2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2018年1月17日 (水)

「旅行人 No.166」1号だけの復刊

 蔵前仁一さん編集の雑誌「旅行人」が昨年2017年9月に1号だけ復刊した。2011年12月に165号で終刊して5年9ヶ月、たしかにこの先どうなるかわからないというようなことを書いてあったかもしれないが、本当に復刊するとは思わなかった。
 今回の特集は「インド、さらにその奥へ」……ディープだ。パワーは少しも衰えていない。内容も装丁も165号からそのまま読める。ここに凝縮するまで、約6年というのが、今の自然なペースなのかな。
 さて、2016年11月にインドで、モディ首相の号令のもと、高額紙幣が使えなくなる事態があった。その11月8日、まさにその日に、蔵前さんはミーナー壁画を探しにインドに到着したのだ。その旅行記が巻頭にある。いや〜、なかなか遭遇しない事態に遭ったんだよね。良いネタひろったともいえるが、実際はとても大変そうだった。
 他の記事も目新しく知らないインドをいろいろ魅せてくれたのだが、小川周佑(しゅうすけ)さんの「国境線が変わる日」がいちばん面白かった。インド−バングラディシュの国境地帯にこんな点々とした飛び地群があったとは知らなかった。その「クチビハール」という飛び地は、2015年8月1日の領土交換によって、今は無い。インドは常に動いている。また、齋藤正助さんの「クミコハウスの物語」では、バラナシのゲストハウス「クミコハウス」の最近の様子と、2017年1月17日に亡くなったシャンティさんの晩年の様子とそれを見守る久美子さんが描かれている。井生(いおう)明さんのケララ州カリヴェルールの祭りテイヤムの記事や、アジアハンター代表の小林真樹(まさき)さんのアーンドラ料理・トゥルナードゥ料理クールグ料理・マーピラ料理の食べ歩きなど、ふだんあまり情報が届かない南インドのレポートも面白い。

Img_4167_2


2018年1月14日 (日)

「鋼の錬金術師展」

 実写映画の『鋼の錬金術師』の公開記念で、原作マンガの原画展が開催された。正直、映画よりもこっちの方がうれしい! 先に東京で開催されたが、大阪では11月3日〜30日に大阪南港ATCミュージアムで開催された。期間が1ヶ月弱あるとはいえ、秋はいろいろイベントが重なって、オモテ稼業も繁忙で平日もなかなか休めない。混雑の情報が流れてくるので、できれば平日に行きたかったが叶わず、11月19日の日曜日に行ってきた。ATCについて、入り口のお兄さんに聞いたら「だいたいここから入場1時間待ちですね」……ムムム、でもここまで来たらならぶしかないので、ならんでいたら「音声ガイドは90分待ち 待ちです〜」という放送が聞こえてきた。正味、会場に入るまで40分、中で2時間、そして昼メシを食いっぱぐれた。
 原画はカラーもモノクロも思ったより点数がたくさんあった。そして、オール手描き。作業中の映像もあって、荒川さんにカラーはリキテックス、手は早いけれど、きっちりマスキングして背景と分けて描いている。乾かすのはドライヤーも使っているけれど、一枚一枚とても丁寧に描いている。絵に添えている作者の一言も楽しい。「雪を降らすのを忘れた」という絵が2枚あった。モノクロ原画は、意外とベタが薄いけれど、印刷したらこれで十分きれいなんだ。やっぱり、バトルの動きがかっこよくて決まっているなあ。他にも、参考にしたモデルガンや刀も展示している。最後には、自画像の金色の立体像もあった。人はいっぱいだったけれど、原画との距離が近くて、十分堪能できた。
 スーベニールの「ハボック雑貨店」もものすごい混雑だったが、とりあえず『荒川弘イラスト集』(会場売りのものはスペシャルエディションのDVD付き)と公式パンフレットだけは確保して引き上げた。

Img_4024


Img_4023


Img_4037


Img_4039


2018年1月 6日 (土)

「学園前アートフェスタ2017 メメント・森」

 1月になってしまいましたが、まだ昨年のネタが残っているので、しばらくおつきあいください。

 近鉄の学園前駅って降りたことないなあ。住んでいる人は何人か知っている。住宅地だと思っていた。そこで、11月4日(土)〜11日(土)「学園前アートフェスタ」というのをやっていると、アート好きの友人から聞いたので、行ってみた。駅を降りてみると、けっこう大きな駅で、駅前にショッピングセンターや大学もある。しかし、イベントエリアの方向に歩いて行くと、ホントに住宅街(しかし豪邸)で店舗とかはなにも無い。日曜日に行ったのに、参加者がほどほどで、静かで落ち着いている。ふだんはもっと静かなんだろうなあ。
 知らなかったが、このイベントは2015年から開催されていて、今年で3年目だという。今年のテーマは「メメント・森」。再生する命のシンボルである森をテーマに11組のアーティストが作品を出展している。こういうイベントは作品だけでなく、そのエリアや会場となる建物もふだん入れないようなところもあり、興味深い。展示番している人も、ご近所の人のようで、あまりイベント慣れしていなさそう。数は少ないは面白い作品がある。浅沼記念館にあった新野洋さんの魚竜の骨っぽい流木とか、田所尚美さんのベランダに散らばる陶作品とか、川﨑仁美さんの植物が群れる茶室のアートとか。期間限定の前部家住宅のブックカフェでちょっと休憩していると、となりの大和文華館文華ホールでギャラリートークがあるとスタッフの人が声をかけに来てくれた。大和文華館文華ホールは、建物も大正風でおしゃれ。大きなキノコのような木彫の作品を展示している原田要さんのお話を聞いた。
 無理なく、力を抜いて回れるイベントだった。

Img_3988


Img_3991


Img_3993


Img_3994


Img_3990


2018年1月 3日 (水)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいします。
昨年は6年ぶりに新刊を出すことが出来ました。薄くてもやっぱり新刊はうれしいです。今年も描きたいネタがあるので、出せたらいいな。「工房しのわずりぃ」はボツボツと活動を続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。

切り絵年賀状を始めて干支がひと巡りしました。手法を変えて……とも思ったのですが、ちょっとイマイチなデザインの年もあったので、もうひと巡りしたいなと考えています。

2018hp_2


2017年12月29日 (金)

【告知】12月30日(土)コミックマーケット93に参加します

 既に今日から、ビッグサイトで冬コミが開催されています。昨年に続いて、夏コミ落選、冬コミ当選となったので、1年ぶりにコミケに参加します。
 スペースは、東ア−29a。創作(少女)のエリアです。なぜか今回は周囲に知っているサークルさんがいっぱい! 旅行や評論ジャンルは31日なので覗けないのは残念ですが、当日のお買い物はコンパクトにまわれそうです。

 さて、夏コミが落選したので、今回コミケとしては6年ぶりに新刊があります! 『ギョギョっと深海魚』24P 200円 薄い本ですみません……。1年前に冬コミの行きがけに沼津港深海水族館へ行った道中記とか、深海本とか深海生物4コマとか深海生物切り絵などをギュッと収めています。

Img_3449


Photo


 その後、SF大会や即売会に何回か参加したので、グッズも増えています。
シーラカンスとリュウグウノツカイの切り絵絵はがき

Img_3693


すかし葉の切り絵しおり

Img_4097

イメージに和紙が見つかったので、オオサンショウウオの切り絵しおりを2年ぶりに復活

Img_4100_2


1年半ぶりにアノマロカリスの切り絵しおりを5枚だけ復活


Img_4099

スペースはちょっと賑やかになっているので、どうぞお立ち寄りください。

2017年12月13日 (水)

「いきもにあ equimonia」(みやこメッセ 11月11日・12日)

 2015年12月12日・13日で開催された「いきもにあ」が2年ぶりに11月11日・12日、同じみやこメッセで開催された。
実は、開催の情報をキャッチしたとき、カンブリア生物と深海生物ネタの本とグッズがあるので、サークル参加申込みをしてみたが、残念ながら落選だった。
 そこで、昨年同様、休日が取れた1日に一般参加で行ってみた。前回、お昼頃に行ったら大変混んでいたので、今回は10時の開場前についたが、すでにすごい列だった。即売会の規模としてはそれほど大きくはないが、ありとあらゆる生き物のプロ・アマのおたくが集うので中身が濃い。そして、研究者のお話が日に各3回あるのだけど、これがまた楽しい! 2日間の出演者がちがうのだけど、2日連チャンの参加はムリなので、本日のプログラム3講演をコンプリートした。
 11月12日(日)の講演第1部は片山なつさんによる「川苔草にまつわるエトセトラ」、第2部は増井真那(まな)さんによる「フシギでカワイイ変形菌」、第3部は林亮太さんによる「ウミガメ・クジラに付くフジツボたちのはなし」だった。このディープなラインナップ! 片山さん、いままでの講演では植物の話としても、女性の研究者としても初登場というけれど、でもコケではない川苔草の研究というのも珍しい。生息地は日本では、九州の一部に限られているし、なかなか簡単にいけないところに生えているらしい。増井くんは、16歳の高校生。菌類ではない変形菌に魅せられて、5歳から10年ものあいだ研究している増井くんのお話は、内容も態度も機転も大人顔負けのわかりやすく素晴らしい発表だった。この度、『世界は変形菌でいっぱいだ』という著書をだしたとのこと。パチパチ……。林さんはフジツボのなかでもいつもウミガメやクジラにしか付かないフジツボを研究している。船に乗ってあっちこっち、なかなかワイルドな研究だなあ。
 物販スペースにもオタクな博士がたくさんいて、「マンボウなんでも博物館」で、ついマンボウについている寄生生物の本を手に取ってしまい、澤井悦郎さんに著書の『マンボウのひみつ』(岩波ジュニア新書)にサインをいただき、マンボウの干物を写真にとらせていただいた。その近くでは沖縄の「海藻のはなし」のオールカラー本を無料配布していて、ありがたくいただいた。ん?いろいろすごいグッズが並んでいるのに、紙ものばっかり。ランチは岡崎公園の屋台のバラ焼き定食を食べて、スタバでちょっと休憩した以外は、どっぷりいきもにあに浸っていた。
 
 後日、ネットから、来年は神戸で開催という情報が流れてきた。ポートアイランドの国際展示場あたりかな。ちょっと遠くなるなあ。

Img_4004


Img_4011


Img_4015


Img_4016


Img_4010


Img_4014


2017年12月12日 (火)

「としょけっと」in 図書館総合展

 私のTwitter、Facebookは同人用のコンセプトで始動しているので、オモテ稼業ネタについては極力書き込みをしないようにしている。というものの、オモテ稼業もTwitterやFacebookがだんだん旺盛になり、公式以外にも個人でも使う人が多くなってきて、仕切りをどうしようか最近悩んでいる。オモテ稼業の交流用のアカウントをもうひとつつくるか? しかし、それを更新・管理する思考と時間の余裕を確保する自信は全くない。というわけで、今のところ、オモテ稼業の知り合いには、私のウラ稼業ネタのアカウントと了解のうえなら、来るものは拒まずというというスタンスでいる。

 さて、今回さらにその境界を曖昧にするようなイベントがあった。オモテ稼業のフィールドで、年に1回「図書館総合展」というイベントがあり、今年もパシフィコ横浜で11月7日〜9日の期間に開催された。 図書館業界にもいろいろな全国大会や研究集会があるけれども、今年で19回目となるこのイベントは図書館関係者だけでなく、関連業界や社会教育も含み、規模が大きく、参加登録すれば図書館関係者でなくても参加できる(他のイベントが参加できないわけではないが)オープンな雰囲気だ。だが、並行して複数進行しているフォ-ラム企画は、現在と未来の図書館について熱く語っている極めてマジメな内容なのだ。
 その中で、「としょけっと」という図書館ネタオンリーの同人誌即売会が行われた。図書館ネタオンリー、委託オンリー、平日3日間という同人誌即売会からみても希な試みなのだ。イメージとしては、委託オンリーではあるが、SF大会におけるディーラーズルームのような立ち位置かと思う。(しかし、主催者運営ではなく、あくまで企画にひとつ) 思いついて実行した企画者のみなさん、すごい! ありがとうございます! 私はその募集中の時期に、同じ同人誌即売会に参加していた同人から教えてもらった。ホームページを見つけて、詳細を確認して申し込んだ。Twitterもフォローした。
 ありがたくスペースをいただけたので、『ライブラリー♥シンドローム2000—2005』(完結巻)の発送準備を行った。久しぶりの委託参加なので、いろいろオマケをつけた。特にチラシ配布があったわけではなく、口コミとネットでどれくらいのサークルが集まるかわからないし、一般参加者の客層も違う。本も古いし、どのくらい発送したらいいのか予想がつかない。が、「敵の規模が不明なときは最大戦力をもって迎え撃つ(銀英伝 うろ覚え)」ということで、上限の50冊送り出した。
 主催者のTwitterで会場の様子の画像も上がっていたが、思ったより広い。参加は26サークル、その中にはコミティアなどで知ってるサークルさんもいる。1日目から完売したサークルもあるようで、なかなか盛況だったようだ。1サークル5種まで本を出展できるので、100タイトル弱ぐらい並んだのかな? ともあれ、新しい可能性を拓いた企画だった。

2017年12月11日 (月)

「秋の古本まつり」(知恩寺 11月1〜5日)

 恒例の知恩寺も古本まつりが今年も11月1日〜5日に開催された。秋はイベントが多いので、毎年は行けないが、今回は行くことができた。それも古本日和のいい天気(^-^) 。でも、紅葉シーズンで市バスがとても混んでてちょっとへこたれた。新古書店とはちがうディープな古本屋さんが集まるが、それぞれ得意分野があり、こちらも全部を均一に見ていく時間も体力もないので、運の良さとカンが勝負だ。といっても、そんなに買う気満々で行くわけでは無くて、「まあ、巡り合わせが良くて気に入ったのに出会えたらいいな」って感じ。昔、河原町に京都書院があった頃、好きな画集や写真集があっても学生には高価で手が出せなかったような本とか。(出会えても高すぎて手がでない場合もあるが)
 今回の収穫はまず、3冊500円の山の中から、写真集2冊と古いSFM。これはすごいお得感がある。でも、今年のイチバンは私的にはこれ!「丹丹烏里克遺跡学術調査報告書」ダンダンウイリク! ロマンだなあ。昔、喜多郎の音楽が流れるNHKのシルクロード(1980〜)でこの都市の名を知った。この報告書にある学術調査が入ったのは2002年からで、この報告書は2007年の日付になっている。美本だが、残念なことに付録のCDがついていない。ISBNがないので、市販ではないようで、どこから流れてきたんだ?! 他にもチベットとインド更紗の写真集とかも魅力的だったけど、重量に負けて、優先順位でコレを選んで帰ってきた。

Img_3973


Img_3983


Img_3976


Img_3984


2017年12月10日 (日)

レトロ印刷JAM「紙マーケット」

 現在のマンガ同人誌はオフセット印刷の本が主流で、次いでコピー本がある。その中で、孔版印刷(リソグラフのようなもの、もっと簡単にいってしまえば昔のガリ版印刷やプリントゴッコの発展型)の本を創っているサークルさんがいくつかあるなあと思っていた。なかなかデザインもステキで雰囲気がよくて、私の好きなエッセイや旅マンガも多いので、気にはなっていたのだ。
 その数少ない孔版印刷の印刷会社のひとつが、大阪キタの中津にあるレトロ印刷JAMだ。そこで、10月19日・20日に「紙マーケット」というイベントが行われた。 今年で第4回になるという。知らなかったなあ、こんなイベントが開催されているなんて。紙マーケットでは、印刷所や紙屋さんの倉庫に眠っている紙が、厚さ大きさ問わず10枚100円! 最近、いつもの画材屋で紙の種類が少なくなってきているので、なにか良い紙はないかと行ってみた。基本、印刷用紙なので、切り絵にも使いやすそうな薄くてしっかりした紙も多くて、いい感じの中間色や地模様のもあり、50枚も買ってしまった。他にも画材・製本文具、GOODSもあったり、袋入りのセットものもある。ちょっと休憩できるカフェも設営されている。


Img_3880


Img_3884

 また、せっかくなので、工場見学ツアー「紙教室 -JAMの紙と印刷のこと-」という企画に申し込んで、孔版印刷とそれに適した紙のお話とか、作業現場を見学させてもらった。孔版印刷って、色の数だけ版を重ねるし、乾きにくいし、なかなか手間がかかる。
 この日は、台風21号の来襲で強い雨が降っていて紙が湿気るので、せっかく大阪にでてきたのだが、早々に家に退散した。

Img_3867


Img_3869


2017年12月 9日 (土)

インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン(IFFJ)2017

 なかなか追いつかないが、淡々と続けることにする。
 
 今年も秋に「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン(IFFJ)」が開催された。
昨年と比べると、今年の期間は10月7日(土)から27日(金)、より1週間長い。場所は同じシネ・リーブル梅田。上映本数は16本。期間が長くなってうれしいのだが、日に3本上映で、仕事日は最終の上映時間にもビミョ〜に間に合わない。結局、休日に行ける日を探すのだが、なかなか日が会わず、結局今年は3本しか見られなかった。

『フライング・パンジャーブ』Udta Punjab (2016) 148分
 マサラムービーの定番からみれば、「こんな映画もあるのか」と思わせる新しい展開。パンジャーブ州の麻薬問題を取り上げた映画だが、麻薬漬けのミュージシャン、無知故に愚かだけど果敢に不幸に立ち向かう出稼ぎ少女、正義感の警官、麻薬による健康問題を取り上げる女医という4人の男女のそれぞれの物語が少しずつ絡んでくる複雑なストーリー。このように並べると警官と女医が主人公で悪に立ち向かうのかと思うが、そんなにハナシは単純じゃない。どちらかというとキョーレツなのは、ミュージシャンと出稼ぎ少女の方が、何をやらかすかわからなくて目が離せない。麻薬は深刻な問題だと思うが、主張が前に出ること無くストーリーを楽しませてくれる。

『バドリナートの花嫁』Badrinath Ki Dulhania (2017) 139分
 肩を抜いて観れるラブコメ。主人公の2人、どこかで見た顔と思ったら『スチューデント・オブ・ザ・イヤー』の主人公の2人だった。早く結婚したい青年バドリナートと結婚より仕事を選んだ女性ヴァイデヒ。主な舞台が、デリーとかボンベイのような大都会ではなく、地方都市のジャンシー(思わず地図で確認した。アグラの南、カジュラホとの中間あたり)というところがミソなのかもしれない。

『スルターン』Sultan (2016) 169分
 伝説のレスラー・スルターンにサルマーン・カーン、女子レスラーにアヌシュカ・シャルマで、今年のIFFJのチラシでもいちばんの注目作品。いや、でも、スポ根ものはちょっとなあ……、インドとレスリングってなんか合わないなあ……とか思っていたのだが、杞憂だった。スポ根でもアクションでもなかった。その要素もちょっとはあったが、けっこうな人生ドラマだった。スルターンの栄光と傲慢と後悔と復活、アールファーの女性ゆえに妊娠のためオリンピックを諦めねばならなかった無念さ、単なるスポーツものではないなあ。サルマーン・カーンも、今までみた作品のギラギラしたキャラじゃなくて、アクションはあるけどけっこう落ちついた役どころだなあと思った。

 観たのはこの3作品だが、実は私がいちばん観たかったのは、アミターブ・バッチャンの『サルカール3』。年食った帝王(バッチャン)はとっても迫力がある。こわいぞ。時間休をとって、夜に観に行きたいと思っていたのだが、残念ながら叶わず。ああ、またどこかでやってくれないかなあ。

«【告知】12月3日 「ARTMATEC(アートマティック)」に参加します