもこっちの方がうれしい! 先に東京で開催されたが、大阪では11月3日〜30日に大阪南港ATCミュージアムで開催された。期間が1ヶ月弱あるとはいえ、秋はいろいろイベントが重なって、オモテ稼業も繁忙で平日もなかなか休めない。混雑の情報が流れてくるので、できれば平日に行きたかったが叶わず、11月19日の日曜日に行ってきた。ATCについて、入り口のお兄さんに聞いたら「だいたいここから入場1時間待ちですね」……ムムム、でもここまで来たらならぶしかないので、ならんでいたら「音声ガイドは90分待ち 待ちです〜」という放送が聞こえてきた。正味、会場に入るまで40分、中で2時間、そして昼メシを食いっぱぐれた。
 原画はカラーもモノクロも思ったより点数がたくさんあった。そして、オール手描き。作業中の映像もあって、荒川さんにカラーはリキテックス、手は早いけれど、きっちりマスキングして背景と分けて描いている。乾かすのはドライヤーも使っているけれど、一枚一枚とても丁寧に描いている。絵に添えている作者の一言も楽しい。「雪を降らすのを忘れた」という絵が2枚あった。モノクロ原画は、意外とベタが薄いけれど、印刷したらこれで十分きれいなんだ。やっぱり、バトルの動きがかっこよくて決まっているなあ。他にも、参考にしたモデルガンや刀も展示している。最後には、自画像の金色の立体像もあった。人はいっぱいだったけれど、原画との距離が近くて、十分堪能できた。
 スーベニールの「ハボック雑貨店」もものすごい混雑だったが、とりあえず『荒川弘イラスト集』(会場売りのものはスペシャルエディションのDVD付き)と公式パンフレットだけは確保して引き上げた。

Img_4024


Img_4023


Img_4037


Img_4039


«「学園前アートフェスタ2017 メメント・森」